<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

桑の葉のおかげ

☆桑の葉の活用を考える

「一家に一本桑の木運動」参加中の
ベランダ桑。
c0087899_10534062.jpg


そろそろ鉢をひとまわり大きくしてあげないと??
この桑のおかげで、天ぷら食べて、プチ養蚕して、、、あとは、お茶にしていただきましょうか??


猿投、足助の桑畑で
採ってきた桑の葉は、お茶作りのプロに頼んで桑茶にしてもらう。

その他にも、
自分たちでできること、
天日干し
c0087899_10533687.jpg

機械で乾燥
c0087899_10533911.jpg



ベストな状態にするために試行錯誤??

それって、家庭でもできることにつながる、はず。
これからの"桑ライフ"の役に立つ! はず

だよね。くわったくん⁉️
c0087899_10533827.jpg



素材は、猿投、足助で育った元気な桑の葉だから、間違いナシ!
農薬も化学肥料も使ってない。

先日の三沢の方の話によれば、葉っぱを干して乾かして、、、
はい、それで桑茶の出来上がり、と。
シンプルに考えたら、そーゆー事だ。

桑は野菜、野菜は干して戻して食べるから、桑も干して乾かしてお湯を注げば飲めるって事だ。

が、しかーし☝️

葉っぱのグリーンを活かしたい??
粉にしてお菓子や料理に使いたい??
葉っぱごと、栄養を全部摂りたい??
となると、
もう少し加工すると良い❗️

で、粉末にする✨

で、出来上がったものがコチラ??

桑入りのカスタードクリームや
c0087899_10533559.jpg
桑入りのせんべい✌️
c0087899_10533571.jpg

溶かしてすぐに飲めるのも便利。
c0087899_10533935.jpg


P.S.今回登場の"くわったくん"
こどもに人気があるらしい。
うれしいよ〜。
よかったね〜。
[PR]
by mulberryclub | 2015-06-27 08:45 | Comments(0)

岡谷、三沢地区の桑畑へ

☆ 長野県の岡谷、三沢地区。

地域をあげて、桑の活用に取り組んでいる。
桑の実畑を見学??させていただきました。
c0087899_22435136.jpg

c0087899_22434991.jpg

c0087899_22435029.jpg

今が収穫の時期。

ここの品種は"ララベリー"
とても実が大きくて、ジューシー❗️
こんなにジューシーなのは初めて❗️

毎日カゴにいっぱい採って、
冷凍して、
まとめて煮てジャムにするんだって。
ルバーブと一緒に煮ると、とろみがついて良いらしい。
ちなみに、これがルバーブ
c0087899_22435562.jpg


地元のケーキ屋さんとかには、ベリーをそのままで使ってもらおうと売り込み中。
さらに、これから、乾燥させてパウダーにする取り組みも進行中。

あの美しい色が、いろいろなことに活かせたら、楽しいですねー✨✨✨??

育て方など、とても親切に、わかりやすく教えてくださって??
お世話になりました。
ありがとうございます

桑の実はスーパー栄養フード。
アンチエイジングの味方。
c0087899_22435444.jpg

今回教えていただいたことを参考にして、
私たちもがんばりまーす??
c0087899_18385748.jpg




☆ 今年の夏も

岡谷蚕糸博物館「シルクファクト」は、
元気な、しだれ桑と
c0087899_22435299.jpg

お蚕さんたちが
c0087899_2243539.jpg

迎えてくれました。

先日、講演会に来てくださった館長の高林さんは、現在、インドに行ってらっしゃるそう。

インドにも蚕がいるんですかー!
って、驚き??

はい、インドの気候にあった品種の蚕がいて、養蚕しています、と。

スミマセン??勉強不足でした。

インドにおける、生糸、絹織物の生産は、中国に続いて世界第2位。
シルクのインドサリー、確かにステキ。


☆ そして、発見☝️

帰り道に寄った店には、さなぎのつくだ煮がパックで売っていた。
さすが長野県。
c0087899_22435411.jpg


その隣には、蜂の子、イナゴが並んでいた。
さすが長野県????
[PR]
by mulberryclub | 2015-06-22 14:16 | 活動記録 | Comments(0)

まゆプロジェクト "IEYASU"

突然ですが、
ジャーン!!
"IEYASUくん"と申します。
c0087899_19194394.jpg
c0087899_19194479.jpg



愛知学泉短期大学の山本ゼミが製作した繭人形の作品(商品)です。
道の駅藤川宿での販売(7月から)に向けて、ただいま準備中。

私たちの育てた蚕の繭が、こんなところでも活躍中??
ありがたいねー

IEYASUくん ガンバレー??

お蚕さんガンバレー??

桑の葉採りガンバルヨー??
[PR]
by mulberryclub | 2015-06-19 15:44 | お知らせ | Comments(0)

桑入りわらび餅作りと製糸遊び

夏はひんやり わらび〜もち??

平針の体験会、
今回は、作りたての桑のパウダーを使って、わらび〜もち。
c0087899_1401492.jpg


材料はわらび粉と砂糖と水、そして桑パウダー。

よく混ぜて火にかける。
c0087899_1401554.jpg


しばらくすると、
急に??
底から透き通って、固まってくる、
c0087899_1401664.jpg



全体が、きれいな翡翠色になるまで、がんばって混ぜながら火を通すべし。
c0087899_1401862.jpg



きな粉を振ったバットに広げて、カットする方法。
c0087899_1401847.jpg



スプーンですくって氷水に落とす方法。
c0087899_1401912.jpg



バットに広げたぷるぷる生地を、ドレッジでスカッとカットするのは、気持ちいいもの。
切り口は、これまたきれいな翡翠色がキラリ!

スプーンですくう時は、できるだけ小さめでかわいいサイズがオススメ。

ついつい大きくサイズになっちゃうけれど、みんなでやれば、がんばれる。

まぶしたきな粉は2種類

ひとつは、桑の色に合わせて薄いグリーンの"青大豆きな粉"

もうひとつは、きな粉とシナモンと
"冬虫夏草入り"
香ばしいもの同士、味は馴染んでおりました。

お皿に残ったきな粉はもちろん残さず食べていただきます。

冬虫夏草には、元気の素アルギニンがいっぱいだからねー??
c0087899_1402082.jpg


試食の後は、
なんちゃって製糸体験❗️
c0087899_140202.jpg



繭から生糸をとるって、こんな感じ〜。
簡単な手作りの装置 (⁈) で。

糸が細すぎて、

あれ〜? どこ〜???

この辺にある???

もはや手探り。

あるある〜。とまわりの声。
c0087899_140211.jpg


昔、、、家で蚕を飼っていたという話は、たくさん聞くけど、
なにしろそこは分業の世界、繭を出荷したらそれまで。
糸作りは知らん!ってことで。
c0087899_1402216.jpg



なんちゃって製糸体験でしたー??

ちなみに、本格的なのは、岡谷蚕糸博物館で体験できます??
[PR]
by mulberryclub | 2015-06-15 14:56 | 活動記録 | Comments(0)

桑の実で、、、

桑の実で、草木染め。
どーですか〜??
この色✨✨✨
c0087899_20125174.jpg


おいしそーっ(๑´ڡ`๑)
あ、それは実の方ね。

自然のやさしさを感じる〜??

繭を煮ほぐして、
糸に紡いで、
染めて、
やっとこれだけの糸になったよー??

さて、このあと。
なにつくろー
なにつくろー

肌に優しいシルクの、、、???
何かを編みます!

完成したら報告します????

こちらは桑の実ジャム
c0087899_20125451.jpg


アントシアニンたっぷり
ベリーベリーグッドでございます。


今週、猿投での作業は、桑パウダー作り。
c0087899_20125290.jpg

c0087899_20125323.jpg


畑で籠いっぱいに摘んできた桑の葉を
3日ほど天日干しで、しっかり乾燥。

荒く砕いてから、製粉機でさらに細かくして、100メッシュのふるいにかけたら、桑パウダーの出来上がり。
c0087899_20125338.jpg


これを使って、ケーキやパン、うどんやパスタ、和菓子などなど、、、
いろーんなレシピを開発中✌️

6/15の平針体験会では、
桑入り きれいなグリーンの"わらび〜もち"、つくりまーす。

毎朝の健康ジュースにも、小さじ半分くらいずつ入れてゴックン。

健康が一番の"たから"だから、ネ??
c0087899_20245671.jpg

[PR]
by mulberryclub | 2015-06-12 13:38 | 活動記録 | Comments(0)

都あさぎの繭作り

1週間ほど前、とにかく食べて、ぐんぐん大きくなった"都あさぎ"くんたち

いま、せっせと繭作りしています。
c0087899_9274666.jpg

c0087899_9274323.jpg

中には二頭一緒に作っちゃう子たちも。
(写真の左下がそれ)

はじめから二頭で作り始めたのではなくて、後から来た子が入り込んで、
「お邪魔しまーす」みたいなことが起こって、こうなってるんだけどねー。

できた繭は"玉繭(たままゆ)"といって、普通の繭より大きくて、まるっこい!

こうなる可能性は、全体の約2〜3パーセント。

普通の糸繰りをするには、扱いが難しいから、くず繭と言われたりもする。
けど、これが、"玉糸"という特殊な糸にすると、優れものの糸ができるらしい。

どんな世界でも、こういうことってあるんだよねー。
見方を変えると、、、違ってくる✨✨

そして、こんな話も!
雄と雌の組み合わせであることが多く、縁結びのお守りになるんだとか??

貴重品だわ〜
しかも、これは
かがやく黄金色〜〜✨✨
金運もあがるかしら〜??

お蚕さんの玉繭作りの応援しながら、出来上がりを待ちます。
c0087899_9275451.jpg




★ここでひとつご報告。
5/25に、名古屋の新栄町に「学び舎マム」という、働くママの学ぶスペースでのイベントがあって、桑クッキング"してきました。

「混ぜて焼くだけ簡単豆乳スコーン」
c0087899_9275030.jpg


これからも、
桑のいいところイロイロ、
楽しく作って、食べて、お伝えしていきまーす。

そして、
お蚕さんのカワイイ癒し効果、こちらもオススメしてます??
状況に応じて、連れ行ったり、お見せしたり。
百聞は一見にしかず、だからね。
c0087899_9275152.jpg

[PR]
by mulberryclub | 2015-06-05 07:37 | 活動記録 | Comments(0)