富岡製糸場

東京から二階建て新幹線MAXで高崎へ、
上州電鉄に乗り換え上州富岡駅下車、
徒歩15分。

c0087899_08375402.jpg


わーい
お富さんだ〜😊
(ぐんまちゃんには会えませんでした😓)

というわけで、富岡製糸場に行ってまいりました。

世界遺産に登録されたのが平成26年6月。
もう2年半も経ったのですね。

c0087899_08375518.jpg




とにかく天気が良くて、シアワセ〜✨

レンガの積み方、骨組みの構造、テレビではみていたけれど、なるほどね〜🤔

想像していたよりも、ずーっと奥の奥まで続く繰糸台は圧巻。

製糸に必要なたっぷりの水を溜めて置くための鉄製の大きな水槽、足場は石を5段位積み上げて高くしてある。
でも、それをどうやって積んだのか、資料も無くて今もまだ謎なんだとか⁉︎

糸繰の実演、ゆっくり丁寧に、説明しながらやってくれるので、わかりやすいわー。

カイコの品種、群馬県が育成したという"ぐんま黄金"はキレイな黄色い糸でした。

他にぐんま200とか、小石丸を改良した新小石丸とか、蚕太(サンタ)という品種は太い糸を吐く品種もある。
c0087899_08375645.jpg



フランス技師ブリュナーさんの住居として使われた建物の屋根にある空気孔(元は暖炉の煙突だったらしい)
よく見るとハートがくっついてるんだよー✨

c0087899_08375704.jpg


こんな細かいことまで、教えてくださるのが、

"富岡おせっ会"のみなさん

ありがたいです。
たのしいです。

c0087899_08375866.jpg


桑の生態を知るコーナー、と書いてある。
行ってみたら、普通に桑畑。

c0087899_08375810.jpg



豊田より少し早めの落葉。これからまだまだ落葉がすすみますね。

門の近くには鉢植えの桑が置いてあって、
ウチといっしょ〜と嬉しくなりました。

c0087899_08375955.jpg



繰糸の実演コーナーの横には

なんとお蚕さんが💦
ストーブの横だけど、室温は9度、湿度40%、
寒そう😓
かわいそう😓

ほとんど動かないから模型かと間違ってしまうよ

c0087899_08380026.jpg


一反織るために、生糸900g必要。
生糸900g作るためには 繭4.9㎏必要。
繭4.9㎏のためには、蚕を2600頭。
2600頭を育てるには桑の葉っぱ98㎏が必要。

ふーむ、
で、その桑の葉っぱを取るのに、桑の木何本植えたらいいのかな〜?

って、思いませんか。

98㎏の葉っぱってどんだけ〜?

って、思いませんか。

桑の木一本から採れる桑の葉は、平均で約4キロ
25本で100キロくらいかなー

着物👘一枚作るのに、どれだけの人がどれだけの手間と時間をかけて、出来上がるものなのか、

食べ物でも着るものでも、何でもそうだけど、
"暮らし" というのは
手間と時間のかかったものは、かかった分だけ
味わいが深ーくて 長ーい。

そんな気がしませんか😊✨


場内で今、
修復工事が行われている西の置繭所。

c0087899_08380176.jpg


一見、レンガ造りの壁に見えるのに、

よく見ると、実は、模様付きのカバーシート👏🏻

シートの向こう側、つまり補修作業が解説付きで見学できるようになっています。

ヘルメット⛑被って、いざ 中へ🚶🏻

普段は上がれない高さ、
屋根の上、くらいの高さまで行けて、
見晴らし抜群!

c0087899_08380159.jpg


ここでも、丁寧に、親切に、おじさんがいろいろ教えてくれます。

じっくり見学を終え、

駅までの戻り道。

桑、シルクに関わるものがいろいろ!
あるある〜😳

あちこちで売ってる "桑パウダー"
試飲サービス付き。

桑茶いかがですか〜🍵
ありがとう。
で、ちょこっと歩くと

桑茶いかがですか〜🍵
ありがとう。

飲みすぎ〜😅

糖分の吸収を抑える桑茶、の後は、

富岡おやきの店"いと"に寄って、囲炉裏で桑まんじゅうを焼いて、いただきまーす。

先ほど"富岡おせっ会"の看板を持って写真を撮らせてくれた陽気なおかみさんと娘さんが、やさしく楽しくお話を聞かせてくれた。

どうやら桑パウダーの色は熱には強いけど、日光には弱いらしい。
ふむふむ、勉強になります。

富岡で、
いろいろ盛りだくさんで、たのしい時間を過ごすことができました。

そして、この後、東京で、また新たな出会いありますので、続きは次回、、、😊









[PR]
# by mulberryclub | 2016-12-08 08:21 | 活動記録 | Comments(0)

桑の木は落葉樹・朝市12回目で新商品

c0087899_14461375.jpg


桑の木は落葉樹。

だから、葉っぱがぜーんぶ落ちてしまっても大丈夫ですよ〜。

ちゃんと生きています。

ときどき水をあげてください。

ときどき声をかけてください。

そしたら
来年の春には若い葉っぱが顔を出します。

待っててね😊🌿


さて、
今日(12/3)は、オアシス21で朝市に出店。
今回でちょうど一年、12回目となりました。

c0087899_08435203.jpg



そして新商品も店頭に!

c0087899_08435328.jpg


岐阜県の東白川村で採れた美濃白川茶(緑茶)

猿投、足助で採れた桑茶

ブレンドしてティーバッグになったよー

緑茶のビタミンCも加わって、桑茶のチカラも、更にパワーアップ。

c0087899_08435483.jpg


急須にポン、
湯呑みにポン、
カップにポン。

便利です。

いかがですか〜💁



☆ちょっとご紹介

ある方が、庭に桑の木があってね、と、持って来てくださったのがこちら👇🏻

c0087899_08435463.jpg


黄葉した桑の葉デス❗️

こんなにキレイに黄色く、柔らかく、まるでイチョウの葉っぱみたい。

オドロキです!
だって、、、
見たでしょ?! 1枚目の写真👆🏻

あんな感じで、
パリッパリッになって、
ハラハラッと落ちて、

葉のない寂しい枝の下に枯葉が、、という状況しか知らなかったよ。

どんな条件下で育てられたのかなぁ🤔

イイもの、見せていただきましたー✨
ありがとうございます。










[PR]
# by mulberryclub | 2016-12-03 14:32 | お知らせ | Comments(0)

押井町 桑の葉プロジェクト ❗️

新プロジェクト スタート❗️

豊田市押井町

ここには

「普賢院」という白鳳時代に創建された、とても歴史ある寺院があります。

c0087899_21470717.jpg



そのすぐ近くには

「ニ井寺農園 ちんちゃん亭」という、アットホームでホットな農家民宿があります。

そして、そのふたつのすぐ近く、
というかすぐ横の、
1000㎡の土地に、
桑の苗を植えることになりました。

c0087899_21470994.jpg





理解ある"地元のみなさん"と
次世代のチカラ"豊田高専の学生"と
われわれ"NPOマルベリークラブ中部"とで

ともに創り上げる

桑、蚕、繭資源の活用を目的とした

押井町での桑の葉プロジェクトです。

来年の春、約300本の桑の苗を植えます。

その前に、
まずは地元の人たちと共同作業を通しての顔合わせ。

普賢院の周り、茂った枝を払い、枯葉を払い、
サッパリきれいにしました。

(作業に熱中していて、写真撮りをウッカリしてしまいましたが😓)

作業の後は、みんなで青空ランチ😋

c0087899_21470956.jpg


美しい紅葉🍁に囲まれ

名物 "五平餅" と "しし汁" と"地元のお酒"

そして

桑の話、
カイコの話、
カイコのサナギ(地元ではドチと呼ぶ)の話で
盛り上がり👏🏻

その夜は、ちんちゃん亭に泊まって、
これからの計画を話し合い👍🏻

具体的な動きが少しずつ見えてきました。

春になる前に、地元の人に協力してもらって、土地を整備し

春になったら、学生たちにも参加してもらって、苗を植える。

そして

来年の夏には、

太陽の光を浴びて育つたくさんの桑の葉が
キラキラと輝きます✨✨✨✨✨

青空の下、みんなで一緒に、桑の葉ランチをいただきましょう😄

季節限定 桑の葉の天ぷらも
新しい名物になるよね〜

あー 想像したら、もうお腹が空いてきたぞーemoticon-0110-tongueout.gif


皆々様、どうぞよろしくお願いいたします。

ラストは、ちんちゃん亭前で、記念撮影。

c0087899_21471011.jpg


お世話になったみなさま、
ありがとうございました。
近いうちに、また来ます!


[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-27 18:51 | 活動記録 | Comments(0)

桑畑の秋 〜黄葉〜

足助の桑畑にやってまいりました。
c0087899_16350840.jpg


約2,000平方メートルの畑に約300本、
まだいい色をした葉っぱがたくさんあって、ビックリ。

だって、ウチのベランダの桑の木はもう落葉盛んで、残り少しとなり、寂しい感じなのに💦

同じ桑畑の中でも、色が変わってきて枯れがれの木もあれば、緑がきれいで、まだまだ元気!な木もあるんだよね〜。

c0087899_14302733.jpg


c0087899_14302825.jpg



定点観測地点より撮影📷

これが、今年の夏、9/9 暑〜い頃👇🏻

c0087899_16350921.jpg


曇り空の初秋 10/14👇🏻

c0087899_16350919.jpg


そして今回 11/25
空気がひんやり、周りの木々が秋らしくなってきてます👇🏻

c0087899_16351005.jpg



畑の中で 発見 これは!?

c0087899_16351121.jpg


シカさん かと思ったら、ウサギさん らしい。


それとコレ👇🏻
ウンコ第二弾

c0087899_14302993.jpg


c0087899_14303097.jpg



ミミズとかの食べ物を求めて やって来て、掘りまくった いたずらものの猪のイノちゃんの置き土産😅


鉄の柵をグイーッと曲げて入り込むチカラには、参った参った😓

c0087899_14303194.jpg


すごく丈夫な鉄の柵をグニャリと曲げおって😠



よく見ると
まだ1年目の小さい苗。

下の方から枝が伸びてきている。

c0087899_14303293.jpg


小さいけれど 生きてる生きてる〜

つぎの春の成長に期待しよう👍🏻

がんばって〜✨



















[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-25 12:06 | 活動記録 | Comments(0)

まゆ人形で来年の干支"トリ"を作ろう

前日のクリスマスデコデコレーションに続いて、
今回は来年の干支を作ります。

2017年は、、、
酉年🐔

ちょうど、トリさんは白い!
繭の色がそのまま活かせる!

バッチリでございます。

そして、トサカの赤は、あかねで染めた赤い繭があるし〜👌🏻

くちばしの黄は、桑で染めた黄色い繭があるし〜👌🏻

というわけで、こちらが完成見本👇🏻

c0087899_10495275.jpg


くちばし、トサカ、羽をカットして、
カッターで切り込みを入れて、
差し込む。

最後に大切な "目" を入れる。

c0087899_10495460.jpg


出来上がった"我がトリ"を手に、記念撮影📷

c0087899_10495409.jpg


c0087899_10495559.jpg


作った人の顔に似てくる、と申しますが、、
やっぱり、、そうかしら、、、⁉︎

内側に磁石を、くっつけたので、
マグネット付きのまゆ人形となりました。

おウチに帰ったら、どこかにかわいくポチッと、くっ付けてみてくださいね。

ホッとひと息
マルベリーティータイム

c0087899_10495530.jpg



続いて繭のお話。

繭玉マッサージで、角質や毛穴の汚れを取ります。

c0087899_10495634.jpg

(いちばん手前の1個は使用済みのもの、汚れを吸着している😓)

*乾いたままの繭玉に指を入れ、肘やかかとを優しくこする。

*40〜50度のお湯に2〜3分つけて、少し柔らかくしてから、首すじやほほ、額などをこする。

週1回程度、お試しください。


京丹後地方には
"繭コロコロ健康法"というのがあって、
体の凝ってるところに、コロコロと繭を転がしてマッサージするやり方もあるそうです。

c0087899_10495788.jpg




タイにはこんなモノがあります。
友人から頂いたお土産。

タイシルクで有名なジムトンプソンというお店の、石鹸分付き黄金繭玉。

(余談ですが、ジムトンプソン、で検索していただくと、面白い!元アメリカCIA、謎の失踪したまま、消えたジムトンプソン氏⁉︎)

c0087899_10495823.jpg



以前、小学生にも人気だった"糸紡ぎ"も体験。

c0087899_10495925.jpg


こちらは👇🏻繭50個から作った生糸、長さは1450メートル、重さ18グラム。

c0087899_10495993.jpg


普通の生糸は繭8個くらいで一本の生糸にすることを考えたら、かなり太いはず、なのですが、
50個でもかなり細いことに驚き!


少しの工夫で、自宅でも糸紡ぎや糸繰りはできるんだよね。

カイコを飼うところから始めたら、、、

かなりスローで、ていねいな暮らしが楽しめそう
😊😊😊😅


すべて、は無理でも、生活の一部に、
"自然に感謝し、自然を活かす暮らし"を取り入れてみてはいかがかしら。



桑、蚕、繭、は、やはりセットで、オススメします😊✨

ちなみに2018年は戌年、これもまた"白"で作れる?
フフフッ😉👌🏻



桑、蚕、繭を暮らしに活かそう マルベリークラブ中部です。

P.S.

先日、新聞に出ていた記事をご紹介。

やっぱり 繭ブーム キテます! キテます!

c0087899_11164229.jpg


















[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-22 20:32 | 活動記録 | Comments(0)

ひっかかること カイコについて

カイコ女子としては、
かなり嬉しいコトがありました。

11/20放送の「フルタチさん」という番組で、

カイコのお話が取り上げられていました。

(リアルタイムには見られなかったのですが、テレビでやってたよーと教えてくださる方がいまして、早速検索したらヒット!)

c0087899_09544633.jpg


なので、個人的な感想なども織り込みながら、番組内容を紹介させていただきます。


カイコについて、ひっかかることいろいろ

①学校で習った桑畑記号 その謎が明らかに

c0087899_09544649.jpg


小学生の頃に習った桑畑の地図記号🗺
なぜ、他の作物の記号は無いのに、桑だけに記号があるのか、

桑はカイコのエサになる作物で
生糸は日本の輸出の40〜70%を占めていたから

カイコ→国策→桑畑を記号化



☆ 実は、この国策というのが、養蚕が下火になっても長い間そのまま残っていて、蚕糸業法・製糸業法という法律が平成10年まで残っていました。


やっとその縛りが無くなって、いま、急速に蚕、シルク、そして桑、いろんな有用性の研究が進んできています。
古くて新しい
これからの桑、蚕、繭の世界は
奥が深いし、面白いんです!

さてさて、本題に戻りましょう。

②カイコは人間が作った「完璧な家畜」

c0087899_09544703.jpg


カイコが家畜として人間に利用されるようになったのは5000年、さらにそれ以上前から、と言われています。
文字の発祥が3500年前と言われているので、それよりも前から、
もともと野生の生き物を、飼い育てることがはじまっていたのです。

しかも、他の生き物のように、再び野生に戻ることもなく、
逃げない、
飛ばない、
エサは人間が与えないと探せない、

人間に都合のいい生き物(と、番組で解説されていた)となって何千年も生きているのです。



③繭から出るときに糸を一本も切らない

c0087899_09544707.jpg


繭の中で蛹になって、蛾になって、出てくるとき、
口から出す液で繭を溶かして出てきます。

☆ そのシーンが見られるのは
明け方!です。
ジワーっと繭の端っこが湿ってきて、少しずつ顔を出す蚕蛾くん、蛾といってもとても白くてキレイです。そしてかっこいいです。
先ほども書きましたが、飛びません。
メスを感知すると、いきなりパタパタと騒ぎますが、それ以外は、ほぼ ジーっとしています。
手に乗せても平気です。

いじめると興奮しておしっこをします。気をつけて。

④知らずに使ってるカイコ用語

c0087899_09544876.jpg


"割愛"
これはもともと、交尾した蚕のオスとメスを引き離すことを言います。

羽化したらすぐにオスがメスのところに寄ってきて、交尾。
一度くっつくと、そのままにしておけば何時間でもずっとくっついています。それもかなりしっかりと!
自然なまま、趣味で飼うならそれでいいのです。
そうしてあげたいのです。が、蚕の卵をとることを目的とする場合、1時間位で、強制的にオスとメスを離してしまいます。

メスの体力温存の為。良い卵をしっかり産ませる為。
で、オスはもういらない、ってなっちゃうんです。蚕の世界はきびしいよー

オスもメスも、その後数日で死んでしまいます。


⑤絹の道 シルクロードの謎

c0087899_09544882.jpg


実はシルクロードは、カイコを盗んで帰った道、と言われています。
修道士さんが、杖の中に隠して中国からヨーロッパへと持ち帰ったとか!

カイコがいたから、シルクロードがある。

良かったねー、世界中に、素晴らしいシルク文化が広がって。
ありがと〜✨


⑥カイコにまつわる 謎の鳥居

c0087899_09545006.jpg


京都にある 蚕の社
中国からカイコ、絹の技術を持ち込んだ秦氏が建てたお社には、その昔中国からこっそりカイコを持ち帰ったとされる古代キリスト教派の建築様式と同じ様式の鳥居(三ツ鳥居)があるそうです。
なぜ?
謎は続く、、


最後に

番組の中で古舘さんもおっしゃっていましたが、
蚕の歴史は、日本の原点でもある。と

カイコのことを考えることで、日本の古代のことを考えたり、現代のことを考えたりできる、と。

飼いたくなったでしょ?
と聞かれたゲストの答えは

YES。「飼いたくなった。」でした。

やっぱり〜😊👏🏻


[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-22 07:57 | Comments(0)

ひと足早いプチクリスマス🎄

c0087899_00301555.jpg


今回の桑クッキングは、
カップケーキ。

デコレーション前はこんな感じ!

桑のグリーンは、焼き菓子でもキレイ✨
このままでもオッケー👌🏻

c0087899_00301633.jpg


そして、今回はクリスマス仕様に
デコデコレーションで、色も飾りも遊んでみました。

c0087899_00301775.jpg


少し大変でも、

お絵かきって、楽しい!

そんな、気がします。

c0087899_00301831.jpg


デコレーションを変えたら、
いろいろ使えるよー

生地のアレンジもできるよー

可愛く包んで、お土産に。

c0087899_10203448.jpg



「楽しかったよー」と、ご家族への手土産を手に、ニコニコ帰っていかれた参加者のみなさま。
ありがとうございました。

サンタさんからのプレゼント? もご一緒に

新商品
桑TEA(マルベリーティー)ができました。

詳細は次のブログに。
c0087899_10203581.jpg








[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-22 00:04 | 活動記録 | Comments(0)

ふれ愛ときめきフェスティバル "まゆ人形作り"と"桑茶の販売"

今日は朝から岡崎へ

ふれ愛ときめきフェスティバルin岡崎

チームYAMAMOTO.Y岡崎発まゆプロジェクト&MCC


愛知学泉短大のおねえさんと一緒に
カワイイまゆ人形を作りましょう。

桑茶の試飲もあります!


という企画

c0087899_23222463.jpg

c0087899_23222421.jpg


c0087899_23222576.jpg


朝10時から始まって、ゆっくりじっくり、

子供たちのペースに合わせて、ゆっくりじっくり


20組以上の子供たちに、まゆ遊び体験をしてもらいました。

「楽しかった〜」の一言が、うれしいね。


女子高校生の団体さんも立ち寄ってくれて、さっそく桑茶の試飲。

c0087899_23222686.jpg


「あれ?意外においしい⁉︎」

「そうだよー、糖の吸収を抑えるから、甘いモノ食べる前に飲むといいよー」

今日 桑の葉商品を買っていただいた方たちが、
三日坊主で終わらないで、とりあえず一袋がなくなるまで、続けて飲んでもらえることを祈っています。

途中でやめたら もったいないもんね。

飲むお野菜 "桑の葉茶" です。
いかがですか。







[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-13 22:11 | 活動記録 | Comments(0)

「手をつなごう みんな中山っ子」学習発表会

子供たちの学習発表会

c0087899_22075674.jpg


豊田市立中山小学校の3年生✨✨

総合学習で学んだ 桑・蚕・繭の話から
さらに調べ学習を進めて

いくつかの班に分かれて保護者の皆さんに発表をする日でした。

外には入場を待つ長蛇の列😳💦
c0087899_22075892.jpg



子供たちは、一生懸命に、発表し

親御さんたちは、カメラやスマホを手に、
一生懸命な子供たちを見つめる。

c0087899_22075905.jpg


c0087899_22075972.jpg



c0087899_22080551.jpg


c0087899_22080676.jpg



みんながいろいろ調べて出来上がった発表だということが、とても良く伝わったよー👏🏻


私たちの話を聞いたことをきっかけにして、
さらに桑、蚕、繭への関心が深まって、

3年生の子供たちの記憶の中に少しでも今回の調べ学習で出会ったモノ、コトが残ってくれたら、
本当にうれしい!

会場には、出張授業をやった時の写真がたくさん貼ってあり、
c0087899_22084286.jpg


展示品もあり

c0087899_22084386.jpg


桑の葉茶の試飲も用意されていました。
c0087899_22084448.jpg


がんばったみんな〜
おつかれさま〜〜👍🏻

そして ありがとう ✨

c0087899_22084463.jpg






[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-13 20:54 | Comments(0)

「カイコと作る 私の美肌」図書館長賞受賞❗️

今年の夏、足助の桑畑に来てくれた中学生。

豊田市中央図書館主催の
調べる学習コンクールで

「カイコと作る 私の美肌」と題して発表。

なんと、図書館長賞👏🏻

c0087899_22460034.jpg


もともと おでこにできた白ニキビを取りたくて、
というところから始まった
彼女の美肌作戦!

そのために、良いとされる石鹸洗顔。
中でもシルクセリシン入りの石鹸洗顔に注目し、

c0087899_22460144.jpg


シルクセリシンを抽出するために

まず、カイコを飼うところから始めちゃおうというのだから!

すごいです!

さらに、カイコを飼うには桑の葉っぱが必要。

だから、自宅に桑を植える

c0087899_22460224.jpg


途中、カイコが病気になって心配や苦労したこともあったようですが、

長野県岡谷市にある蚕糸博物館に行って、話を伺ったり、

豊田市の暮らし発見館の方に相談したり、

彼女の調べる学習は、とても広くて、深くて、濃い!

我々の桑畑に来て、桑の葉摘みのお手伝いまで来てくれたのですから👏🏻

今年の夏のことでしたね。
(2016.7.29の記事に登場していただきました)
c0087899_22460312.jpg


そしていよいよ、
と言うか、

やっと、
と言うか、

カイコを育ててできた繭を使って、
実験スタート!

念願の美肌チャレンジ作戦のはじまりデス✌🏻️

c0087899_22460394.jpg



c0087899_22460435.jpg

c0087899_22460581.jpg


c0087899_22460614.jpg


しっかりと記録にとって、
しっかりと繭のピーリング効果を証明してくれました。
バンザイ!

実験の成功、おめでとうございます🎊

そして、ありがとうございます。

繭の素晴らしさを、私たちも再認識。
さらに自信を持って、

ご婦人のみなさまや
男性のみなさま(メンズ)にも

まゆシルクの魅力をお伝えしていきまーす。

絹肌美人
まゆ玉でマッサージのススメ

c0087899_22460724.jpg



最後に
作品の内容について。

ご本人のコメントを原文のまま載せさせていただきます。

「今回、私の白ニキビをきれいにするためにカイコを育てました。繭玉マッサージは、カイコの繭だけあればできることですが、どうせなら最初から育ててみたいと思い、育てることにしました。育てている最中に、カイコの病気が発症して大変でしたが、無事に繭になり、繰糸をすることができました。繭玉マッサージは、残りの繭を使ってやりました。そうしたら、驚くほどに私のおでこはきれいになりました。」


教育委員会審査員代表からの講評として、
「ニキビという自分の体から出た疑問をテーマにしていて良い。作品の中から、『やってみよう』という精神が伝わってきた。目的が明確で、よく整理されている。」とのこと。

本当におめでとうございました。


[PR]
# by mulberryclub | 2016-11-10 18:00 | お知らせ | Comments(0)