人気ブログランキング |

桑の葉の活用方法

各地にもらわれていった桑の苗たち、

写真を送ってくださった方々、ありがとうございます。

c0087899_08484168.jpg


c0087899_08484117.jpg




「どうやって使うの〜?」

はい、それでは、ご紹介いたします。


まず、摘んだ葉っぱを洗うところからスタート。

♦︎お茶にする

蒸し器に並べて3〜5分、
混み混みだったら、途中少し葉っぱを動かして、蒸気を全体にしっかり通します。(色止め、発酵止め)

ザルなどに広げて、しっかり乾燥させたらお茶の完成
c0087899_08484295.jpg


c0087899_08484296.jpg



お湯を注げば、飲めまーす。

煮出す方法もあります。
味がしっかり出ますので、お好きな方で、お楽しみください。

若葉ばかりを集めて、お茶になさる方もあります。
新芽のパワーが詰まっているのかもしれません。

ちなみに、蒸さずに、洗って乾燥させるだけでも、お茶としては飲めます。

ミントなどのハーブティーのように、生葉にお湯を注いでみましたが🤔
これは、、、😞
ちょっと青臭い香りがします。
一度乾燥させる方をオススメします。
c0087899_08484215.jpg


そこで、実験くん☝🏻️
ミントの葉(フレッシュ)と桑の葉(ドライ)をブレンドしたら、
c0087899_08060202.jpg

けっこうイケます。
美味しいです。
飲みやすいです。

桑の葉茶="マルベリーティー"として、ハーブティー屋さんで売っているとのこと。

桑の葉も「マルベリーティー」と呼ぶとオシャレ感でますねー❗️

♦︎料理に使う

柔らかい葉っぱを使って、天ぷらに。
衣をつけて、パリっと揚げます。
c0087899_08484274.jpg



茹でてお浸しというのもあります。

こちらの冊子に、ケーキや、和菓子、パンなどのメニューを紹介しておりまーす

c0087899_09265770.jpg



♦︎粉末にする
ザルに広げて乾燥させたパリパリの葉を

太めの葉脈だけを取り除いてミルサーで細かくしたら、保存容器に入れて冷蔵保存。
桑の粉末の出来上がり!
c0087899_08484396.jpg


これが使い道いろいろ✌🏻️
野菜不足を補う万能選手!

ふりかけ、
味噌汁にパラリ、
パン生地に入れる、
つくねやハンバーグなどに混ぜる、
天ぷらの衣やつけ塩に混ぜる、
などなど、、、

いろいろお試しください。

ただし、パウダーではないので、溶かして飲む、というには向きません。
お料理に使うのがオススメです。

いかがですか?

もしかしたら、まだまだ新しい使い方、
オススメの使い方あるかも❓❓❓


あ、大事な活用方法をひとつ、忘れていました。

"お蚕さんを飼う!"

一頭が一生に食べる桑の葉は25〜30グラム。ほとんど、4〜5令の時に食べまくる分です。
中サイズの葉っぱが、7枚くらいかな。

ロスも出るので、もう少し余裕を持って考えて。

赤ちゃんからでも約25日で糸を吐き始めるし、
頻繁な餌やりは最後の10日間ほど。

ひと夏の経験、できますよー。
c0087899_09142800.jpg








by mulberryclub | 2016-06-10 23:02 | お知らせ | Comments(0)
<< イオン八事のチアーズクラブ &... 足助の桑畑 ピンチ >>