人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

万能野菜"桑"の栄養

本日は桑の葉の栄養について、
復習。
c0087899_22504019.jpg



なんといっても、
まずは、食物繊維の多さ❗️
青汁の原料で有名なケールの20倍‼️
便秘や野菜不足でお悩みの方、
腸内フローラ活性化のためにも、
たいへんありがた〜い成分です👌🏻

そのほか、
カルシウムは小松菜の1.5倍❗️
カルシウム不足だと、イライラしちゃうんだよ〜😣

鉄は小松菜の15倍❗️
特に女性の鉄不足は深刻、貧血だけでなく、疲れやすくなったり、頭痛、肩こりの原因にもなるとか😖

カロチンはほうれん草の10倍❗️
活性酸素を抑え、免疫力アップ。
風邪ひかなーい😊

野菜には珍しい、亜鉛も。
亜鉛不足による味覚障害はよく知られていますね。
肝機能を高めるので、二日酔い予防にも、いいんだよー👍🏻
飲む前に飲む!って、どこかで聞いたような、、、。

そして、ダイエット中
太りにくいカラダ作りをお考えの方は、
ぜひ、
食べる前に飲む!

桑茶に特有の成分DNJ(デオキシノジリマイシン)が、小腸での糖の吸収を抑え、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる。太りにくい。

いっぱい食べる君が好き🎶のCMでおなじみの、某商品にも含まれてるわけです。
c0087899_22504173.jpg


DNJの血糖値の上昇を抑制する働きは、
糖尿病の予防、改善にも効果が認められていますし、
動脈硬化の予防、
血圧の正常化など、
生活習慣病の予防、改善に。
ただし、薬のように急には効かない。
その代わり副作用の心配がない。
野菜だから🌿

ポリフェノールの働きで、
カラダのサビつきを防いで、血液サラサラ、アンチエイジング。

まさに万能野菜、健康食材の鏡ですねー。
c0087899_22504138.jpg


いま日本で、桑を栽培しているところは少ないので、(少なくなってしまったというべきか)
中国など、外国から輸入しているものもたくさんあるらしい。
シルクも輸入、桑も輸入、
残念です😓

せっかくカラダによい素材なのだから、
無農薬、無添加、が望ましい。

葉っぱは、取ってから4時間以上経つと、成分が変わってしまうから、
地産地消、または自給自足が望ましい。

長野県の岡谷市では、
"一家に1本桑の木運動"を提唱☝🏻️

それを見習って、ウチはベランダでプチ桑ライフ。

今日もせっせと(というほどでもないけど)水やりしてます。

ちなみに、植物にも声掛けが大切らしいので、元気になれよ、とか、大きくなーれとか、お水おまたせーとか、
声掛け水やり実施中。

猿投の桑畑は、ウチよりも2℃ほど寒いので、そろそろ葉っぱが黄色くなって、枯れてきてる。

日に日に寒くなり、
日に日に葉っぱが落ち、
冬の桑畑になっていくー。

川べりや道路脇の自生の桑も、あちこちで、雑草の刈り取りと共にバッサリ切られていく風景を、最近よく見かける。

来年になったら、又、又、又、グーンと伸びてくるのを待ってるよー、桑さん。


by mulberryclub | 2015-10-30 08:13 | Comments(0)

横浜「シルク博物館」へ

横浜の山下公園近くにある、シルク博物館。
どんなものが、どんな風に展示されているのかな〜?
いざ、見学。

まずはここのキャラクターくん
"まゆるん"
c0087899_12382118.jpg

なるほど、
まさに "ゆる" キャラ⁉︎


★テーマその1 「シルクって何?」
c0087899_12382138.jpg


映像と、壁の写真ボードと、大きい本のようなめくって読むもの、
の3種類で展示してある。
わかりやすい。

そーだったんだー。
テンションが上がりすぎた私は、
映像を、画面ごとに必死で写真に撮ったあとで、そのことに気がついた😓

その中でも、蚕の糸を吐く口(吐糸口)のこんなに拡大した写真は、今まで見たことがなかった。
この、小さな口から、1000メートル以上のかがやくシルクが、途切れることなく、吐き続けられているんだよねー。
神秘だ!
いや、神業か!
c0087899_12382264.jpg




★テーマその2 「養蚕の流れ」
c0087899_12382284.jpg

いまさらだけど
糸をとるために飼うということは、
趣味とか、観察のために飼うのに比べて、
整える条件などが、すごく細かく決まっている。

糸をとるための養蚕は、成長に合わせた、細かい温度管理、湿度管理、病気対策、などが必要となる。

いかに品質の良い糸がとれるか、
つまりは、いかに高く売れるか、
だからかな。

養蚕はとても気をつかう作業であり、
だからこそ、
それを、昔の女性たちは愛情を持って、育てていたとも聞く。

私たちは、自分たちの飼う目的に合わせた、飼育方法で、
いちばん最適なやり方を探っていこう。
と思う。


★養蚕道具もいろいろ展示。

これは、蚕室の温度管理用の暖炉。
蚕蛾や桑の葉の模様がついているところが、かわいい。
c0087899_12382219.jpg





★機織り体験
機織り体験も出来るようになっていて、
その仕組みも詳しくわかるようになっている。
それでもわからないことは、質問すると、詳しい話を教えに来てくれた。
c0087899_12382223.jpg

ちなみに、機織り体験は、ひとり2往復まで。
らしい。


★糸繰り体験
c0087899_12382210.jpg


いろんなタイプの、体験のための簡易式糸繰りがあるものです。
ここでの発見は、これ!
c0087899_12382387.jpg

稲の穂先で、と言われている、糸端探しが、歯ブラシでも出来ちゃうとは。
なるほど確かに。
できました。

★資料コーナー
蚕、絹関連の本や資料が、本棚に並んでいて、
調べるには最適。
小学生とかの研究発表モノから、専門書まで、いろいろ。
図書室には、さらに多くの図書や資料が収蔵されているらしい。(要予約)

まゆ人形作り体験コーナーもあり、
本格的なものが出来そうでした。
これは展示物ですが。
c0087899_12382354.jpg


★ショップ
売店には、シルクスカーフやストール、チーフなどが、たーくさん!!
(値段もお手頃で)
色とりどり、きれいでした〜✨✨✨


★特別展とビデオコーナー
別フロアーでは、江戸小紋の特別展が開かれていたけど、
時期によって、くみひも体験とか、真綿作り体験とか、変わるらしい。
またの機会に、やってみたい。

その一画に設置されていた、小さいビデオ上映コーナー、
座る席は4つ。
1本が30分前後で、いろんなテーマが用意されてる。
興味深いものがいくつもあって、
ぜーんぶみたいけど、そうもいかず、
選んだのが、
「現代にいきる蚕種製造技術」
これには、おどろいた!
c0087899_12382307.jpg


"製造⁉︎"
そうなんです。
まさに、製造作業だったんです💦

さなぎの入った繭から、
さなぎを取り出し、選別し、雄雌をカップリングさせ、、、、
ある意味機械的になされる蚕種(蚕の卵)製造。
YouTubeで検索したら出てきました。
興味のある方は、どうぞ👇🏻
→「現代に生きる蚕種製造技術


見学終了。

シルクと蚕のことを、子ども世代にも、わかりやすく伝えようという想いを感じるところでした。

よかった、よかった👏🏻


余談ですが、近くには、中華街、山下公園、大さん橋、赤レンガ倉庫、夜景などなど、
周辺見どころもたくさん!

頭も、お腹も、心も、大満足です。


















by mulberryclub | 2015-10-27 10:14 | Comments(0)

とよたまちさとミライ塾 敷島会館編

万能野菜"桑の葉"料理体験と、蚕・繭の使える話

第1回目を
10/18 敷島会館で開催しました

「桑入りの手打ちうどん」と
「くわクッキー」

講師のデモに続いて、
早速スタート。

"こねる"
c0087899_22471187.jpg


"伸ばす"
c0087899_22471125.jpg


手つきバッチリ!
c0087899_22471167.jpg


"切る"
c0087899_22471176.jpg


切ったらすぐにほぐす息もピッタリ!
c0087899_22471198.jpg


葉っぱ型の型抜きクッキーに
葉脈を書く
この真剣な眼差しをご覧ください!
c0087899_22471285.jpg

c0087899_22471214.jpg


みんなで盛り付け
c0087899_22471201.jpg


いよいよ 試食タイム〜😋
c0087899_22471240.jpg


これが今回の出来上がり。
c0087899_22471346.jpg


今まで、桑の栄養とか、使い道なんて、知らなかったー。とみなさん。

まだまだ声を大にして、たくさんの人に知っていただかないとね!
がんばろ。

そして、またひとり、庭に桑を植えてみようかなって人が現れた。
めでたしめでたし👏🏻

今回は、
コイケヤクリエイトさんと
ひまわりネットワークさんがダブル取材!
有難うございます。

ひまわりネットワークの映像は豊田市のホームページの「とよたNOW」でご覧いただけます。よろしく〜。

広がれ "桑ライフ" 🍃🌿







by mulberryclub | 2015-10-21 22:07 | 活動記録 | Comments(0)

シルクサミット2015 in 長浜

1年ぶりのシルクサミット。

昨年は岡谷蚕糸博物館での開催でしたが、
今年は長浜。
c0087899_17320877.jpg


秀吉ゆかりの歴史ある町、
駅前には、秀吉と三成の出逢いの像ってのがある。
c0087899_17320871.jpg


"浜ちりめん"が有名で、かつては養蚕農家もたくさんあった土地らしい。

さて、今回の講演でも、絹と蚕について、
「へぇ〜⁉︎」の数々。

★絹絃の製造工程とその音色の魅力について

三味線、など和楽器の絃(弦ではなく絃!)
に使われる、絹絃のお話。
そもそも、三味線など和楽器の絃が、絹製だと知っている人も少ないのでは?
絹という、蚕が吐いた天然素材だからこそ出せる、ゆらぎ的な音色が、耳に心地良く響くのらしい。

演奏家さんによって、求める音色が違うそうで、それぞれを選び、調整して、作り上げるものもある。
さすが、職人ワザ👍🏻

糸繰りも上げ返しも、とにかく低速。
ゆっくりでないと、糸がピンピンに張ってしまっていい音が出せないそうで。

絃の色は黄色。
昔から黄色。
何故だかはハッキリしないが、黄色。
ウコンで色をつける。
c0087899_17320978.jpg


なかなか和楽器の音色を聴く機会は無いけれど、今度聴くときは、今までとは違った意識を持って、聴いたり見たりできそう。


★シルク製品の近年の傾向

ファッション業界で、昨年からの傾向は、
「 ノームコア (究極の普通) 」と
「 エフォートレス (肩肘を張らない) 」

だから、上質な日常というものを求め、普段着にシルクを使ったものが増えている。

シルクの特徴☝🏻

吸水性、発散性があり
保温性、通気性も優れ、
紫外線をカット、

軽くしなやかで、
独特の光沢と気品がある。

機械がいくら頑張っても、未だに蚕の吐く糸を超えることはできない。
おかいこさま、スゴイです‼️

見た目にも美しく、着心地も最高。

天然素材の中でも、絹は、動物性タンパク質のものだから、いちばんヒトの肌に合うのでしょう。

みんなが着たくなるシルク素材。
ますます、お蚕さんにはがんばってもらわないといかんですねー。


★カイコを用いた組み換えタンパク質生産

バイオ薬品を作るのに、役立てようということで、お蚕様に白羽の矢が!

蚕は、優れた「タンパク質合成システム」ですから👏🏻

これまた、お蚕さんの活躍が。
大忙しの働きもの、だね。


★蛍光シルクを用いた製品開発

新聞やネットなどでは拝見していた
例の、あの、

光るシルク❗️ のドレスです。

会の初めからずっと舞台袖に飾ってあって、気になっておりました。
c0087899_17320912.jpg

最後にとうとう、LED光線をあてられて、光りました〜👏
c0087899_17320947.jpg


幻想的な光です。

クモ糸シルクに蛍光シルク、、、
次はいったいどんなシルクが飛び出すのやら。
想像してみるのも面白いかも。


最後に、岡谷蚕糸博物館館長の高林さんにお会いして、、ご挨拶、、、👀 !!
おぉっ! コレは!

c0087899_17320989.jpg


わかる人には一目でわかる、レアものでした。

今回も、来てよかった。聞いてよかった。シルクサミットでした〜😊✨



最後にひとつ☝🏻耳寄り情報👂🏻

シルクサミット参加の前に、長浜の町を少し歩いていたら、こんな店を発見。
c0087899_17321059.jpg


繭と絹の店‼️
これは、立ち寄りマストでしょう。

シルクに囲まれてツヤツヤお肌のお母さんが、いろいろ教えてくれました。
店内、あれもこれもシルク。
食べるシルクの効用書きは初めて見ました。
c0087899_17321085.jpg


by mulberryclub | 2015-10-17 17:29 | Comments(0)

草木染め体験会 "オトナの遠足"

10月8日 気温 16度
秋晴れです。

今回の体験会は、平針のお部屋を飛び出し、足助で開催。
まずは、お迎えの準備。
テント張り
シート広げ
c0087899_21155434.jpg

そして、
焼き芋の仕込み。
c0087899_21155448.jpg


名古屋の平針から来てくださった、ご婦人たち、ご到着。
c0087899_21155488.jpg


簡単に本日の流れを説明してから、
早速、草木染め体験はじまりまーす。
c0087899_21155401.jpg


今回、染めるのは
こちらのシルクスカーフ。
茜染めと桑の葉染め、どちらにします〜?
c0087899_22042935.jpg


まずは、桑の葉を摘んで、煮出す。

想定外の強風にあおられ、少々苦労しましたが💦
c0087899_21155540.jpg


なんとか、染液が出来上がり、
徐々に桑の色素は、ハンカチへとはいっていきました。
つまり、染まったということ。

c0087899_21155525.jpg

布の色が、だんだん変化していく様子は、とてもワクワクする。

さらに、媒染液につけた時に、色が変化する瞬間は、期待が高まります。
c0087899_21155562.jpg


作業も半ばを過ぎ、
お腹も空いたところで、ちょうどお昼。

"桑の葉茶めし"は、みなさんに手伝ってもらっておにぎりにして。
元気の出る"冬虫夏草入りのだご汁"
火を起こした際の副産物"焼き芋"
c0087899_21155578.jpg

持ってきてくださったミカンや、お菓子も登場。

青空の下で、ワイワイ、賑やかに、
なんだか遠足みたい。

たのし〜"オトナの遠足"

そして、こちらが完成品。
手前は茜染め、奥の黄色いのが桑の葉染めです。
c0087899_22042940.jpg

c0087899_09043662.jpg



遠くまで来てくださって、
我々の活動拠点を見てもらって、
また一つ、平針の方たちとのつながりができたようで、うれしいです。

草木染めも、さらなるバージョンアップをして、また楽しんでいただけるよう、頑張ります‼️


by mulberryclub | 2015-10-08 15:00 | 活動記録 | Comments(0)

桑の生命力

先日、蚕のエサとなって、葉っぱをほとんど取ってしまったウチのベランダ桑、

その枝の先端から、又、又、又、出てきた"桑"の葉。
c0087899_09303090.jpg


c0087899_09303069.jpg

c0087899_09303020.jpg

ここ数日、秋晴れが続き、まだいける!と思ったのでしょうか。

春の若葉と比べると、肉質は硬めですが、色は同じ、若〜い!

「がんばれよ」と声をかけました。

こちらは、猿投の桑の木。
少し前に、台風の大風で折れてしまった枝の下から、ちゃんと、次の葉っぱが出てきています。

c0087899_09303047.jpg

「がんばって!」




by mulberryclub | 2015-10-07 09:18 | Comments(0)

豊田市立中山小学校「桑の木と人のくらし」その後

中山小学校での授業、うれしい反応をいただいてます。
c0087899_08181076.jpg


振り返りの授業で、子供達が書いていたのを読ませてもらったら、
その観察力、記憶力、様々な視点に驚かされました。

数日後には、私たちに宛てた手紙もいただきました。
当日のこと、そのあとで思ったこと、考えたこと、みんながそれぞれ、一生懸命に書いてくれて、ありがたいなーと思いました。

そこから、さらに発展して、
子供達からは、どれが桑の木か探しに行きたい、という声があがったようで、

学校の周りの桑の木を探しに行こ〜❗️
c0087899_08181062.jpg

みんなで、校外へ。

どこかなー?
どれかなー?
c0087899_08181057.jpg


「あれは、、、?」
「残念、ニセモノだねー😔」
「これは、、、?」
「おー、正解!👏」
c0087899_08181109.jpg


「僕が見つけたよー」
「こっちにもあったよー」

「これってお茶になるの〜」
「クッキーはどうやって作るの〜」

桑探し散策の終わる頃には、かれらは、もうすでに、かなりの桑博士。

実はこの日、桑の葉判定の特別審査員として、"お蚕さん"を連れて行ったのですが、
たまたま、脱皮前で食欲不振のため、判定できず😅
c0087899_08181180.jpg


ざんねん、、、

お蚕さんの出番なし。
と思っていたら、

子供達が、
桑の木を見分けられるようになったし
どこにあるかもわかったし
じゃあ、みんなでエサを取ってきて、
お蚕さんを育ててみたい。と。

やったー! 良かったね〜。
お蚕さんみんなに可愛がってもらえることになりました。
今頃、それぞれに名前がついてるかも⁉︎😊

立派な蛾になるまで、がんばれー。








by mulberryclub | 2015-10-07 07:15 | 活動記録 | Comments(0)

草木染めで "幸せの黄色いハンカチ"

今月の平針での体験会は、初めて、外に飛び出しまーす🍃
開催は10月8日。

それに向けて、今日は、試し染め〜〜😀

と言っても、草木染めは、その時その時の微妙な条件の違いで、思った色になったりならなかったり、、、

今回お試ししたのは、シルクの生地に、インド茜染めと、桑の葉染め。
c0087899_21220464.jpg


c0087899_21220543.jpg


去年の今頃、初めて見て感動した、茜染めの美しい色
c0087899_21220526.jpg

(2014/11/21の記事より)

あの色を再び、と思ったら、、、
アレ❓
なんか違う❗️
c0087899_21220556.jpg

オレンジ色⁉️

染料の濃度だけでなく、季節、風、気温、時間、素材など、いろーんな条件が組み合わさって得られる、その時限りの色なのだと知りました。

思ったように染まるときもあれば、予想と違うときもある。
むしろ思い通りにならないことの方が多いそう。

桑の葉染めも、またまた予想とは違う!
薄いうぐいす色を狙っていたのですが、、、

c0087899_21220631.jpg


あれあれ〜?黄色になってる😳💦

草刈りに出かけている仲間を待つ、
"幸せの黄色いハンカチ"になりました〜

c0087899_21220691.jpg


時期によって葉っぱに含まれる色素が違うからなのか❓

茜染めは、まさに茜空の色。
還暦祝いのプレゼントに、桑茶とセットでいかがかしら💁✌️

ただ、言えることは、
どれも草木染め、自然の色、自然界の色、
だから、失敗というものはない、ということ👌
その時その時の色を楽しみましょう。
ってことで。

果たして体験会本番は、どんな色に染まるでしょうか〜😊








by mulberryclub | 2015-10-02 20:12 | 活動記録 | Comments(0)