人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

"糸あそび"しましょう

平針でやらせていただいている体験会、
今回は"糸あそび"です。

🔸その1🔸
簡単・楽しい
"指組みひも"でストラップを作る
c0087899_12551190.jpg



東京のシルク展で、組みひものプロ、龍工房の方に教えていただいた、指を使った組みひも作り。
ぜひみなさんにお伝えしたくて、今回の体験会のメニューにしてみました。

ストラップの先に付けたのは、「ちゃんちんもどき」
五眼龍菩提樹と呼ばれる丸い実です。

やり始めから、ちょいと難しかったかな、と思う場面にも直面しましたが、 お隣同士助け合って、それぞれのストラップが出来上がりました。
c0087899_12551343.jpg
c0087899_12555396.jpg

早速カバンにつけて下さる方もいらして、うれし〜です😊


🔸その2🔸
草木染めの繭から
ずり出し方式で繭から糸をつむぐ
c0087899_12551223.jpg



先日、猿投で染めた茜色の繭を昔ながらのずり出しというやり方で、糸をつむぎます。
c0087899_1255148.jpg



繭から直接糸を紡ぐので、とても手軽にできます。太さや節の加減も、それぞれのお好みで、
いろんな風合いが楽しめます。
c0087899_12555144.jpg

c0087899_12555187.jpg


繭の染まり具合も均一ではないので、自然のグラデーションが楽しめて
同じものはひとつとしてない
オンリーワンの紡ぎ糸が出来上がりました。

みんなで脳トレで、お疲れのあとは、
やっぱり👍恒例の桑茶タイム🍵
桑パウダー入りシフォンケーキとともに、ほっこりしていただきました😊
c0087899_12555276.jpg

by mulberryclub | 2014-11-27 08:59 | 活動記録 | Comments(0)

繭を染める 茜バージョン

まずはコレをご覧ください
c0087899_18392062.jpg

これぞまさしく 茜色❗️
今回は、繭を茜で染めてみました。
c0087899_18392167.jpg

根っこが赤いので"あかね"というらしい。
その、あかねの根っこを煮出してみたら
c0087899_18392091.jpg

思った以上に鮮やかな色が出てきました。
c0087899_18392321.jpg

あらかじめアルミ媒染に漬けておく
"先媒染"というやり方
c0087899_1839249.jpg

それから、水であらった繭を、あかねの染め液に入れたら
c0087899_18392396.jpg

繭は、素晴らしい茜色に染まったのです。
c0087899_18392722.jpg

今回は、同時に真綿作りもやってみました。
はじめは白い繭で
c0087899_18392518.jpg

c0087899_18392615.jpg
そして茜色に染めたものを少し重ねて、絞って干します。
c0087899_18392750.jpg

さっそく これを糸に紡いでみたらこんな感じ〜👇
c0087899_18392854.jpg

まだ、途中ですけど😅

茜色に染まった繭の美しさに感動し、歓声を上げている間、すぐ横に広がる桑畑では、雑草刈りに汗を流している仲間もいることを忘れないように。
c0087899_18393032.jpg

来年も、緑茂る元気な桑畑になるように、寒い季節のお手入れも大切なのです👍
by mulberryclub | 2014-11-21 17:19 | 活動記録 | Comments(0)

桑の葉で繭を染める

現在の桑畑、青々としていた桑の葉も、そろそろ黄色くなりかけてきました。
c0087899_21201485.jpg

今回の取り組みは、"繭を染める"
しかも、染め液には桑の葉を使った草木染め🌿
寸胴鍋に、たっぷりの桑の葉を入れて煮出します。
燃料は桑の枝、
とてもエコロジー✌️
c0087899_21201313.jpg

c0087899_21201310.jpg

c0087899_21201528.jpg

葉っぱの緑が溶け出してきました
c0087899_21201691.jpg

30分ほど煮出して、漉します。
緑がかった黄色?かな。
c0087899_2120171.jpg

そこに繭を入れて染液を染み込ませます。
c0087899_21201846.jpg
染みてる 染みてる 〜👏
c0087899_21201858.jpg
一度洗い流してから、
c0087899_21201962.jpg
用意した媒染液に浸します。
すると、、、
c0087899_21201697.jpg

今回挑戦したのは、鉄媒染。
同じ素材でも、媒染液によって、違った色に染まるので、ここはドキドキの瞬間です。どんな色に変化するのでしょうか

c0087899_21202038.jpg
もう一度、桑の葉の染液に浸して
c0087899_21202045.jpg
最後はしっかり洗い流し
c0087899_21202121.jpg
染め上がり〜🙌
c0087899_2120215.jpg
干して乾かしたものがこちら👇
c0087899_21202240.jpg

この後、これを糸にしていきます
こんな感じ
c0087899_21202274.jpg

これが、アルミニウム媒染だと、こんな色になるんです👀
c0087899_21202438.jpg


よく染まってるでしょ。
桑の葉で草木染め、
とても深みがあって、優しい色に染まります。
この素材を糸に紡いだら、、、
さて、何を織りましょうか。
楽しみです。

P.S.おまけのショット
草木染めの副産物、焼〜きいも〜🍠
c0087899_21202498.jpg

by mulberryclub | 2014-11-15 20:09 | 活動記録 | Comments(0)

矢北っ子大会で繭人形作りに挑戦

11月9日
愛知学泉短期大学 山本豊ゼミ
in 矢作北小学校

豊田市にある矢作北小学校で、愛知学泉短期大学の山本ゼミのみなさんが、子供会の役員さん方の協力を得て、約230人の子供たちと一緒に繭人形作りをしました。
c0087899_20272156.jpg

c0087899_20271945.jpg

マルベリークラブは、材料となる繭を提供をさせていただきました。
校長先生の挨拶に続いて、我々からも一言ご挨拶。
c0087899_20271532.jpg

学生さんたちが蚕について優しく熱心に子供たちに伝える様子
しっかり勉強してきたんだなーと感心👏
子供たちにもしっかり伝わりましたね
c0087899_20271636.jpg

うしさん
ぶたさん
うさぎさん
かえるさん
ひよこさん
それぞれ作りたいものに分かれて、はじめるよー
c0087899_20271497.jpg

子供たちが一生懸命に思い思いの繭人形を作り上げる様子
みんな静かに集中しています
c0087899_20271557.jpg

見守り、助ける、学生や子供会の役員さんたち
c0087899_20271857.jpg
c0087899_20272087.jpg

は〜い✋出来ました〜‼︎
c0087899_20271760.jpg

c0087899_20271778.jpg

それぞれが、それぞれの感性で、自由に創造し、作ってね。

そう、先生のおっしゃった言葉通り、みんなのオリジナル繭人形は、きっとその子らしさが表れているのだと思います。

ヨカッタ☺️ヨカッタ😊
by mulberryclub | 2014-11-09 18:58 | お知らせ | Comments(0)