人気ブログランキング |

蚕、繭を見て、触れて、感じる体験講座へようこそ

蚕、繭を見て、触れて、感じる体験講座へようこそ

c0087899_23472130.jpg



ワイルドフラワーガーデンで開催している夏休み親子講座、
今回で3回目となりました。
申し込み開始とともにたくさんの申し込みをいただき親子14組、全員で48名の方がいらしてくれました。



c0087899_23465970.jpg
 


お父さん、お母さん、
おじいちゃん、おばあちゃん、

そして子供たち。

いろんな世代の方が、
いろんな想いで参加してくださっていて、

蚕や繭の話をお伝えする私たちにとっても
楽しい時間でした。

カイコを見たことがないけれど
とても物知りな小学生、

蚕と繭と絹が結びついていないお母さん

本物のおカイコさんを、そっと手に乗せてあげると、みんなが

「かわいい。」

って、言う。

c0087899_23473163.jpg


虫、なんだけど、なんか、かわいい。

不思議な魅力がカイコにはある気がします。

その小さな体のなかで、

桑だけを食べて、お腹の中でシルクに替えて、糸にして吐く。

すごいなカイコ、

と興味を持ってくれる子や、保護者の方々がいたら、今回の講座は大成功🙌 


カイコが2〜3日かけて糸を吐き続けて出来上がった繭。
一本1000〜1500メートルの長〜い糸でできている繭。

糸繰り体験をして、糸がどうやって作られるのか、わかったかなー


c0087899_00152374.jpg


そして、
まゆ人形作りになると、いつも、子供たちの独創性に驚かされます。


c0087899_23552223.jpg


c0087899_23565005.jpg


最後は
桑の葉クッキーのおやつタイム!


c0087899_00031334.jpg



c0087899_23594038.jpg



講座が終わってからも
たくさんの質問をいただき、ありがとうございました。

「なるほど〜」

「へぇー!」

今回の講座が、参加してくださった方の記憶に残って、いつかまた、周りの誰かに伝わっていったら嬉しいですねー😊


暑い中、お越しいただき、
ありがとうございました。


c0087899_00045439.jpg




# by mulberryclub | 2019-08-11 21:21 | 活動記録 | Comments(0)

桑の葉摘み採り、最高収量を達成!

2019年、7月21日
この夏、2度めの桑の葉の採取。

な、な、なんと!
555kg 採れました〜!

前回の分と合わせて約930kg、という、
過去最高の収量記録となりました。


桑の葉摘み取りに協力してくださった方の数もこれまでで一番大勢だったのではないかなぁ。

遠いところまで来て、一緒に汗を探していただき、ありがとうございました。

しかも、その方たちの多くが、楽しかったです、と言ってくださる、という。ありがた〜いお話です🙏🙇‍♀️


押井町の桑は、2017年4月、地元の人や学生たちに助けてもらって、みんなでドロドロになりながら、植えた桑苗からのスタートでした。




剪定の仕方も専門家からアドバイスをいただきながら、手入れを続けて、

やっと、2年後の今年、
「いい枝ぶりになったねー」
と、収穫を楽しみにしておりました。


c0087899_20412926.jpg


そして、
初めての葉っぱ摘み採りまで、こぎつけたわけで、

バンザイ🙌です。

この畑は、元が田んぼの粘土質で、
水はけが悪かったので、スコップや鍬で何度も水を掻き出したり、
恐ろしいくらい早くたくさん広がる雑草を何度も刈り取り、

自然との長い長〜いお付き合いの末の摘み採り作業。

良い葉っぱたちが、たくさん採れて、
良かった〜


採れた葉っぱは、すぐに下山茶業組合という、お茶の加工所まで運んで、加工してもらっています。

採取して数時間以内に処理しないと、どんどん質が悪くなってしまうので、良いお茶を作るためには、地元の方の協力が欠かせません。


2015年に苗を植えた、足助町の下の畑(上の畑は前回採取)と合わせて、555kg。

今年の夏の桑の葉摘み取りは、これにて終了。

「宝の山」は、ほぼ全て、役に立つ「宝」になる👏🏻

昨年までは、なかなか全てを採ることができずに、もったいなーいと思いながら、
取り残して、ゴメン🙏してきたので、

しっかり摘み取りができたことはとてもありがたくて、嬉しいことなんです。



ご協力くださったみなさん、ありがとうございました。



c0087899_20390538.jpg


c0087899_20393307.jpg

c0087899_13393514.jpg

c0087899_20372106.jpg

c0087899_18511820.jpeg

# by mulberryclub | 2019-07-22 11:11 | 活動記録 | Comments(0)

なごや環境大学共育講座

なごや環境大学共育講座

3回シリーズで、
1回目は桑の話と桑入りパン作り、
2回目はカイコの話と糸繰り体験、

そして3回目の今回は、
絹の話と、桑の葉と実を使った草木染めのシルクスカーフ作りでした。


c0087899_16400392.jpg




桑の葉、桑の実をぐつぐつと煮て、
色素を抽出。



c0087899_16585384.jpg

c0087899_17005601.jpg



素材に使うのは、シルク100パーセントの大判ハンカチ。

自然界からいただいた色素を、
天然の繊維にのせていく。

一期一会の色との出会いです。

桑の葉からとれる色素はどんな色?

桑の実を煮ていると美味しそうな香りがしてきます。

どんな色になるのかしら?

紫色?
かと思ったら、
グレー?
かと思ったら
茶色?
かと思ったら
やっぱり紫?

染め作業の間に七変化!


c0087899_17161299.jpeg

c0087899_17152224.jpeg


草木染めの色合いは、その表現もいろいろ。

化学染料のようなはっきりと明確な色にはなりません。
みどり! でもなく、きいろ!でもない。

黄色っぽい茶色とか、みどりっぽい黄色、とか、表現は様々です。

同じ素材でも、季節、土地、鮮度、、、などによって、いろいろ違っておもしろい。

c0087899_17015190.jpg



染という字は、
木の汁、から来ていて、木の汁で色をつけたものは木霊が守ってくれる、と言われています。

絹のチカラと木霊に守られる
草木染めのシルクスカーフ🧣

草木染め、ハマりますよー。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

c0087899_17040198.jpg


# by mulberryclub | 2019-07-13 21:21 | 活動記録 | Comments(0)

桑とカイコと日本人

桑とカイコと日本人

100年時代を生き抜く教養講座

1回目、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

c0087899_12223055.jpg

c0087899_15581836.jpeg

c0087899_15584091.jpeg


愛知県はかつて、輸出生糸の生産量が、全国第2位でした。(1位は蚕糸王国 長野県)
中でも三河地方は県内有数の繭の集積地であり、県下最大の蚕糸工場(加茂蚕糸)もありました。

豊田市は、今ではすっかりクルマの町として有名ですが、もとは養蚕業が盛んな町でした。
豊田市民でも知らなかったりして😓💦


昔は日本が世界1の生糸輸出国だったというのに、今や世界1の絹輸入国になっているという事実、しかも生糸や絹糸ではなく、多くは絹製品を輸入しています。

作ることをせず、買って使うだけ!

そんなことで良いのでしょうか。

国内に残っている製糸工場は2カ所、養蚕農家は350戸、
消滅の危機と言われています。


養蚕をするには桑畑が必要。

日本を支えた養蚕業、それを支えたのはおかいこさんとエサとなる桑の木です。


狭い日本、

のはずなのに、各地に広がる耕作放棄地。


そうだ!
桑を植えよう!


伊藤博文 曰く「富国有養蚕」


もしかしたら、養蚕は日本を救うかもしれません。


次回は7月30日 13時半より、
名城大学内グリーンカフェにて開催します。




# by mulberryclub | 2019-07-11 11:11 | 活動記録 | Comments(0)

2019年夏 桑の葉採取

2019年夏

桑の葉摘み取りましたー!

c0087899_21383842.jpg


心配されたお天気も、ちょうど曇り空で、
時折風も吹いて、
作業をするものにとっては、
ありがたーい天候となりました。

それでも日焼けしましたけど💦

我々メンバーの他に、
豊田高専の学生さんや
メンバーの同窓生、友人など、
総勢21人で、
なんと372kg!


c0087899_21433394.jpg


頑張った甲斐がありました。

すぐに地元の
下山茶業組合さんに運んで、お茶にしてもらっています。

また一週間後に、同じく足助の、もう1箇所の桑畑と、旭地区押井町の桑畑で、葉っぱをとります。

押井町では、地元の人も一緒に作業をします。

押井町の耕作放棄地対策や、活性化につながっていくことが、我々の願いです。

さあ、来週もガンバロー💪🏻

c0087899_20160277.jpeg



# by mulberryclub | 2019-07-07 21:21 | 活動記録 | Comments(0)

桑とカイコと日本人

桑とカイコと日本人

100年時代を生き抜く教養講座

「クルマのまち」の前は「養蚕のまち」?!
桑やカイコのことを知ろう!

本物のカイコも連れて行きます。

c0087899_05242559.jpg


名城大学天白キャンパス内にあるブックカフェにて、お話をさせていただくことになりました。
参加者の皆さんとの対話も大切にしながら、桑やカイコに関する認識を深く、新しいものになっていけば、と願っています。



日本中に広がっていった桑畑はどこへ行ってしまったのでしょう。里山に増え続ける耕作放棄地。

そうだ、桑を植えよう!



日本の輸出産業を支えた養蚕業も今や消滅の危機。日本産の絹は無くなってしまうの?

そうだ、カイコを知ろう!



1回目は7/10 (水) 17:00〜18:30


〈桑の文化と養蚕の話〉

       聖徳太子から雅子妃殿下まで、桑や養蚕の歴史や文化。日本人なら知っておきたい大切こと。

育てた桑で作ったお茶も登場。

桑のチカラを知ったら、帰る頃には桑ハカセ!



2回目は7/30 (火) 13:30〜15:00


〈カイコからシルクができるまで〉

      桑を食べて、シルクを残して、約45日で命を閉じる。愛すべきお蚕さま。

      植物性タンパク質を動物性タンパク質に変える生物工場として注目されている昨今。

      小さな体に秘められたチカラを見て触れて感じでみよう。



たくさんの方のご参加をお待ちしています。




# by mulberryclub | 2019-07-01 11:11 | お知らせ | Comments(0)

2019年度 名古屋土曜学習プログラム

名古屋土曜学習プログラム

昨年度に引き続き、今年も名古屋市内の小学校の土曜学習プログラムで、
桑、カイコ、繭のお話しをする機会をいただきました。

1回目は中川区、
そして、2回目の今回は南区の桜小学校に行ってきました。

地元の方やボランティアの学生さんたちにもご協力をいただき、子供たちに、見て、触れて、感じてもらう、楽しい時間となりました。

c0087899_22361718.jpg

小学校の1年生から6年生まで、参加生徒数は約50人。


"桑"  "カイコ"  "繭"


どれも聞いたことがないかも知れないお話です。


何千年も昔から人々の役に立ってきた
天からの授かりもの、蚕。

葉も実も枝も、蚕とともに様々に利用されてきた桑の木。

桑を食べたカイコのミラクルマジックとも言える、繭の玉。


実物の桑の葉や
本物の生きたカイコ、そしてカイコガ
黄色や白色の繭玉を題材に、話を進めます。

たくさんの子供達が、興味深々に見て、聞いてくれると、とても嬉しいです。


c0087899_22423536.jpg


前半のお話に続いて、
後半は真綿を紡いで、ミサンガ作りに挑戦です。
c0087899_22501823.jpg

c0087899_22510938.jpg

c0087899_22504482.jpg


小さな手で、一生懸命紡いで、糸にして、

覚えたばかりの三つ編みをして、

みんなの腕にミサンガが出来上がりました。


c0087899_22513142.jpg

最後に作ったミサンガを披露しながら記念撮影。(こちらの写真は南区の桜学区連絡協議会のブログからいただきました。)

暑い中、参加してくれたみなさん、ありがとうございました。

昔はこの学区にも桑畑が広がっていたと、地元の方が教えてくださいました。

子供たちが家に帰って、お父さんお母さんやおじいちゃんおばあちゃんと、今日のお話をしてくれたら、いいなぁって、思っています。

桑もカイコも、日本にはなくてはならない存在です。


最後に、「おカイコさん、かわいかったー?」

って聞いたら、

「かわいかったー!」と答えてくれた子がたくさんいました。
良かった良かった。



この日の様子は、桜学区連絡協議会のブログ記事にさらに詳しく載せて頂いていますので、そちらも是非ご覧ください。
("桜学区連絡協議会"で検索してください)



# by mulberryclub | 2019-06-30 23:23 | 活動記録 | Comments(0)

2019年の桑の実、とほほ、、の巻

今年の足助の桑の実は、不作でした😓

とほほ、、、

5月中旬に見たときは、さあこれから、と思っていたのですが、

c0087899_21355159.jpg


6月に入り、そろそろか、と思ってみたら

c0087899_21374572.jpg

早めに石灰を撒くなどして、あれほど気をつけていたはずなのに、菌核病が発生😱

ジャムを作るほどの量も採れず、
本当に残念です。

剪定ミスなのか、そういう年回りなのか、
昨年はたっぷりと採らせていただきましたのに。

ということで、今年の桑の実ジャムは作れませんでした。
ごめんなさい🙇‍♀️


来年のための覚書、

《桑の実ジャムの作り方》

桑の実を優しく洗って、虫やゴミを取り除きます。

小さなじくを出来るだけギリギリまで切り取ります。

鍋に入れ、実に対して30〜50パーセントの砂糖を加えて、アクを取りながらしばらく煮ます

実の10パーセント位のレモン汁を入れて一煮立ちしたら出来上がり。

酸味を効かせた方が美味しい!

粒ゴロゴロを、残したいときはそのまま、粒ゴロゴロをなくしたいときは好みの具合までミキサーにかける。

あーー
食べられないとなると、余計に食べたくなるもので。

自家製桑の実ジャム、食べたいよー😆💦

c0087899_22104207.jpg

また来年。

# by mulberryclub | 2019-06-25 11:11 | 活動記録 | Comments(0)

桑の木の引越し

桑の木の引越し


訳あって、天白区の桑の木を、豊田市加納町の桑畑に移植することになりました。


c0087899_21285232.jpg

そこで、この木たちのことを、ちょっと振り返ってみます。
今からでも、種まきしてみたい方はご参考になさってください。


桑の実をよーく洗って果肉部分をしっかり取り除いた種。

これは群馬の大竹桑園さんからいただいた一年ものです。

(前の年に取ったタネを冷蔵保存)
c0087899_20575045.jpg


2017年5月に種を蒔きまして、、、
かわいい双葉🌱


c0087899_20120339.jpg

その年の夏、7月、8月、9月と鉢の中で成長して、40〜50cmまで大きくなりました。

まだ枝は細くて痩せっぽちです。


c0087899_20182420.jpg

冬には落葉。

そして、
次の年の春に広い畑に植えかえてあげました。

見た目はただの棒のよう。

大丈夫か??
ちゃんと根付くでしょうか。

c0087899_20212284.jpg

さて、、、

さて、、、

2018年夏。

c0087899_21281017.jpg


しっかり木になりました。

実をつけるのは、まだ、のよう。

もう一度冬を越え、2019年。

豊田市加納町の畑に、移植することになりました。

c0087899_21244029.jpg

c0087899_21255676.jpg


なんとか、命を繋いでほしいと、願いつつ、
見守っていきます。


# by mulberryclub | 2019-06-21 18:59 | 活動記録 | Comments(0)

本日の作業・足助

本日の作業

草取り

c0087899_23203483.jpg



ここ最近は草取りの作業が続いている。

梅雨の前に一度刈っておかないと、大変なことになるのでね。

今年はシロツメクサの勢いがすごい。


c0087899_23213267.jpg


去年はこんなことなかったのに、
なぜ?!

どなたか、
シロツメクサのタネをばら撒きましたか〜?!

地を這うシロツメクサは、草刈り機だと絡みつくし、鎌だとかなりの手間がかかるし、
厄介な草です。


c0087899_23253659.jpg



花は可愛いし、昔はそれでよく遊ばせてもらったし、四つ葉が見つかったら嬉しいし、、、

いいヤツなんだけどねー。

今は少々大変です。


畑の栄養を持っていかないでー🙏

畑の風通しを悪くしないでー🙏

桑の木の根元の風通しが悪いと、病気になったり、虫がついたりして
困るので、

すそ払い、をします。

桑の葉っぱも、下の方にある小さな葉っぱたちは、取り除いてしまいます。
雨などで土がはねて、葉っぱについていると、お茶にするときに困ります。

すそ払いしてスッキリした畑の様子は、とても気持ちが良いです。


c0087899_23242057.jpg




c0087899_23273360.jpg


この桑の木、なかなか良い形でしょう。

葉っぱを採取するためには理想的な枝ぶりだと思いませんか。
夏の収穫が楽しみです。




c0087899_23325135.jpg



# by mulberryclub | 2019-05-24 15:08 | 活動記録 | Comments(0)