絹のチカラ 「日本絹文化フォーラム」より

絹のチカラ

4月28日
長野県岡谷市で開催された
「第一回 日本絹文化フォーラム」に参加してきました。
c0087899_06403378.jpg

c0087899_00143557.jpg


伝統ある日本の絹文化を未来へ というサブタイトルのとおり、

絹や蚕糸業の現状やいかに発展させるかといった講演。

そして、特別講演としてお話された
和文化研究家 中谷比佐子さんのお話の中に
こんな言葉がありました。


「お蚕さまのおかげで、今の文化生活ができている!」

「天からいただいた虫 (蚕) が どれほど人間を守ってくれるか!」


着物姿の美しいこの方も、たいへんな蚕好き女子だったのには驚きました。

繭は蚕のシェルパー

風雨から身を守るためのに防水、防湿機能があり
太陽の紫外線を除けるUVカット機能を持ち
腐らないための殺菌作用や活性酸素の防止

など。

これは蚕が子孫を残すため、命を守るために備わった自然法則。

この繭のチカラを、私たち人間は5000年もまえから使わせていただいてきたというわけ。

物理的な効果だけではありません。

絹を身につけると

感情の起伏が少なくなり、心を安定させると、いうのです。
科学的根拠はないかもしれませんが、
お猿さんに絹と、麻と、化繊のちゃんちゃんこを着させて、実験したところ、、 はっきりとその違いがでたそうで、

どうやら間違いないようです。

絹のチカラ!
すごいんです。

多分、想像以上にすごいんです。

肌に触れ、身につけるのがオススメです。

子宮を守り、冷えを取り、美肌効果もあり、、、


会場で話を聞いた人の多く(特に女性)は、すぐにでも絹を身につけたくなったと思います。

普段から絹の着物を身につけることは難しいとしたら、せめて、下着を絹にしようかなあって、
思ったはず。

知れば知るほど、
オドロキの
絹のチカラ

ありがたく、使わせていただきます。

あ、そうそう、忘れないで!

絹を得るためには、蚕が必要、
蚕が生きるためには桑が必要、

なので。

そこんとこ、よろしく、です。


さあ、せっせと桑畑の手入れをいたしましょうか

桑のチカラ

こちらも合わせて、
ありがたく、使わせていただきます。





岡谷では、4月29日を"シルクの日"として、毎年シルクフェアを、開催していているそうです。

そして、今年からは、前日の4月28日に「絹文化フォーラム」を開催し、来年第2回の開催も決定しています。

絹のチカラ、歴史、文化などに興味をお持ちのみなさん、
カイコ女子のみなさん、

来年のスケジュールに予定してみてはいかがですか💁🏼

ちなみに、うなぎのまち"岡谷"には、うなぎ屋さんもたくさんありまーす。
ソースかつ丼もボリュームたっぷりで美味しいです。






















[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-29 21:30 | 活動記録 | Comments(0)

桑入り 桜クッキー🌸

4月25日
毎月第四火曜日開催のペポカルチャー教室、桑クッキング。

4月の花は "さくら"

この辺りの桜の季節はもう終わってしまいましたが、またまだ、気分は春。

サクラと桑のコラボレーションで
クッキーとサクラティを楽しみました。

c0087899_21205083.jpg


c0087899_21205102.jpg



桑、蚕、繭の話をいろいろ。
本当はお蚕さんを連れて行きたかったのですが、

ちょうど今、脱皮前の眠のため、足場を作って、じっーとしているところなので、そっとしておいてあげたくて、

お蚕さんは自宅待機、です。

c0087899_21205137.jpg



偶然、今朝の新聞折り込みチラシに
福井県のセーレンという会社の広告がはいっていました。
シルクセリシンを使った化粧品の宣伝です。

セーレンさんは、高島屋に「ディアマユコ」という店も出していますし、

おかげで、シルクに含まれるシルクセリシンが肌に良いんだよーってことが広まりますね。

蚕の吐く糸は主に、
フィブロインという繊維質と
セリシンという膠質(糊のようなもの)
で、できておりますのよ。

c0087899_21205225.jpg



この資料は、こちらの本の中にかいてあります👇🏻

c0087899_21205202.jpg


コレを読むと

絹の魅力がたっぷり!

絹の魅力にハマります!


さて、次回の桑クッキングのご案内ができました。
5/23 (火)
桑の若葉を天ぷらと
桑入り手打ち麺。

参加申し込みを、お待ちしております。

c0087899_21531406.jpg

















[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-25 20:32 | 活動記録 | Comments(0)

蚕と桑のある暮らし

先日 某テレビで
カンボジアの村に養蚕を復活させた日本人のことが流れていた。

その中で、印象的な言葉

「布が織られるためには
生糸が必要
蚕が必要
そのためには桑畑が必要」

c0087899_10262194.jpg



そうですよね〜😌


今は、着るものも食べるものも、
自然のもの天然のものから とお〜く離れた物で溢れていますが、

昔々は、身の回りにある自然界から得たものがすべて、

冒頭のセリフのように、織物と畑はストレートにつながる世界だったわけです。

現代にそれと同じことをして暮らすのは、大変なことですが、
つながっているんだよーって、
知っていることは、なんかうれしい。



自然界の不思議は、意識しないと気がつかないけど、実はいろいろ、隠れてる。

あ、そうかー! 見つけてみる?

たとえば、去年生まれた蚕のたまご、春になると、眠りから覚めたように、いっせいに孵化する。
ちょうどそのタイミングで、エサとなる桑の葉も顔を出すんだよねー。

葉っぱの芽吹きに合わせて生まれてくる赤ちゃん。
お利口さんだね〜👏🏻

c0087899_10262144.jpg



さて、ここで確認です!

蚕って、桑の木を探せば、その葉っぱにいる、と思っている方、いませんか?

蚕は桑畑には いませーん。

蚕はお部屋で 飼う子 ⇒ カイコ です。

エサとなる葉っぱを採ってきてあげないと、育てることはできませんし、自分から食べ物を求めてウロウロ何処かに探しに行ったりしません。

ちなみに蚕蛾になったら、何も食べないし、飛ぶことさえできません。

カワイイやつなんです😆

それと、蚕は生まれてから1ヶ月くらいで糸を吐いて繭をつくって、そのあと10日くらいで蛾になって卵を産んで死んじゃいます。

とても短い命なんです。

なので、カイコを飼っています。といっても、
一年中いるわけではありません。

それをふまえて、

4月10日生まれのカワイイやつをご覧ください

c0087899_20413491.jpg


c0087899_20413534.jpg



生まれてから2回の脱皮で3令になり、
食べる量もグーンと増え、
毎日、見違えるように大きくなる。

c0087899_10262259.jpg


3度目の脱皮でもうすぐ4令、
桑を食べるのが彼らの仕事?

最後の脱皮、そして5令になると
葉っぱの消費量はスゴイことになる。

こどもの日(5/5)くらいに繭になるかなー
それまでは、せっせと葉っぱを確保しなくちゃ。

蚕が葉っぱを食べる音が、ザーザー雨が降るような音がするっていうくらい!
いっせいにムシャムシャ食べちゃうからね。

そのため、昔、養蚕農家の仕事はキツい、タイヘン、と言われたそうな。


それでも、日本人って働き者だからねー。
すごーくがんばって、
1909年には世界一の生糸輸出国となって、30年間ずっと世界一だったそうです。

それが今では、、、😓

国産の生糸の供給量は全体消費量の約 0.3% !

なんてこった😂

詳しくはこちらに👇🏻

c0087899_19035192.jpg


蚕糸から見た日本の歴史。
興味のある方は是非、どうぞ。


桑、蚕、繭に興味を持つことで、
さらに違った世界が見えてきて、
繋がる。広がる。面白い。


たとえば、、だけど、

ベランダで桑を育て、桑を食し、ほんの数頭の蚕を飼う。
できた繭で着物は作れないけど、
次世代を残し、
スキンケアに利用する。
染めたり織ったり、工作するのもアリ。


蚕と桑のある暮らし

ちょっとハマってみませんか?

c0087899_20413502.jpg


5月23日はペポカルチャー教室で、
いよいよ桑の葉の天ぷらが登場!
手打ち桑入りうどんとともにお召し上がりいただきます。

詳しいご案内は近日中に。






















[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-23 08:43 | Comments(0)

春を染める in 猿投

春を染める 草木染め体験会を開催しました。

c0087899_22473595.jpg


自然から色をいただく "草木染め"

春の原っぱで、
たんぽぽを摘み、桑の枝を集めて、

せっかくなので、冷凍しておいた桑の実も使ってみました。

さて、どんな色に染まるのでしょう

c0087899_22473553.jpg


素材を煮て、たっぷりの染液を作ったら
そこに布を垂らして

シャ〜ブ シャ〜ブ シャ〜ブ と、20分。

c0087899_22473616.jpg


白い布に パッと色がはいる瞬間が
すごくうれしい!

媒染液に漬けた時の変化もまたおもしろい!



染めの傍らでも、楽しいこといろいろ

お蚕さんに対面したり
繭糸を紡いでみたり


c0087899_22473671.jpg

c0087899_23415350.jpg



作業のあとは

恒例の桑入り軽食タイム🌿

温かいだご汁と
デザートはパンナコッタ。


途中、雨が降ってきて少し寒かったので、展示のシルクストールを肩にかけて並んだ子どもたち😊
あったかいネー。


c0087899_22473752.jpg


「ウマーイ!」「おかわり〜」の声も、いただきました〜👌🏻

c0087899_22473761.jpg


参加者のみなさん
ありがとうございました。

今回の体験がみなさんのココロに残る体験でありますように、、

c0087899_00075744.jpg
最後に
参加者からいただいたご感想を紹介します。

*初めての体験で新鮮だった。
*色の変化の素晴らしさが印象的
*未知の世界に入った様でとても良かった
*自然の草花からきれいに染める感動体験を子供にさせることができて、良かった。
*色の変化が想像と違ってとてもおもしろかった
*桑の料理が美味しかった

季節の草木染め体験会
次回は秋の開催を予定していまーす。




[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-15 20:31 | 活動記録 | Comments(0)

桑 350本 植えたどー💪🏻

桑 植えたどー💦

c0087899_09404994.jpg


c0087899_09404937.jpg



何しろ雨続きで、
もともと田んぼだったこの土地は
ドロドロのズボズボのビチャビチャ😱

想像以上に作業し辛い😰

それでもなんとか、
総勢31人で、350本の苗を植えました。

豊田高専のアドベンチャーチームの若い力
経験豊富な地元の人の力
ワーカーズコープの協働労働の力

みなさんのチカラが無かったら、到底無理な、先の見えない、作業だったよー

c0087899_09405013.jpg


c0087899_09405075.jpg

c0087899_09405144.jpg

c0087899_23351182.jpg
足元のドロビシャ具合が伝わりますか〜


このままというわけにはいかないので、
これからも度々足を運んで

美しい桑畑になるよう、手をかけ目をかけていきます。


本当にありがとうございました😌
おつかれさまでした。


c0087899_09405207.jpg


お昼は、近くの農家民宿ちんちゃん亭さんに
桑を入れた炊き込みご飯を山盛り炊いていただきまして、
肉団子入りの暖かい汁と一緒に、
お腹いっぱい!

ごちそうさまでした。

ちょうどこの日は、押井町の五穀豊穣を祈願する
「御鍬社」での式典が行われていて、
一緒に参列させていただき、桑の成長もお願いしてまいりました。

c0087899_17151858.jpg


五穀豊穣の神様〜
どうぞよろしくお願いいたします👏🏻👏🏻🙏

c0087899_23275329.jpg

おつかれさまでしたー😊

後日、中日新聞豊田版に載りましたので追記します
c0087899_10492355.jpg

[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-10 09:24 | 活動記録 | Comments(1)

猿投の桑畑が💦

★ 猿投の桑畑が!!!
いきなり 😳 カラスノエンドウの絨毯❗️

c0087899_15395359.jpg


ノコギリ鎌で刈り取ったらどれくらいかかるんだろう💦
やっぱりここは草刈り機のチカラを借りるとしよう。

とにかく早めに対処しなくては!

横の土手には たくさんのつくし❗️

c0087899_17174117.jpg


つくしやスギナが多いところは土の酸性度が強いらしい。
酸性が強いと草花や野菜は育ちにくいんだって。

そりゃあいかん。

こちらも、早めの土壌改良策が求められる。

生える草で土の状態がわかるなんて、すごいねー。
知恵だねー🤔




★ 豊田市押井町の耕作放棄地を桑畑に再生する
"桑らいふプロジェクト"は、いよいよ明後日が苗植え日、

その前に
地元の方に、畝作りをお願いしました。

c0087899_15395530.jpg


当日は植える苗は、約350本。
水はけの良い畑にしておかないと、

桑が酔っ払う⁉︎

根が動くとか芽が動くとか、
今度は酔っ払ってしまうの ⁉︎

ならば酔って死んだりしませんように。

酔っ払う、といえば☝🏻
桑には肝機能を強化する働きもあるので、

🍺飲む前に🍵飲む!

オススメです。

[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-07 15:37 | 活動記録 | Comments(0)

草取りセラピー

今日は草取りセラピー

足助の桑畑

「ほーー ほけきょ!」
の声を聞きながら
c0087899_16345404.jpg


草取りがこんなに気持ちのいいものだとは、知らなかったんだよなー。

ビフォアーアフターは こんな感じ👇🏻
c0087899_16345537.jpg


黙々と手を動かしながら、進んでいく。

つくし発見!
c0087899_16345521.jpg



仕事の成果が目に見えるのはいいよなー
後ろを振り向いて見ると、、、

あー スッキリ!

気がつくと 汗が💦

まだ雑草が小さいうちに、根っこから取り除いて、土をふかふかにしておきましょう。

とりあえず1列終了。
もっとやりたーいって思うんです。

早く終わらないかなー、じゃなくて、
もっとやりたーいって、思えることは幸せなこと✨

草取りに熱中すると
どうやら 脳から幸せホルモンのセロトニンが出るようですよ。

だから、セラピー
草を取ることが癒しになる。

というわけで、本日の活動は「草取りセラピー」でした。


あーお腹すいた😆













[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-04 12:18 | 活動記録 | Comments(0)

ベランダ桑と桑ライフのすすめ その2

この姿をお見せしたくて❣️

c0087899_15104923.jpg




今朝のベランダ桑くんです。

3月6日にご案内した
"ベランダ桑と桑ライフのすすめ"

あれから約1か月

1枚目の写真のように、成長いたしました〜👏🏻😊

振り返ってみましょう


3/6
c0087899_15105023.jpg


やっと葉っぱが顔を出しましたーって
ワクワクが始まった時



3/19
c0087899_15105005.jpg


葉っぱが開いて、フタバちゃん😊

小学生の頃、あさがおの種を蒔いて、「フタバが出ました」って、観察日記に書きましたね〜。

そんな事を思い出す、フタバの登場です。



3/28
c0087899_15105171.jpg


あさがお的表現で言うなら、本葉が出てきた。もうすでに、そこには桑の実の赤ちゃんがいます。



そして、4/2
c0087899_15105104.jpg


天ぷらにするにはまだ小さいけれど、
キレイな黄緑色の葉っぱがたくさん。

キラキラ輝く新緑✨





さて、次は、先ほどの桑とは別の品種
"はやてさかり"
葉っぱメインの養蚕向き品種です。

猿投や足助の桑畑で育てている桑もこの仲間


3/19
c0087899_15105257.jpg


まだ芽は硬そうだけど、薄い茶色い膜の下に、緑色が隠れているのがわかります。

よしよし、ちゃんと生きてたねーとホッとする。

何しろ冬の間は 枯れ枝のように静かだったし、
水をやるのも時々だったから。



3/28
c0087899_15105200.jpg


よーく見ると、茶色の中に緑色が!
いよいよです。
フタバ待ちです。



4/2
c0087899_15105351.jpg


明らかに芽吹きの様子。
ここ数日、少し寒さが戻っていて、成長もゆっくり、だけど確実に、

来てます!来てます!
桜の開花と同じ頃に、桑の葉っぱも顔を出すのが目安かも。
覚えておいてね。
桜が咲いたら、桑もそろそろ🌱だよ。



これら全て、ベランダ桑の様子です。

華やかさはありませんが、
ベランダに桑、オススメです。
ベランダに桑、イイかも👍です。


少しだけど、自然を身近に置いておくと
季節感あります。味わえます。

季節感だけではありません。
本当の桑の葉も、実も味わえます。

それがまた、健康にイイんだなー👏🏻👏🏻

お茶にしたり、粉にしてお菓子や料理に使ったり、、、

おまけに蚕も飼えちゃいます。
ひと月で繭になります。

できた繭で糸を紡ぐも良し、
お顔マッサージに使うも良し、
まゆ人形を作るのも楽しい。

ベランダ桑と桑らいふのご紹介でした。

まだまだ語りつくせない、
けど、毎回のブログに、想いが詰まっております。
興味のある方はぜひ、また、のぞいてみてください。

桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部です。






[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-02 09:16 | Comments(0)

養蚕 はじまりはじまり〜

お蚕さんの卵が届きました。

c0087899_15565293.jpg


大きさは1ミリ弱。
見た目が花の種のようなので、

蚕種 (さんしゅ) とよびます。

まだ桑の葉のない時期は、人工飼料で育てます。

この卵が孵化して、よちよち動く赤ちゃん蚕さんに会えるのは
4月10日頃の予定。

どうか、元気に生まれて来てください。

4月15日の染め体験会の時には、
ちっこいお蚕さんを
お見せできますように。

そしてひと月後、立派な繭になりますように。

🙏😌

c0087899_15565216.jpg



[PR]
# by mulberryclub | 2017-04-01 15:28 | お知らせ | Comments(0)

桑の炊き込みご飯とざる豆腐

ペポカルチャー教室 桑クッキング

今回のメニューは

生姜たっぷりの
温活 桑入り炊き込みご飯🍚

豆乳から作る
桑のざるとうふ

c0087899_09055959.jpg


定員10名のところに、満席となり、お連れの子供さんも2人いらして、
とても賑やかな体験会となりました。

男の子が、いきなり、カイコのぬいぐるみを持って回る!
すっかり気に入ったご様子です。

まるおくん(ぬいぐるみくんのことをそう呼んでいます)を、連れて行ってよかったよ。

c0087899_18101631.jpg

桑のチカラ、蚕のヒミツ、繭の魅力。

たくさん伝えたい!

マルベリーとは桑のことです。

温かい桑茶を飲みながら、、、

c0087899_13522993.jpg


では、今日の料理にまいります。

桑としょうがの炊き込みご飯。

鍋に、お米と、たっぷりのしょうが、しめじ、人参、あげ、などを入れて、水と調味料を、入れたらフタをして、、、

オッと💦
大事な桑を入れるのを忘れるところでした。

桑パウダーを入れて、よく混ぜて、
フタをしたら、火にかける。

圧力鍋炊きなので早いよー👌🏻

ご飯を炊いている間に、

ざる豆腐を作りましょう。

豆乳に桑を混ぜてから、あたためる。
80度になったら、にがりを散らし入れ、
そーーーっとかき混ぜたら
フタをして3分間待つのじゃ。

c0087899_08215761.jpg


フタを開けたら、、、😳
あー良かったー🙌🏻
ちゃんとできていました。豆腐になっていました
ざるにあげて、5分ほど水を切ったら、完成です。

温度とか、にがりの量とか、混ぜ方とか、いろいろな条件で出来が変わるので、豆腐作りは毎回緊張😆

そしてお待ちかねの
ご試食タイム

c0087899_09222019.jpg


c0087899_09222037.jpg


賑やかに幕を閉じました。

来てくださった皆さん、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。

ペポカルチャー教室での体験会は、
毎月第4火曜日開催。

来月は4月25日、
春は桜🌸、さくらクッキー作ります。





[PR]
# by mulberryclub | 2017-03-29 09:02 | 活動記録 | Comments(0)