<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イベントのお知らせ

豊田市環境学習施設eco-T「エコット」で開催される、エコットフェスタに参加します。
現在、展示物や、体験グッズなどを準備中です。
当日ブースでは、桑茶の試飲や、マルセイユ石鹸のお試しの他、子供達に人気の大根テッポウなどを用意する予定です。
ぜひ一度、お立ち寄りください。

☆エコットフェスタ☆
日時 : 平成26年6月1日(日)
9:30〜15:00
場所 : 豊田市環境学習施設eco-T
[PR]
by mulberryclub | 2014-05-24 20:59 | お知らせ | Comments(0)

真綿つくり

まゆ人形つくりの体験をされた方から、今度はぜひ真綿つくりをやってみたいとのご要望がありました。

そこで、今回、我々の活動場所である猿投にお招きして、真綿作りのプチ体験会をしました。

まずは、蛹を取り出した繭(切開まゆ)を柔らかくなるまで煮ます
c0087899_20301274.jpg

c0087899_2030665.jpg

水の中でほぐす
c0087899_2030791.jpg

伸ばし広げる
c0087899_20307100.jpg

どの工程においても多少のコツとワザが必要です。

約10個分の繭を広げ重ねたら、
水気をキュッとしぼって、干します。
猿投の風にそよぐ真綿は、乾くにしたがってキラキラと輝きはじめます。
まさにシルクの輝き✨✨✨
(後ろに写っているのは見事に満開の"なんじゃもんじゃ"さんです)
c0087899_2030957.jpg

この真綿を、機械で紡いで糸にする作業が、また難易度が高くて、、、
c0087899_20301033.jpg

c0087899_203010100.jpg

この機械がかなりの年代モノで、譲ってもらった時には壊れかけの状態だったのを、なんとか修理、工夫して、生き返らせた大切な遺産です。

最後は、今が旬の生桑の入った、フルーツスムージーを召し上がっていただきました。
c0087899_20301114.jpg

ぜひまた猿投に来てみたい、というご感想をいただけてよかったです。
[PR]
by mulberryclub | 2014-05-18 08:17 | 活動記録 | Comments(0)

桑で健康! 美味しく楽しく桑クッキング その2

先月に引き続き、天白区平針で、桑の葉クッキング講座を開催しました。

今回のメニューは、たまごボーロの桑入りバージョン"桑ボーロ"と、香ばしいクルミあんをはさんだ"もちもちどら焼き"
c0087899_21423355.jpg

そして、特別ゲストに、ウチの蚕さんたちを連れて行きました。
c0087899_21423483.jpg

お蚕さんを愛おしそうにながめたり、新鮮な桑の葉を与えて食べさせたり、、、
今が食べ盛りの蚕たちは、みるみるうちに葉っぱを平らげて、私たちを楽しませてくれます。

さて、講座では、桑の新茶のことや、桑畑の今の様子などをお話しした後、実習です。
c0087899_2142352.jpg


みなさんで協力しあって、たくさんの小さな小さな桑ボーロを丸めたり、
できるだけ大きさを揃えるようにどら焼きを焼いたり
c0087899_21423616.jpg

c0087899_214237100.jpg

桑入りどら焼きのキレイな緑色と、もちもち食感、中に挟んだクルミあんの香ばしさがとても好評でした。

もちろんご試食タイムは
いつもの桑茶と共に、、、
c0087899_21423796.jpg


さらに、猿投で摘んできた桑の若葉を蒸して乾燥焼きしたものをご紹介したところ、甘みがあって美味しいとか、パリパリしてアオサみたいな味がするとか、、、
新しい発見‼︎
c0087899_2142382.jpg


ご協力、ご参加下さったみなさんありがとうございました。
また来月も桑クッキング講座、開催します。お楽しみに。

ご興味のある方は、
当NPO (FAX052-977-4294又は、Eメール anp@mediacat.ne.jp ) まで、ご連絡くださいませ。
今後のイベントの予定など、ご案内いたします。
[PR]
by mulberryclub | 2014-05-13 19:43 | Comments(0)

桑の若葉を使って、、、

この時期にやっておきたいこと、
まだありました。

桑の若葉を使って"桑の葉クッキング"

いちばんのオススメは、なんと言っても天ぷらです
c0087899_10513881.jpg


少し厚めの衣をつけて、サッと両面を揚げます。もちろん揚げたてがいちばんです!
パリッと食感がサイコ〜。
くせもなくてあっさりとしています。
桑の栄養もぜーんぶいただきまーす。

次は、おひたし。
少し長めに茹でて、カツオと醤油でシンプルに。胡麻和えにしてもイイかもしれません
c0087899_10513875.jpg


さらに、挑戦してみたのは、桑の葉の粉末作り。
蒸して、乾かして、よりをかけて、乾燥させて、砕くと、、、
c0087899_10514411.jpg

これなら いろいろな料理に使えそうです。
[PR]
by mulberryclub | 2014-05-07 09:39 | 活動記録 | Comments(0)

シルクマルセル石鹸作り

春から初夏にかけて。

桑畑の手入れ、養蚕の他に、この季節にやっておく仕事がもうひとつあります。
それが、シルク入りのマルセイユ石鹸作り。

温度調整した各材料を、撹拌して休ませて、また撹拌して休ませてを繰り返すこと数時間。これを鹸化(けんか)と言います。
c0087899_1873086.jpg

牛乳パックで作った型に流して
c0087899_1873344.jpg

数日乾かして
c0087899_1873514.jpg

オリジナルの"石鹸カットマシーン"でカットして
c0087899_1873690.jpg

熟成させる(お餅みた〜い、ですが食べられません)
c0087899_1873783.jpg



すべて手作りのため、寒過ぎても暑過ぎても、ダメなのです。
そして、今作ったものは、最低3ヶ月は寝かせて、熟成させたら、やっと完成品になります。

c0087899_1872244.jpg


マルセイユ石鹸とは、、、

純粋なオリーブオイルが配合油の72パーセントであることが"マルセイユ石鹸"の条件。オリーブオイルだけでは泡立ちが悪く、溶け崩れやすいので、パーム油とココナッツ油を加えて作る、100%天然植物油でできた石鹸。
その中に含まれるオレイン酸は、肌に良いうえに、とても洗浄力が強く、かつ刺激性は最小と言われています。
泡立ちは非常にきめ細やか、泡ぎれもとてもよく、洗い上がりは、さっぱりしているのにしっとり。
さらに、無菌養蚕で育てた蚕からできた繭を煮出して、抽出したシルクセリシンをプラス。なので、保湿力が、さらにアップ。
水を弾く赤ちゃん肌が期待できます。
香料、着色料、防腐剤、品質安定剤など一切無添加。

使って頂いた方に、良かったわ〜といってもらえると、とてもうれしいです❗️

ありがとうございまーす。
[PR]
by mulberryclub | 2014-05-06 17:22 | 活動記録 | Comments(0)