足助 "上の桑畑" と "下の桑畑"

足助には二ヶ所桑畑がありまして

呼び方は、単純に「上の桑畑」と「下の桑畑」

「上の桑畑」は、もともと、この地で、養蚕が盛んだった頃からあった桑畑

とは言っても、何年も伸び〜たまま、
放置された状態からのスタートでした。

今から10年くらい前、
"森"から"畑"に、復活!

かなりハードな作業だった(そうです😌💦)

桑の木は丈夫な落葉樹。

根っこが残ってさえいれば、
春になると新しい若葉が芽吹き、
夏にかけて枝がグーンと伸びて、
葉っぱをたくさんつけます。

剪定せずそのまま伸ばせば、
毎年夏になるたびに、枝が増え、
ぐんぐん上に伸びていきます。
伸び放題の桑の森になっていた(そうです😌💦)


養蚕やお茶作りなどのために、葉っぱを利用するなら、枝払いなどのお手入れが必要。

背が高くならないように枝を短くカットしたり
余分な小枝を減らしたり、、、

そうして出来上がったのが、現在の桑畑の姿です。

c0087899_23060465.jpg


春の芽吹きの季節や
初夏のまぶしく美しい緑は
あふれる生命力を感じ、心が躍ります!

c0087899_23060492.jpg



幹は太く、葉っぱも肉厚。
頼もしい桑さんたちです。

畑に来たらきっとみんな、こう思うでしょう。

「おいしそう😋」



「下の桑畑」は、 3年ほど前に新しく土を起こし、苗を植えたところ。

初めは、50センチそこそこのちびっこちゃん。

c0087899_09211474.jpg


茶色い世界が、グリーンランドに変わりました。

c0087899_23461412.jpg



きちんと整列して、並んでいて、気持ちがいい。
大きく、太くなれよー
と親心。


春に苗を植えて、その年の夏には、もう葉っぱが採れます。
食べられます。
少なめだけど。

蚕も飼えます。
1本で、2〜3頭(匹)が精一杯かな。

c0087899_23060521.jpg


そして
次の年の夏には、さらにたくさんの葉をつけ、しっかり立派な姿になって、わっさわっさと揺れるくらい!

もう立派な桑畑。

c0087899_23060608.jpg





そんなわけで

2017年3月現在の "上の桑畑" と

c0087899_23060644.jpg


"下の桑畑"

c0087899_23060724.jpg


残念ながら今は、こーんな茶色い風景ですが、

よく見ると、もうそろそろ、芽が膨らんできています。

そして、もうじき

大好きな、若葉の芽吹く季節がやってくるよ〜🙌🏻

c0087899_23060800.jpg



c0087899_17293727.jpg




[PR]
by mulberryclub | 2017-03-03 11:11 | Comments(0)
<< ベランダ桑と桑ライフのすすめ ペポカルチャー教室 桑クッキング >>