バラ染めシルクストール出来ました

群馬県桐生市 "工房風花" へ

「1日でスカーフを織りあげよう!」研修ツアー

まずは完成品を✨
c0087899_11423462.jpg

"バラ染めのシルクストール"
ちゃんと手織り、がんばりました。

これが1日で出来上がる。

その秘密は、優れものの織り機にあります。

整経なし、綜絖通しなし、筬通しなし、のタテ糸セット。

足踏みなし、で、ヨコ糸を織り込んでいける。

名前は"フラミンゴ"

コレです👇🏻

c0087899_11463239.jpg

出来上がりの色をイメージして、タテ糸をグルグル巻いてセットしていきます。

c0087899_12084557.jpg

糸は工房の先生が草木染めしたもの。

いろんな種類の糸といろんな染め色と、

糸選びからワクワクが始まります。

c0087899_12114628.jpg

茜、薔薇、桜、コチニール、、、
媒染液がアルミと鉄で全く違う色になったり、後媒染、前媒染の順番の違いで色合いが変わったり、

化学実験みたいです。

染めの話もおもしろいけど、今回は織りあげる!のが目的。

イメージした色に出来上がるかどうか、
今回やってみて、、
後から思いましたね、

なるほど、こういう色の仕上がりになるのか、と。

織りながら、悩みながら、色合いを調整しましたが、難しい。

c0087899_13480793.jpg

おとなりさんも、悩んでます💦


今回、選んだ糸は、薔薇と桜(桜もバラ科なので仲間ってことで)

c0087899_13314781.jpg

ピンク色もあるけど、緑や濃いグレーも。

"バラ染めのシルクストール" って、ステキでしょー🌹

大切なマイストールが出来て、感激!
そして、、
またやりたーい!

いつか第2弾に挑戦したいです。



この工房には、もうひとつ、素晴らしい機械があって、見学できます。


繭のけばを使って、ガラ紡で糸を紡ぐ。

"ガラ紡"  ⁈
棉から糸を作るときに使う、あの機械です。
c0087899_12315881.jpg

c0087899_12404644.jpg

絹は繊維が長〜いので、これを短く切断する工夫をして、いろんな太さや風合いの紡ぎ糸を、作っていました。

とても丁寧に、仕組みなどを説明してくださって、わかりやすい。
ケバの綿は持ってないくらい軽い。
乗せただけで暖かい。

保温効果と血流促進効果、かな。

c0087899_13002103.jpg


織り機もガラ紡も、

工夫するって、すごいですねー。
試行錯誤して、やっと出来たスゴ技に感心!

イイもの魅せていただきましたー❗️

イイ体験させていただきました❗️

これからまだまだ寒くなります。
紡ぎの絹ストールは大活躍しそうです。


ちなみに今回の製作費は指導料も含めて5000円。
糸の種類や重さで変わってきます。


興味のある方は
「絹遊塾 工房 風花 」で検索してみてくださいませ。






[PR]
# by mulberryclub | 2017-12-07 08:52 | 活動記録 | Comments(0)

地球っ子マルシェ "だんらん市"

南医療生協で月1回開催のマルシェ

地球っ子マルシェ"だんらん市"に初出店!しました。(12月2日)

c0087899_09345071.jpg

ここで、お客様から耳よりなお話を伺うことができました。

糖尿病で通院中という、おとうさん。
桑が、糖尿病に良いと知って、桑の葉茶を飲み始めたんだって。
そしたら定期検査の数値が、良くなってきた。
お医者さんもそれを見て、桑が効いたんだねーと、薬の量を減らしてくれたそう、です。

良かったですねー👏🏻

まずは、糖尿病"予防"に桑の葉茶、
なんだけど、
もうすでに糖尿病で、薬を飲んでいる方も、桑の葉茶を飲んで、様子を見ながら、カラダの調子を良い方へと整えていかれたらいいなあと思います。

薬というのはどうしても肝臓に負担をかけるもの。副作用がないとも限りません。

桑の葉は自然のもの、
野菜を食べるようなもの。

薬よりはカラダに優しいに決まっています。

まだまだたくさん、桑のいいところ、ちょっと語っておきましょか。

食物繊維たっぷり(パウダーの場合)で、お通じスルスル。

中性脂肪を減らす。

亜鉛が肝臓の働きを強化、細胞の再生力を高める。

カルシウム、カリウム、鉄なども豊富。

小腸での糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑える。

ギャバは、血圧を下げ、リラックス効果がある。

ノンカフェインで、夜でも子供でも安心。

どう?!
知れば知るほど驚きの桑パワー!

こんなにいろんないいことがあって
青汁の中の青汁!
スーパー青汁!
なのに、飲みやすい。苦くない!

c0087899_08404282.jpg

カラダの中からキレイになろう。

ココロも明るくなりまーす💪🏻

南医療生協のだんらん市は
毎月第1土曜日の午前です。

c0087899_08405700.jpg


[PR]
# by mulberryclub | 2017-12-04 11:11 | 活動記録 | Comments(0)

年に一度の普賢院大掃除

豊田市押井町"普賢院"で年に一度の大掃除

青空の下、
紅葉のグラデーションが素晴らしい!

c0087899_19063789.jpg

普賢院の周りの
竹を切ったり、草を燃やしたり、

我々マルベリークラブと地元押井町の皆さんとの協同作業。

c0087899_19090917.jpg
c0087899_19161339.jpg


で、作業のあとは、恒例のおつかれさん会

あ、もちろん、いちばんはじめに桑の葉茶を飲んでいただいて🍵

c0087899_19153271.jpg

猪鍋、おでん、そして、名物"五平餅"

c0087899_19190065.jpg

地元の皆さんに、現在の桑畑を見ていただくこともできました。

来年の夏はここで葉っぱをたくさーん取って、お茶にして、地産地消、地元産の桑茶を皆さんに飲んでいただけますように。

がんばりまーす💪🏻

ありがとうございました。

c0087899_19290768.jpg



[PR]
# by mulberryclub | 2017-12-03 17:17 | 活動記録 | Comments(0)

「桑入りレンコンバーガー」でパンもお肌ももっちもっち〜

おいしくて楽しい 桑の葉クッキング

今回のメニューは
たっぷり桑入りのバーンズパンを焼いて、
レンコンバーグをサンドする

"レンコンバーガー"です。

c0087899_19002550.jpg

今が旬の"レンコン"って、肺を潤すって知ってました?!

肺が乾くと、肌が乾く😞
肺が乾くと、血の巡りも悪くなって、免疫力が落ちます😔

そうならないように、白いもの、レンコンを食べます。

すりおろしと粗みじん切りの食感。
もっちりして、ボリューム感もあって、
絡めたタレもカンタン美味しい。
桑は、他の材料の邪魔をしないからイイよー。

糖質の吸収を抑え、
血圧を下げ、
亜鉛、鉄、カルシウムを補給し
食物繊維たっぷりで腸を活性化する

"桑"を加えて、
いつものパン、お菓子、お料理を変身、パワーアップ!


パンにも桑がたっぷり入って綺麗な緑色。
桑のおかげで、もっちりしっとり、ふんわり〜。

c0087899_06580067.jpg

c0087899_06411863.jpg


参加者のみなさんからも、「おいしーい」と、お声をいただきました👌🏻


次回は12月19日(火)

白い食材の次は、黒い食材を使って

"黒豆ごろごろおやつパン" 作ります。

c0087899_07144511.jpg




[PR]
# by mulberryclub | 2017-11-28 18:38 | 活動記録 | Comments(0)

安城学園から感謝状をいただきました。

嬉しくてありがたいお知らせ

安城学園創立105周年記念に際し、
我々マルベリークラブ中部に対して感謝状をいただきました。

c0087899_22371141.jpg

c0087899_22372761.jpg



これまで何度もお世話になっている愛知学泉短期大学の生活デザイン総合学科の山本豊ゼミ。

我々のお届けした繭玉を "岡崎発まゆプロジェクト"の中で使っていただき、学生が作ったまゆ人形を道の駅で販売したり、地域の方に参加してもらって学内でまゆ人形コンテストを開催したり、
さらには、大学の敷地内に桑の木を植えて学生たちの手で蚕を育てることまで。

c0087899_22530139.jpg


たくさんのつながりを持ち、交流させていただいてます。


で、今回、ありがたいことに、安城学園さまから、感謝状をいただけることになったのです。


蚕の糸が結ぶつながり、
これからも大切に。

ありがとうございました。





[PR]
# by mulberryclub | 2017-11-22 22:22 | お知らせ | Comments(0)

12月の予定お知らせしまーす。

足助は紅葉の季節
桑畑は黄葉(こうよう)の季節を迎えています。

c0087899_20523279.jpg

c0087899_21371514.jpg


そのうちぜーんぶ落葉して、裸んぼの枝だけになります。
そのあとで "剪定" をします。
これが大事な作業なんですよー。
来年、良い葉っぱを効率よく採取するために、バッサリとやっちゃいますからねー🍃


★ 今年も残すところあと1ヶ月と少し。

恒例のオーガニックファーマーズ朝市村は第1と第3土曜日に出店します。(12月2日、16日)

2014年12月に農林水産大臣から6次産業事業化の認定をうけて、朝市村の愛知県農政局ブースで出店を始めてから、今年の12月で、まるっと2年。
だんだんと、周りの店の人やお客様にも覚えてもらえるようになりました!
そうしたら、
こんな会話がなされたんだとか👉🏻

「桑茶売ってるところってどこ?」
「あー、それならあそこのミドリ色のシャツの人たちのところ。」

c0087899_20145556.jpg

そうそう、
これを着て、時には大きな蚕を手に持ってご挨拶させてもらってます。

時間は朝8時半から11時半まで。

雨の日も風の日も やってまーす🙋

ぜひ一度お立ち寄りください。



それと、
もしオアシス21にお越しの際は、インフォメーションセンターの北側に設置された大画面にご注目!!
53分に1回(2分間)、我々の活動の様子が流れます。

ちなみに、9:28〜 , 10:21〜 , 11:14〜 . . .というタイミング。
少しわかりにくいですが、参考にしてください。

c0087899_20381243.jpg


★ 12月は、第1土曜日(12/2)に、名古屋市緑区の南生協病院で開催の 「地球の子(ほしのこ)マルシェ」でも桑の葉茶や桑パウダーの販売を行います。

c0087899_22143416.jpg




★ 本山にあるコープあいち生協生活文化会館で、月1回開催している体験会。

11月28日に桑入りバーンズパンでレンコンバーガー、
12月19日に黒豆ごろごろおやつパン、

どちらもこの季節に取りたい健康食材をくみこんだ桑入りのパンを一緒に作って食べまーす。

おいしい楽しい体験会に参加してみませんか〜

c0087899_22172504.jpg



[PR]
# by mulberryclub | 2017-11-20 17:30 | お知らせ | Comments(0)

シルクの未来 その2

「シルクの未来」

東京農大エクステンションカレッジ3回コースの2回目に行ってきました。

前回、お知らせしたドラマ「陸王」は、ご覧になりましたか?
登場しましたねー、スポンジ状のシルク"シルクレイ"

c0087899_19341233.jpg



さて、
今回も学んだ、さらに驚きのシルクのチカラ。

いくつかご紹介いたしましょう。

戦争中、零戦に乗る兵隊さんたちの首に白い布が巻かれているのを、映画などで見た記憶、ありませんか?

c0087899_19574032.jpg


あのマフラーは、シルク!
かなりの高度まで上がるので、首を温めて寒くないようにしたそうです。

シルクは、
吸湿性も、放湿性もバツグン。
汗を吸って、そのままだと冷えてしまうー🤧
ところがすぐに湿気を外に出してくれるから、蒸れません、だから冷えません😊

吸湿かつ放湿のどちらも優れているのは、糸の構造に秘密があります。
厳しい自然の中で長く生命を維持してきた昆虫の歴史が繭のすご〜いチカラを物語っています。

冒険家 植村直己さんも絹を身につけていたとか!
気化熱を奪わないので体力の消耗をおさえる。
低体温を防ぐ、など。
抗菌作用もあるので、着替えなくても大丈夫。
暖かいのはもちろんです。

宇宙飛行士さんにもおススメらしい。

不思議なことに
絹には気持ちを落ち着かせる作用があると言われています。
タンスの肥やしのままにしないで、絹のキモノを部屋に干しましょう。
部屋の中に、いい風が流れますよー。

c0087899_20042128.jpg


災害時にも役に立ちます。
難燃性なので600℃までは燃えません。頭から被って逃げましょう。
ケガしたらシルクを巻きましょう。人の皮膚に近いたんぱく質だから、早く良くなります。


暮らしのまわりにいっぱいシルクを取り入れたら、もっと快適な毎日になりそう!



後半は
草木染め体験

茜でシルクスカーフを染色する。

c0087899_20065876.jpg

自然の色をいただくありがた〜い体験。
出来上がった茜色のシルクストールを首に巻けば、この冬は風邪知らずで過ごせそうな気がします。


知れば知るほど、驚きの
シルクの魅力。

まだまだあります
シルクのチカラ。

次回が講座最終回。

たくさん学んで、もっとたくさんの方にお伝えしていきたいです。











[PR]
# by mulberryclub | 2017-11-11 23:23 | 活動記録 | Comments(0)

押井町の桑畑に現れた暴れん坊!

押井町の桑畑

葉っぱが黄色くなってきました。もうじき落葉ですね。

c0087899_22490940.jpg


近づいてみると、、、

こんな感じ。、


c0087899_22482671.jpg


で、すぐ横に目をやると




c0087899_22494056.jpg


あらーーー😱

ヒドイ!

根っこが掘り起こされている。


犯人の足跡がこちら👇🏻


c0087899_22394264.jpg


イノシシさんたちの仕業でした。


夜、ここでイノシシさんたちは運動会でもしたのでしょうか。

あっちもこっちも、掘ってる!掘ってる!


そして、桑の木の根っこまで掘り起こしてしまったのですね。


参った参った😓



それに、畑全体が、なんだかケモノ臭い?ウンコ臭い?


有機肥料か!


桑の根っこはちゃんと土に埋めてあげないと、かわいそう。

あっちもこっちも、、せっせと土をかけてあげます。



c0087899_22474350.jpg



とりあえず、イノシシさん立ち入り禁止のための応急処置として、銀のテープを張りました。



c0087899_22523594.jpg

次回まで、様子を見ましょう。




土掘り作業をしていて、、、


まだこれから冬が来るというのに、

もうすでに春夏の雑草の予兆を感じました。

杉の子やら、芹やら、、、もう根を張っている。

来年も、早くから草取りにかからないといけませんねー。









[PR]
# by mulberryclub | 2017-11-07 21:21 | 活動記録 | Comments(0)

"ちゅーた"に掲載されました

10月21日に東白川村で開催した
桑クッキング教室のことが、
記事になりました。

中濃・高山エリアで発行の
中日新聞「Chu-ta(ちゅーた)」という地元紙。


c0087899_17055011.jpg

みなさんが盛り上げてくださったおかげで
桑クッキング体験会のモットーとする"おいしく楽しく"料理教室が出来たことに、改めて感謝🙏です。

安江さんのコメントもありがたいですねー。
そうそう、桑は立派な食べ物ですよ〜。

いろんな方に、桑のこと、蚕のこと、繭のことをもっと知っていただけるよう、これからもがんばりまーす🙋






[PR]
# by mulberryclub | 2017-11-05 11:11 | お知らせ | Comments(0)

シルクの未来

シルクの未来

東京農大のエクステンションカレッジ
3回コースの1回目を受けてきました。

シルクって、やっぱりすごいわー!


c0087899_08512313.jpg

ところで、
シルクとはなにか⁉️
お蚕さんの吐く糸だけがシルク、ではないのです。
へぇー、そーなの?ってなりますよね。

昆虫などの吐糸、排出するたんぱく物質で、古くから衣料材として利用されてきたもの。

または、生き物が作る、繊維状のたんぱく質。

そしてこれは、なぜそんなにシルクが優れているのか、ということに繋がるのですが、

昆虫の歴史は400000000年(4億年)の歴史があり、
糸を吐く虫に限っても50000000年(五千万年)の歴史があります。


長〜い間、自然の中で、ずっと生命を維持してきた仕組みが彼らには備わっているのだから、そんな虫たちのシェルターである繭糸が優れものなのは間違いないってことです。

強い日差しの紫外線から守るUVカット。
手に乗せるだけであったか〜い保温力。
汗を吸って、放出するからいつもさわやか。
抗菌効果で臭わなーい。
シルクアミノ酸は肌の保湿成分にそっくりなので肌に優しーい。

それに、こういう機能性だけでなく、
なんとなく気分がイイでしょ。
不思議と気持ちにも働きかける、シルクのチカラです。

血流を良くすることも、ぜひ知っておきましょう。
血の巡りが健康を左右すると言ってもいいくらい。


それと、絹はふつうに水で洗って、ピシッとアイロンかけてもいいですからねー。
ただし必ず陰干しで。


ね、ね、、シルクってすごいでしょ!


まだまだ、シルクの活用は幅広くて、
シルク形状を変えることで、シルク七変化

液、フィルムシート、チューブ、粉、スポンジ、etc

これで、使い道も様々。

ちょうど今、ドラマ「陸王」の中に、マラソンシューズの靴底の素材として、"シルクスポンジ"(シルクレイと呼ばれている)が登場しています。

日常から専門分野まで、とにかくいろんなところでの利活用が期待されている

"シルクのチカラ"


東京農大エクステンションカレッジはあと2回。
まだまだあるぞ!シルクのお話と実習。
楽しみ〜😊



[PR]
# by mulberryclub | 2017-10-28 19:50 | 活動記録 | Comments(0)