春を待つ桑畑

立春を過ぎ、啓蟄を過ぎましたが、、

桑畑の春は、まだのようです。


でも、今の時期こそ、桑の木達の秘めた生命力が、いちばん高まる時。

もうじき芽吹く、その前に、枝をはらってあげることで、勢いよく新しい芽を出すためのお手伝い。



こんなに切ってしまって大丈夫〜?😦
っと、心配になるくらい。
ばっさりと❗️

よーく見ると、わかるでしょうか、
小さく膨らんだところ。

そこに、もうじき、かわいい葉っぱの花が咲きます。
これが去年の4月の様子です


小さくカットした枝は、草木染め用。
何色に染まるかは、次回のお楽しみ。

桜の枝を煮出した染液で染めると、淡いピンク色になるというから、
きっと桑は、、、🌿

桑は和紙の原料として有名な楮(こうぞ)の仲間。

昔は、桑の木の皮を剥いたものも、和紙の原料として使われていましたが、今はほとんど使われていないようです。
繊維が強靭なので、扱いにくいのだとか。
それだけ丈夫ってことなんだけど。

なんだか、今回は、枝の写真ばかりで、やや地味でしたね〜😌

春が来る前に、我々も、今、芽吹きのパワーを蓄えています💪
■  [PR]
# by mulberryclub | 2015-02-27 14:24 | 活動記録

桑で健康 桑クッキング体験会

桑入り おからの コロコロドーナツ


2/16に開催した体験会。

"桑"と"おから"のダブルパワーッ!!!
ということで、

今回は、桑のいいところ
おさらいです👍


★便秘の改善(整腸作用を促す)

食物繊維はケールの20倍、その他ビタミン、ミネラルが豊富で、野菜の栄養不足を助けてくれます。

★糖尿病予防(食後の血糖値上昇をゆるやかに)

桑特有の成分であるデオキシノジリマイシンの働きで、糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を抑制します。

★ダイエット(太りにくいカラダをつくる)

インスリンの分泌を抑え、脂肪が蓄積するのを防ぎ、太りにくい体をつくります。また、カリウムの利尿作用で、体の水分バランスを整えて、脚や顔のむくみをスッキリさせます。

★二日酔い予防(肝機能の強化)

葉に含まれる亜鉛は、大切な微量ミネラルで、細胞の再生や新陳代謝に関わるミネラルで、アルコールの解毒を助ける働きがあります。

★抗酸化作用(ポリフェノール)

ポリフェノールの強力な抗酸化作用で、発ガン物質の活性化を抑えたり、血行を促進して、老化防止につながります。
また抗血栓作用、抗ウイルス作用、抗菌作用もあり、抵抗力を高めます。

いかがですか〜?
自然のものは、カラダに優しく、
じんわり、ゆっくりと、改善に導いてくれますよ✌️


補足しますと、

桑葉は、本来薬草として中国でお茶として飲まれていました。
日本でも、鎌倉時代に栄西禅師が著した「喫茶養生記」に効用と用い方が詳しく述べられ、広く人々の間で飲み継がれていました。
かの織田信長公も、飲んだと言われています。

今回マッチングした"おから"も、
食物繊維たっぷりで、大豆のタンパク質やカルシウムもバッチリ。
低カロリー、低価格な優秀食材。

かわいいミニサイズで、
コロコロっと丸めて、
揚げ時間も短縮して、
あっという間に出来ちゃいました‼︎



ちょっと面白いお皿にのせてみました〜😊

というわけで、いつもより ゆっくりと、
お茶の時間を楽しみました。
地元のミニコミ紙の取材の方もご一緒に🍵


レシピはこちら

<材料> 30〜36個分

ホットケーキミックス : 1カップ
砂糖 : 大さじ1
桑パウダー : 小さじ半分
おから : 1カップ
卵 : 1個
オリーブオイル : 大さじ1
牛乳 : 大さじ1(おからの水分によって加減する)

<作り方>

①順番に混ぜる
②手粉をつけて丸める
③170度の油で揚げる
④粉糖(桑パウダー入り)をまぶす

材料もわかりやすい分量にしてありますし、手順も簡単です。
みんなでコロコロして、
おやつにどうぞ。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2015-02-18 20:31 | 活動記録

講演会「これからの桑・蚕・繭」

お知らせです。

2015年5月16日(土)午後1時より、
豊田商工会議所にて、
岡谷蚕糸博物館館長の高林千幸先生と、
無菌養蚕システム研究所所長の今村利勝先生の講演会を開催します。
(参加費無料、定員100名)

高林先生には、桑、蚕、繭の新しい利用法について、や、
昨年8月にリニューアルオープンし、多くの人が訪れている、今話題の岡谷蚕糸博物館の取り組みについて、お話ししていただく予定です。

今村先生には、ご専門の 蚕の蛹を利用した冬虫夏草について、わかりやすくお話ししていただく予定です。

そして、第二部では、豊田おいでんさんそんセンター所長の鈴木辰吉さんも加わって、都市と農山村を繋ぐ、桑、蚕、繭。その新しい可能性などについて、パネルディスカッションしていただき、質疑応答の時間も設けます。

会場となる豊田商工会議所は、
昔、明治から昭和初期、自動車産業で栄える以前の豊田で、近代日本の産業を支えた加茂蚕糸という製糸工場があった場所です。
かつての養蚕の町、豊田に想いを馳せながら、おふたりの先生の貴重なこ講演をお届けします。

ご興味のある方、そして、興味のない方も、ぜひ足をお運びください。

これからのみなさんの生き方、心に、何か響くものがあると信じています。

講演会についての詳しい情報は、今後また、決まり次第ご案内します。

お問い合わせは、こちらまで。

〒468-0006
名古屋市天白区植田東二丁目1606番地
エイエヌピー㈱内
(代表理事 藤澤秀機)
TEL: 052-747-2663
FAX: 052-977-4294
E‐mail: anp@mediacat.ne.jp
■  [PR]
# by mulberryclub | 2015-02-16 20:13 | お知らせ

桑の葉クッキング in豊田

こねてたたいて"葉っぱパン"をつくろう




2/8(日)豊田市環境学習施設エコットで
"おいしく楽しく桑の葉クッキング"体験会を開催しました。

豊田市内では、はじめての開催ということで、これでまた、新たなスタートをきれた気がします。

今回伝えたかったこと

その1 おいしく楽しいパンの作り方
その2 桑の葉のすご〜い栄養たくさん
その3 桑と関わりの深い豊田の歴史
その4 飼えるよかいこ: 蚕と繭の魅力

と、盛りだくさん❗️

講座後のアンケートには、
こどもの書いた大きな字で、
「パンを家で作ってみようと思った」とか
「かいこのことをいろいろ知ることができて勉強になりました」とか。

ありがたい言葉の数々。
ウレシイデス??

開催前には
「桑の葉って、虫が食べるやつですか?」
「虫入っているんですか?」
という問い合わせもあったと聞いて、ビックリ!

でも、見てください、この笑顔と食べっぷり!

講座では、

??パン生地をこねたりたたいたり、、、

??クイズをしたり、、、
「桑の葉はどれでしょう」

「これは何のマークでしょう」

✋繭や、真綿に触れたり、、、


春が来て、暖かくなったら、
本物の桑の葉や、本物のお蚕さんも登場させたいのですが、、苦手な方もいるので、
ご案内方法をちゃんとしないと??
また、問い合わせの電話で、大変なことになっちゃいますねー。

では、最後に今回のパンの配合と作り方です。
桑の葉はお茶をミルサーなどで細かく砕いたものを使っています。
ヨモギのような風味が楽しめます。
お家で作るいつものパン捏ね機に、2%くらい加えてみるだけでもオッケー


またこれからも、子供から大人まで、男性も女性も、いろんな世代の人たちと一緒に、体験講座が出来たら嬉しいです。

お声かけください??

✨おいしいって、たのし〜✨

"おいしく楽しく桑クッキング"でした。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2015-02-09 09:54 | 活動記録

講習会のお知らせ

おいしく、楽しく、桑の葉クッキング
in とよた

こねてたたいて桑の葉入りのパンを作りましょう。

桑の葉入りのパンを作り、
桑のこと、蚕のこと、
豊田市の歴史のことなど、
クイズやお話を通して
楽しく知ってもらいます。

親子でも、おひとりでも、おとうさんでも、、、
興味のある方なら、どなたでもオッケーです。
もちろん、パン作り初めてさんでも大丈夫です。


場所 :豊田市環境学習施設「エコット」
開催日: 2015年2月8日
時間 : 13:00〜15:30
対象 : 小学生以上(小学生は保護者同伴)
定員 : 15名
持ち物 : エプロン、三角巾、お手ふきタオル、持ち帰り用の袋
参加費 : 300円
講師 : 佐藤菜穂子
(NPOマルベリークラブ中部顧問)

申込み、お問合せは、エコット事務局に直接お電話をお願いします。
0565-26-8058
eco/toyota.com/event/
■  [PR]
# by mulberryclub | 2015-01-28 15:02 | お知らせ

桑あん団子作り

おいしく楽しく桑クッキング

桑クッキング体験会 in 平針

2015年第一回目は、
やさしい若葉色の桑あん団子とみたらし団子を作りました。



粉は、上新粉のみ、蒸してから、しっかりついて、歯ごたえのある本物の"しんこもち"に挑戦!

"つく👊"というのが、皆さんの想像より、激しかったらしく、ボクシングみたい、なんて、言われたりして💦
こちらも、手首を痛めないようにと、声かけしたりして。

もち生地に混ぜる桑の葉は、細かくミルで挽いて使ってます。粉に対して3パーセント入れたら、見た目はよもぎ餅みたいな、キレイな緑色。
しんこもちのシコシコ感に、桑の葉特有の粘り気がプラス。
だから砂糖も保存料も使ってなくても、固くなりにくい、ってことかな。

数が合わないとか
大きさの差がありすぎるとか
ワイワイ 賑やかに
コロコロ丸めて
串にさして。



桑あんは、ベースの白あんに、桑パウダーを2パーセント加えて。
抹茶よりもひかえめな、やさしいみどり色に仕上がってます。


せっかくなので、桑を入れないで、フツーの、本当の、みたらし団子も作りました。
京都下鴨神社の御手洗祭りに由来するという串団子は、
軽く焼き目をつけてから、砂糖醤油味のくずあんたれをたっぷりかけて。


今回は
団子串の代わりに、"黒文字"を使ってみました。
くろもじという木の若枝で作る高級な楊枝で、茶席では懐紙に包んで持ち帰り、裏にその日付や場所、菓子の銘などをかいて記念にするのだとか。
今日は、
「2015/1/19 桑あん団子」と書いてくださると嬉しいですネ。
もちろん試食は食前の桑茶を飲んでから、、、


あ、桑の木で作ったお箸は、その昔、中風に効くと言われたそうですが
桑の木で、楊枝を作ったら、どうなのかなー。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2015-01-17 14:46 | 活動記録

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
(遅くなりました🙇)

昨年は、マルベリークラブのブログをご覧いただき、ありがとうございました。
ことしも、我々のいろいろな活動報告を中心に、「桑」「蚕」「繭」の世界の広がりを、季節の移り変わりと共に、お伝えできたらと思っています。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、
2015年、猿投での最初の活動は、、、

猿投神社に初詣からスタート❗️


ここは、猿投山の麓に位置し、古くから地域の人々の崇敬を集めてきた神社。
皆で、手を合わせ、健康と安全を祈りました。

鍛冶屋の神様でもあるということで、絵馬の代わりに並んでいるのは、大きな鎌の形の板
「左鎌」(左利き用の鎌)

地元トヨタの文字がたくさん書かれていました。職場の安全祈願ですね。

そして、
いま現在の、桑畑の様子は、というと


葉は落ち、バッサリと枝をカットして、
すっきりしています。
葉が生い茂っていた時を思うと、さみしいような、寒いような、景色ですが、
これが桑畑の冬です。

これが、春になって、また芽を出す様子を想像すると、ワクワクしてきます。

表面は枯れ木のようだけれど、中にたくさんのパワーを蓄えているはず。

新芽が顔を出すのを心待ちにしてます。

今年もまた若葉の天ぷら、食べたいでーす。
(2014/5/7の記事に載ってます)

お蚕さんの飼育も、もうじき始まるので、無菌養蚕室では、さっそく準備にはいりました。

また、あのちびっ子たちに会えるのが楽しみ!

これから、春に向かって、桑畑も養蚕も忙しくなって、里山が活気づくことでしょう。

そのまえに、まずは、ぜんざいを食べて暖まりましょー

■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-12-27 13:45

桑クッキング&繭あそび

平針商店街振興会での体験会。

今回は、、、

おいしく楽しく桑クッキング
&
繭あそび

「桑入り蒸しパン」

作り方はとても簡単
材料を混ぜ合わせて、蒸すだけです。

今回は桑パウダーと桑の葉茶粉末の両方を入れてみました。
色良し👌香り良し👌

材料はアルミカップ8個分で

薄力粉・・・・200g
砂糖・・・・・100g
ベーキングP・・6g
塩・・・・・・ 1g
桑パウダー・・ 2g
桑茶粉末・・・ 4g

卵・・・20g
水・・・170g

粉類を混ぜたら、卵と水を合わせたものを入れ、混ざったら直ぐに、カップに入れて蒸してください。

"直ぐに"が大切!

火は強火で10〜12分、一気に蒸す!

"強火"が大切!

今回は"かのこ大納言"をトッピングしてみました。栗とかさつまいもでもおいしいね!

桑パウダーの持つ粘り気が蒸しパンをもっちり食感にしてくれるようです。

ところで、1枚目の写真、
蒸しパンを食べたそうにしているひつじさんの存在、気がつきました?



「繭あそび」してみました。

前回の「糸あそび」に続いて、今回は、繭で何をつくろかな、と。

で、来年の干支"ひつじさん"を作りました。
繭と真綿で、できています。

いちばん大変だったのは、真綿で、ひつじの毛並みを作るところ。
それと、お顔の表情が大切ってことが、
あとからわかりましたね。




みーんなみんな、ひつじさんですよー
ならんでならんで。はいチーズ😊✌️


がんばった後は
いつもの桑茶と
出来たての蒸しパン〜!


かわいいわが子(ひつじ)たちを連れて帰っていただきました。
おつかれさま✨


おかえりの際、チリンチリンと鈴の音がする!
これは!
先月作ったストラップです。つけてくださってありがとうございます。

■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-12-15 18:00 | 活動記録

「トヨタ環境活動助成プログラム」助成決定証授与式

このたび、トヨタの環境活動助成プログラムの助成金をいただけることになり、その授与式に行ってきました。


昨年に続いての助成、おかげさまで、我々の活動は、少しづつ前に向かって歩みを進めてきました。

さらに今回は
「蚕飼育キットを使った新しい養蚕の提案」と、
「桑、蚕、繭の文化を、次世代につなぐための普及活動」
に対して、ご理解いただきました。

これで、また一歩、前進する後押しをしていただけたことに、感謝いたします。
■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-12-13 11:11

シルクサミット2014 in岡谷

シルクファクト岡谷で開催された、シルクサミットに参加してきました。

"糸の都" 岡谷
今年 8/1 に行ったときは、鮮やかな緑色に光っていた「しだれ桑」の木が、
今回11/28には、こんな姿で、迎えてくれました。


🍀「高林館長のお話」


あたらしくなった蚕糸博物館の魅力。
体験コーナーや動態展示が特色があって面白いということ。
確かに、納得です!
見て、触れて、聞いて、
養蚕や絹の文化を知る、感じることができる 楽しい博物館デス!

🍀「アンティークストッキング収集研究家の 鴇田 章氏 のお話」

"織り物"と"編み物"の違いをはじめて認識しました。織りはタテ糸とヨコ糸で織った物、編みは一本の糸から編み上げるもの。
なるほどー😌
鴇田さんにとってシルクはストッキングのような編み物としての素材なのだそう。

織り機が無いなら、編めばいいんだ〜
そう考えたら、ワクワクしてきた✨

フランスの蚕が病気で大打撃を受けた時、日本から輸出されたお蚕さんたちのお話。
その時、日本の桑も一緒に持ち出されて、
なんと!
あの 南フランスに!
日本の桑畑がひろがっていたらしい🌿
今ではブドウ畑にかわってしまい、山の方に少し残っている程度だそうですが、、、。
南フランスに残る桑畑、見てみたいです。


🍀18世紀ロココ文化の頃の宮廷衣装について研究してみえる 伊豆原 月絵 さんのお話。

マダムポンパドールをはじめ、貴婦人たちが舞踏会などで来ていたこんもりフワフワのドレス、
どんなに重くてどっしりしてるかと思いきや、すごく軽くて、柔らかくて、しかも張りがある!

その秘密は絹糸にあり、それを作り出すお蚕さんにあった!
欧州産"セヴェンヌ白"くんたち。
貴婦人達のドレスのために頑張ってたんだねー👏


🍀湊小学校3年生の発表!
「カイコ学習から教わったもの」

卵から蚕を育て、桑の葉染めでお揃いのTシャツをつくり、繭で作ったストラップやしおりを販売



カイコ学習の中で
繭になった蚕を、その後どうするか!?

"いのちを止める"かどうか。

そのまま羽化させて卵を産ませて、いのちをつなぐか、
蛹を取り出していのちを止めるか。

真剣に話し合うことで、命の大切さを学んでいる彼らに心を打たれました。

この小学三年生たちが、最後に言った言葉、
「次は、カイコ学習で学んだことを低学年の友達に伝えていくことです」

こんな小さな子たちが、しっかりと次世代へつなぐことを考えている。

大人たちも、しっかりしなきゃ💦
■  [PR]
# by mulberryclub | 2014-12-05 14:40
< 前のページ 次のページ >