繭って、すごい!

あいにくの雨
室内作業です。

愛知学泉短期大学の山本ゼミに届けるための繭の汚れを取り、きれいにする作業。
c0087899_15370232.jpg



☆愛知学泉短期大学生活デザイン総合学科の山本豊ゼミでは、「岡崎発・まゆプロジェクト」と題し、大学と地域との連携活動のひとつとして、学生がまゆ人形の制作からパッケージまでを行い、道の駅(藤川宿)等で販売しています。

山本豊先生をはじめ、この大学では、我々の活動を理解し、応援してくれているので、校内の一角に桑の木を植えて、草刈りなどの手入れをしてくれています。

学生たちが、地元の小学生たちに、まゆ人形作りの体験教室を開催したこともありました。
学生さんたちが用意したまゆ人形キットと出来上がりの作品
c0087899_00161713.jpg


夢中になって作業する小学生たち
c0087899_00161880.jpg


自然の産物である繭の魅力を、楽しく可愛く生かして、子供たちに伝える。

今回の繭は、学生たちの手で、どんな風に生まれ変わるのかしら❓
楽しみです。

c0087899_09201624.jpg



☆1月30日の中日新聞33面の記事
c0087899_14313092.jpg


三味線や琴の絃作りには、生糸を使うんですよ〜!
ご存知でした?

岐阜県の養蚕農家さん訪ねた時に、伺った話。

蚕種を取るための蚕と
三味線の絃にするための蚕、
2種類を育てている、と。

昨年のシルクサミットで、伺った話。

繭からとった生糸から奏でられる音色は、
機械的な、人工的な音ではなく、
人の耳に優しく心地よく響く"ゆらぎ"のある音色だと。

繭って、スゴイよねー!

衣料、医療用の糸、化粧品、工芸品、食べても良し、等々

まあとにかく、いろいろ、我々の役に立ってくれている。

だから、やっぱり、お蚕さまさま〜🙏🏻

c0087899_14313023.jpg


暖かくなったら、そろそろ養蚕スタートしましょ。



















[PR]
by mulberryclub | 2016-01-29 15:17 | 活動記録 | Comments(0)
<< "とよたNOW&qu... 足助の桑畑、冬。 >>