桑で健康

桑の栄養成分について(前々回の続き)

その2 ≪食物繊維≫

桑に含まれる食物繊維の含有量は、キャベツの仲間で健康食材として有名な、あの"ケール"の20倍❗️

食物繊維は、大腸の働きを整える大切な栄養素です。
善玉菌を増やして腸内環境を整え、便の量を増やし、便秘の解消や有害物質のデトックス(排出)効果につながります。

利用法としては、茶葉を細かくして、そのまま食べると、大切な栄養素をしっかり摂取できます。

パンやケーキに混ぜるとか、

ご飯にふりかけたり、みそ汁に入れるとか


その1の≪デオキシノジリマイシン≫で、太りにくいカラダをつくり、
その2の≪食物繊維≫で、腸をキレイにしたら、、、

まだまだ、イイ事、続きまーす。



おまけで、"腸"について調べてみました。

腸は「第二の脳」とも言われていて、幸せホルモンと言われる"セロトニン"の90%は腸で作られている。

免疫細胞の約7割は腸にあり。

だそうです。

腸の健康が、ココロとカラダの健康に繋がっているんですねー。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-18 22:52 | 活動記録

桑で健康! 美味しく楽しく桑クッキング

先日、桑の葉を使ったクッキング講習会を開催しました!

場所は名古屋市天白区平針。
平針商店街振興会のご協力もあって、地元のみなさんがたくさん参加してくださいました。ありがとうございます。

今回のメニューは、
桑入りだんご汁と桑茶めし、茶殻で作った佃煮、やせうま(きな粉だんごのようなもの)です。


もちろん講座のスタートは桑茶の試飲から。
メインのだんご汁は、だこ汁とも言って、大分県や熊本県の郷土料理、これを応用して桑入りのだんごで作ってみました。
スイトンにも似た感じですが、中力粉を使っただんごは、より歯ごたえがあっていいねと好評、普段はあまり使われない麦味噌の味も新鮮で、よかったみたいです。
桑の葉の栄養の話も合わせてご紹介しながら、実習では みなさんで賑やかに、楽しんでいただきました。




みんなでワイワイ 一緒に料理を作って、おしゃべりしながら一緒に食べる。

桑で、ココロもカラダも、健康になれそうです。

また来月、今度はどんな桑クッキングが登場するでしょうか。お楽しみに。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-15 21:20 | 活動記録

桑で健康

先週に引き続き、桑畑の整備。
一週間で、さらに成長を見せてくれた桑の芽の緑がとても新鮮です。



さて、この桑の葉は、蚕のエサとして使用されている以外にも、古くから薬効として親しまれ、不老長寿の妙薬とも言われていました。

最近では、青汁の材料に使われるなど、健康茶としても注目されています。

マルベリークラブでは、桑の有用性をもっと広く多くの人に知っていただけるように、桑を使ったクッキングにも力を入れています。

「桑って 何にいいの?」と聞かれることもしばしば。

いい事たくさんあるので、ここからは、桑の栄養成分について、順にご紹介していきます。

その1 ≪デオキシノジリマイシン≫

聞き慣れない名前ですが、これは桑特有の成分で、糖質の吸収を抑える働きがあります。
食後の血糖値上昇を抑え、インシュリンの分泌を抑えることができ、太りにくい体作りや、糖尿病予防に役立ちます。
つまりダイエット効果がある!ということになります。

桑のパウンドケーキです。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-11 14:01 | 活動記録

4/4 桑が芽吹き始めました。

今日は週に1度の活動日。
猿投にある桑畑の手入れをしました。


枝垂れ桑がいよいよ芽吹き始め、畑の周りにはタンポポとつくしがいーっぱい。
桑の新芽が出たら天ぷらにして食べたーい、とか、桑の実がなったら桑の実酒をつけよーとか、、
そんな事ばかり思い描きながら、元気にたくさん芽を出してねと、声かけてきました。
毎週金曜日の午前、主に猿投神社のすぐ近くにて活動中!

■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-04 11:44 | 活動記録

4/19「繭であそぼう」

第9回 自然の恵み、里山からの贈りもの
「繭であそぼう」


桑・蚕・繭の利用法を多くの人に知っていただこうと始まった月一回のイベント活動。
第9回目は、猿投で育った蚕の繭を使って かわいい繭マスコットを作ります。
教えてくれるのは、愛知学泉短期大学の学生さんたち。
指にはめて指人形遊びをしたり、ぶら下げて飾ったり、思い思いに作って楽しみましょう。
そして3時のおやつには、手作りの桑のシフォンケーキ付き。
お申し込みお待ちしています。

日時:2014年4月19日(土)午後1時〜3時ごろ
会場:あーとりーふ風花
(名古屋市東区新栄1-7-12〔→Google Maps〕)
参加費:500円

お問い合わせ、お申し込みは
anp@mediacat.ne.jp(藤澤)
まで。

■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-02 13:55 | お知らせ

ひさびさの更新です


先日、中日新聞に、私たちの活動を取り上げていただきました。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-02 11:55 | 活動記録

プロフィール

休耕田に桑を! NPO法人マルベリークラブ中部

2014年4月1日更新

1. 活動の趣旨

 NPO法人マルベリークラブ中部は、失われつつある里山の維持、保全を応援するため、2006年に設立した団体です。マルベリーとは「桑」の木のことで、かつて日本の山村には桑畑がひろがり、養蚕は日本の主要産業でした。しかし私たちの周りからいつのまにか桑畑は消滅していきました。その多くが耕作放棄されていることに心を痛め、再び豊かな桑畑となることを願って活動しています。

2. 主な活動

桑を育てる

愛知県豊田市足助町、愛知県豊田市猿投町地区で桑を栽培をしています。この地域は桑栽培に適し、かつて養蚕が盛んな地域でしたが、多くが耕作放棄地となっていました。現在では2500㎡ほどの土地を整備し、桑畑の再生に向けて桑栽培に取り組んでいます。

蚕を育てる

桑は蚕の餌であり、かつて日本の主要産業であった養蚕業を支える重要な農産物でした。桑畑で収穫した桑を利用した養蚕にも取り組み、京都工芸繊維大学などの協力を得て、新たな養蚕技術である「無菌養蚕」に挑戦しています。

桑・シルクの有効利用を探る

桑は、糖尿病予防、ダイエット、便秘改善などに効果があり、健康食品としても注目を集めています。収穫した桑を「桑の葉茶」や「桑粉末」に加工して商品化にも取り組むほか、桑の木の有効な活用方法を探っています。

また、シルクの活用法も絹織物だけではありません。フランスの伝統的な技法で作られる石けんにシルクの成分を加え、より保湿力の高いシルクマルセル石けんを作るなど、シルクの活用法もあわせて探っています。

桑・シルクの魅力を伝える

より多くの方に桑や蚕に親しんでもらうため、昨年(2013年)からは名古屋市内で桑の葉を利用した料理教室などのイベントを開催し、桑の魅力を伝えています。

3. お問い合わせ先

〒468-0006
名古屋市天白区植田東二丁目1606番地
エイエヌピー㈱内
(代表理事 藤澤秀機)

TEL: 052-747-2663
FAX: 052-977-4294
E‐mail: anp@mediacat.ne.jp
blogURL:  http://mulberryclub.exblog.jp


■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-04-01 00:00 | 団体情報

スライドショウ

活動記録をスライドショウでご覧下さい。
スライドショウこちらから




以下広告


■  [PR]
# by mulberryclub | 2010-03-21 17:34

記念講演会終了のお知らせ

9月12日開催の記念講演会は、盛大に、無事終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。
今後ともご支援の程を宜しく御願い致します。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2009-09-14 08:11

団体概要

特定非営利活動法人マルベリークラブ中部の概要

2008年9月10日更新

1、活動の目的

休耕田・畑・里山を利用し、地産地消のものづくりをし、自然・地域文化を次世代に繋げ、環境の維持・保全を図ることである。

2、活動内容

里山資源の利用
   ①休耕田畑の桑栽培
   ②無菌周年養蚕の実施
    (21世紀型養蚕システムー京都工芸繊維大学名誉教授松原藤好開発)
   ③里山の自然染料による染色と布、紙の工芸製作

3、関係団体

無菌養蚕システム研究所(京都市南区)、名古屋大学、京都工芸繊維大学、市立岡谷蚕糸博物館(岡谷),おいでん・さんそんセンター(豊田市足助町:豊田市出先機関)、上田蚕種㈱

4、事務所所在地

〒468-0006
名古屋市天白区植田東二丁目1606番地
エイエヌピー㈱内

5、代表者

代表理事 藤澤秀機

6、会員数

18名

7、連絡先

TEL: 052-747-2663
FAX: 052-977-4294
E‐mail: anp@mediacat.ne.jp
blogURL:  http://mulberryclub.exblog.jp
--------------------------------------------
お問い合わせは上記へどうぞ。


■  [PR]
# by mulberryclub | 2008-09-10 15:43 | 団体情報
< 前のページ 次のページ >