桑抹茶を愉しむ

c0087899_11541670.jpg

健康のため、桑パウダーを水やお湯に溶かして飲む。
だいたい小さじ半分で1グラム
いつも計って飲んでいた。
決まりごとのように。

ふと、抹茶のように立てて(少し泡立てて)
愉しんでみようと思い立った。
ひとりお茶会、はじまりはじまり〜〜

用意したのは
小さじ半分の桑パウダー(相変わらず計る)
抹茶茶碗
ミニホイッパー(茶筅が無くて😓)
50グラムのお湯
c0087899_11541622.jpg


ダマをほぐしたパウダーに、お湯を注いで
c0087899_11541694.jpg


泡立てたら
c0087899_11541747.jpg


できました〜👏🏻✨
c0087899_11541717.jpg


少し泡が荒いですが、茶筅ならもう少し細かくなるのかもしれません。

この泡、しばらく消えません。
桑茶にはすこーし粘り気があるので、泡が消えにくいようです。

せっかくお抹茶の雰囲気でいただくなら茶杓ですくったほうがいいですよねー

では、茶杓ひとすくいはどれくらいになるのか、計ってみた。
そしたらほぼ1グラム、または、それより少し少ないくらい。
ということで、一枚目の写真にありますように、茶杓でひとすくい、抹茶茶碗に入れて、お湯を注いで、茶筅で立てたら、

これは立派な 桑抹茶❗️

せっかく飲むなら、気分良く、お抹茶をたてるようにいただくのもオススメです。

この場合、おまんじゅうを召し上がる前に桑抹茶を飲んでくださいね。

桑の成分DNJが、小腸での糖の吸収を抑えてくれますから。

では、いただきまーす011.gif
c0087899_11541841.jpg

桑入りわらび餅
(差し入れのための試作です)


[PR]
by mulberryclub | 2016-04-07 11:07 | Comments(0)
<< 桑プロジェクト in 東白川村 3月生まれ蚕さんのその後とベランダ桑 >>