<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

蚕業革命 カイコがつむぐ新物質 (Eテレサイエンスzeroより)

c0087899_08074849.jpg

こんなことが起こるとは⁉️

今年5月にご講演いただいた今村先生の演題を覚えていますか?
「いま蚕の進む道」
でした。
蚕の進む道は、なんだかたくさんあるようです。

お蚕さんは引っ張りだこの大忙しです。

さすが! 人類と共に5000年歩んできただけのことはありますね👏🏻

せっかくなのでこの番組、文字にして残したいと思い、ほぼテレビの内容にそって、記録させていただきます。

人類と共に5000年歩んできた生物"蚕"
しかし、いま、カイコは、ただ糸を吐くだけの生き物ではないのです。
c0087899_11203149.jpg


カイコには高いたんぱく質生産能力があります。
その能力を利用して、カイコにいろいろなたんぱく質を作らせることができる、
カイコは非常に優れた"生物工場"として、需要が高まっています。
そして、産業化へのカギを握るのは、日本古来の養蚕業です。

さあ 新たな蚕業革命⁉️ の幕開けです

カイコのからだを薬を作る工場として利用する = カイコは"昆虫工場"
c0087899_11203242.jpg


カイコの体の中で、薬となる物質(インターフェロン)をつくっています。

カイコ一頭で、製品としてのインターフェロンが数十本分。

カイコと言えば"糸"のイメージでしたが、体内で薬を作り出す、とは驚きです。

では、なぜ、カイコを使うのでしょうか?

答えは、カイコのたんぱく質生産能力の高さにあります。
カイコの体はほとんどたんぱく質で出来ていて、その体重は一ヶ月で1万倍に増えます。
c0087899_11203275.jpg


しかし、カイコの体から薬の成分を取り出すのは手間がかかります。
それが、かんたんに取り出せる方法、あらわる。
カイコの遺伝子組み換え、この光るカイコにヒントが!
c0087899_11203223.jpg


2008年にカイコのゲノムは完全解読されています。
カイコの吐く糸、繭に、その成分を待たせて、繭から取り出す方法です。

また、糸の性質を変えることで
新素材の開発もはじまっています。
他の生物が持つ有用な機能をシルクの中に取り入れる
オニグモの遺伝子を組み込んで作る"クモ糸シルク、人口血管、コラーゲン入りシルクで化粧品など
c0087899_11203326.jpg


長期保存が可能であることも、繭の利点。
c0087899_11203329.jpg


はたして、遺伝子組換えカイコは、普通の養蚕農家でも飼育可能か?

現在検証実験中。
数年以内には養蚕農家での飼育実用化が可能、
そうなれば、日本の養蚕業の衰退を救うカギとなる。
c0087899_11203338.jpg


日本にはもともと、養蚕業の伝統技術があるので、地の利、人の利が残っている。
しかし、
15年前には6310戸だった農家が、2014年には393戸のみ、しかも高齢者。
c0087899_11203560.jpg


興味を持つ若い人も現れて、新たな養蚕として光が当たる期待をもたれている。

遺伝子組み換えカイコを使った蚕業革命も、もうすぐだと、期待している
c0087899_11203561.jpg


以上、
だいたいこーんな内容でした。
いかがです?

養蚕農家の数が、再び増える可能性もある、と言ってました。
むかーしむかーし、カイコを大切に愛情を持って育てていたのは女性たち。

ということは、
もしかして
これからの時代に、"カイコ女子" ってのもイケるかも⁉️
c0087899_11203569.jpg


そしてお蚕さんに食べさせる桑、桑畑の手入れをするのは、"クワ男子"のお仕事❗️

"カイコ女子"と"クワ男子"
で、がんばれニッポン。












[PR]
by mulberryclub | 2015-11-28 20:18 | お知らせ | Comments(0)

とよたまちさとミライ塾 エコット編

今こそ桑ライフはじめよう!
万能野菜"桑の葉"料理体験と、蚕・繭の使える話

先月の敷島会館に続き、第2回を
「豊田環境学習施設エコット」で開催。
c0087899_12561997.jpg


まず受付には
4令のお蚕さんたち、と、毎度おなじみ大きなカイコ("おおいしまるお"と申します)
c0087899_12561924.jpg


いきなりのお出迎えに
後ずさりする参加者も、、、💦

大丈夫、蚕を食べたりはしません。
あ、ちなみに、韓国では、蚕の粉末が糖尿病にいい、とかで、
こんな本まで出ています。
c0087899_11434470.jpg


さて、第1回目の敷島会館(10/18開催)では、参加者の中に子供が5人いて、親子教室のような雰囲気もあったり、それまで、桑についてほとんど知りませんでした、という方が多かったのですが、

今回は、
すでに自分で桑茶を作っている方、
この葉っぱは桑ですか?と葉っぱ持参の方、
など、すでに"桑ライフ"に一歩踏み出した方が来てくださったのは、嬉しい驚きでした。

そうそう、先ほどの、持参された桑の葉、最終ジャッジを担当したのは、
"お蚕さま〜"
c0087899_12561913.jpg


どれどれ、、、ふむふむ、、、
これはイケるな〜、、、むしゃむしゃ👍🏻
やっぱり正解。桑の葉でしたね😊

では、さっそく、実習のうどん作り、

手順は
混ぜる→捏ねる→ねかせる→伸ばす→切る→茹でる→食べる

食べるまでの道のりは長い!
頑張りましょう💪🏻

桑パウダーを混ぜた小麦粉に、塩水を合わせて、混ぜる。そして、捏ねる。

「捏ねる時間は約10分です」
「えー😫」(そんなに〜!)
c0087899_11434529.jpg


c0087899_11434551.jpg


ぱらぱらで、ザラザラで、かた〜い塊を
こねてこねてこねて、、、

ツルツル、スベスベ、弾力がでてきたー

はいオッケー👌🏻です。

丸めてビニール袋に入れて、休ませてから、伸ばして切りまーす。
c0087899_11434564.jpg

c0087899_11434528.jpg


なんとなーく四角いものから、きっちり四角いもの、とにかく伸ばして切って、
ここまできたらゴールは近いです。

切った生麺は、冷蔵庫で保存できます。
たっぷりめの片栗粉をまぶして、ふんわりと容器に入れて、冷蔵庫へ。
2日くらいは大丈夫。

手打ちうどんでおもてなしというのはいかがかしら😋
前日に仕込んでおいたらバッチリ〜👌🏻
しかもライトグリーンの麺だったら、さらにビックリ〜👌🏻👌🏻
ふつうの麺より太りにくいし、栄養があるんだよ〜と聞いて、またうれしい〜👌🏻👌🏻

たとえば、
サラダうどんのように、トマトやレタスをトッピングしたら、こんな感じ!
c0087899_12561937.jpg


今日のトッピングは海苔だけですが😓

召し上がっていただきながら、お話タイム。
c0087899_11504165.jpg


c0087899_11434544.jpg


簡単な自家製桑茶の作り方
豊田の桑の今・昔
桑の利用法いろいろ
蚕や繭、さなぎの話、など。

みなさん真剣に聞いてくださり、ありがたかったです。
実際に、健康食材としての桑の良さを体感してみえる方が身近にいることで、われわれも自信を持って桑ライフのススメをひろげていけます。

今回もまた、桑を育ててみたいという方、数名あらわる!
バンザイ🙌🏻

そして、みなさんきっと、春になったら桑の天ぷら食べてみようかなって、思ってる?

参加者の中には、野菜ソムリエの方もみえて、桑は万能野菜って、わかっていただけたようでした。そこからまた広げてもらえたらうれし〜です。

桑の葉が季節(春)の野菜としてお店に並ぶ日も近いかも😉

春の葉っぱは、お蚕さんも喜んで食べるので、なかよく分け合いましょう。


最後に、
こうした体験会を開催していていつも思うのは、同じ内容の講座でも、毎回、違うなーってこと。
年齢も性別も違えば、講座に求めるものも違う、全体の雰囲気もノリも違う。
まさに、LIVE(ライブ)

体験会という名のライブ
アンコールの声がかかるように
がんばろー💪🏻


[PR]
by mulberryclub | 2015-11-22 19:01 | 活動記録 | Comments(0)

桑の木の手入れ

紅葉の美しい季節、ですが。

猿投の桑の葉っぱは、黄色くなって、枯れて、すでに落葉真っ最中。
c0087899_09580723.jpg


冬の桑畑の風景へと変わっていく。

残念ながら、台風や、猪のいたずらのせいで、折れてしまった枝、
バキッと折れて、裂けている。
c0087899_09580766.jpg



そのままにしておくと、そこからバイキンが入りやすい。
そこで、
カットandボンド作戦☝🏻️

c0087899_09274328.jpg


今回使った道具がラチェット式の剪定バサミ
c0087899_09274357.jpg


女性の力でも、カチャッ、カチャッと
少ない力でも2センチくらいの枝までは切れちゃう。
優れものだ👏🏻

はじめは余分な力が入ってしまったが、コツがわかると調子イイ👍🏻
ハサミのおかげなのに、すごい!自分!みたいな気分!

切る位置は、節の上、
そしたら次に、ちょうどその節から芽が出てくるから。

切ったところに
木工用ボンドを薄くつけて切り口を保護
c0087899_09274360.jpg



これから冬を越し、春に向けて、しっかり栄養を蓄えてくださーい。

c0087899_09274477.jpg



[PR]
by mulberryclub | 2015-11-13 19:45 | 活動記録 | Comments(0)

津幡高校へ、講義&調理実習

行ってまいりました、
石川県津幡高校🏫
c0087899_22283007.jpg


こちらの高校では、27年度「里山資源を生かした6次産業化プロジェクト」を計画、学習、実践しておられるとのこと。

そんな中、ありがたいことに、我々マルベリークラブ中部に、講演と料理実習の依頼が届きまして。

車で3時間強🚙💨
北陸自動車道を走って、行ってきたわけです。

津幡高校は、以前は河北農蚕高校という名で、
グランドは広い桑園だったそう。
もうじきやってくる100周年の日に向けて、原点回帰、桑、蚕の文化を見直そうという、校長先生はじめ、まわりの方たちの想いを聞かせていただきました。

c0087899_00145304.jpg



そして、こちらが用意した講義の内容は

6次産業=作って加工して売るためには、その"モノ"をよく知ることが大切という事で、

1限目は "桑を知る" をテーマに、
桑の歴史、栄養、使い方、をお話ししました。
c0087899_23172008.jpg

c0087899_00145459.jpg


できるだけ、わかりやすく、身近に感じてもらえるような内容で。

高校生相手にお話しするのは初めて。
どう響いたのかなー、、、

2限目は、お楽しみの調理実習。
手打ちで桑入りうどん作りに挑戦。
50分という限られた時間内に、
捏ねて、休ませて、伸ばして、切って、
茹でて、食べる。
そして片付ける💦

c0087899_23172076.jpg


c0087899_23172030.jpg


c0087899_23172039.jpg


c0087899_23172059.jpg


c0087899_23172033.jpg

c0087899_00401279.jpg



かなり忙しかったけど、楽しめたかなー?

8カ所の作業台、それぞれみんなのペースで、がんばった!
無事、うどんがおなかにおさまって、
良かったでーす。

そして、最後の挨拶。

今回の講義や体験を通して、
何かひとつでも、みなさんの心に残る、
引き出しの中にしまってもらえたものがあれば、
とてもうれしく思います。

で、無事、任務完了😌
ありがとうございました🙇🏽





[PR]
by mulberryclub | 2015-11-11 21:45 | 活動記録 | Comments(0)

豊田市立中山小学校「くわの木と人のくらし」その後、のその後

「くわの木と人のくらし」の授業から始まって、、
くわ探しの散策をしたり、、
蚕を飼ってみたり、、
その集大成として、中山小学校の子供たちがまとめ上げた、学習発表会を見に行ってきました。

c0087899_19094436.jpg

これまで調べてきたことを、グループごとに、いろんな形で表し、見に来た親御さんたちに一生懸命発表する彼ら。
c0087899_19094438.jpg

c0087899_19094445.jpg

おとーさんも、おばーちゃんも、聞く方も一生懸命。
c0087899_19094501.jpg

発表の中には、近所に住む人に、昔の話を聞きに行った子達もいて、桑畑が広がっていた頃の写真を展示。
これは貴重な写真の発掘だ!
c0087899_19094591.jpg


他にもたくさん、発表のコーナー、体験のコーナー、展示のコーナーがあって、
お腹いっぱい!だよー
ありがとうございました。

この発表で狙うひとつの成果として、
この部屋に入る前と
見て、聞いて、触れて、
部屋から出た時の
蚕や桑に対する印象がマイナスからいかにプラスに転じてもらえるか!
その結果が、このシール式アンケート。
グッドアイデア👌🏻
結果も上々👌🏻👌🏻
c0087899_19094500.jpg

先生、生徒、家族、地域の人、
みーんなで作り上げた
学習発表会に、私たちも元気をもらいました。

さて、この勢いで、来週は、、、
石川県の津幡高校へ、
桑のお話しと実習授業に行ってきまーす。


[PR]
by mulberryclub | 2015-11-06 22:12 | Comments(0)

実験的 草木染めいろいろ

桑を使って草木染め。
c0087899_14061091.jpg



お揃いのシルクストールが完成!
で、記念撮影👇🏻📷
c0087899_01300296.jpg


まずは素材の桑、この時期は、葉っぱももう残り少ないので、刈り取った枝を利用。
小さくカットして、煮出す。
c0087899_01300206.jpg


枝にも桑の葉と同じ色素が詰まっているんだよねー🌿
桜の枝で作った染液は、淡いピンクに染まるって言いますし🌸

同じ桑でも、季節によって、含まれる色素成分が変わってくるから、染め色も変わる。

自然界の色そのものです✨

染めには媒染液を使うことが多い。
これは、色止め効果、発色効果などのため。

ここで面白いことが起こる。
色素と媒染剤の化学反応が起こると、、、

桑色素 プラス 銅媒染👇🏻
c0087899_01300378.jpg


桑色素 プラス アルミ媒染だと👇🏻
c0087899_01300369.jpg


こんなに違うの‼️

今回は使わなかったけど、
桑色素 プラス 鉄媒染だと👇🏻
c0087899_01300383.jpg

またまた ちがーう‼️

化学実験、たのしーい👍🏻

染めは、染める生地の材質によっても、色合いが変わってくる。

絹は動物性のものだから、染まりやすく、鮮やかな色が出るんだよねー

すごく濃く染まったようでも、
洗って、乾かすと、
c0087899_01300488.jpg


淡〜い色合い。
これが乾くと、陽の光でキラキラ輝く✨
シルクのかがやき✨👏🏻

c0087899_14180142.jpg


これから、イベントに参加するときは、
桑染めのストール軍団!
で行くかも😜



さて、ここで、桑の成長の早さをあらわした写真を見ていただきたい。
畑に植えた一本の苗。

右の写真はちょっと暗いのですが、
左側が今年の4月、右側が10月
c0087899_01300420.jpg

もともと、苗を植えたのが、昨年の春。
1年で左のように葉っぱをたくさんつけるようになり、夏にはぐんぐん枝を伸ばし、
幹も太くなり、、、
苗が、木になりました〜。
さすが、桑だねー。
その成長力! スゴイ!

きっと葉っぱにも
そのパワーが秘められている、だから、
お蚕さんも生まれてひと月で、1万倍に成長するわけだ!

切っても切っても、大きくなるから、と、邪魔にしないでくださいねー。
葉っぱは使えるからねー。
なんども申し上げますが、

不老長寿の妙薬です😊

[PR]
by mulberryclub | 2015-11-06 20:00 | 活動記録 | Comments(0)

ラジオで桑のおはなし❗️

お知らせです。
なごや環境デーがご縁で、FM愛知(現在は@FMというらしい)のエコ番組に、ゲストで呼んでいただきました。

放送は11/8 (日) 朝7時から
"レッツエコメンド"

c0087899_14010153.jpg


桑茶のこと、語りまーす。

地産地消の豊田産、無農薬、無添加の桑茶のよいとこ紹介
ラジオの電波にのっけてもらうことができました。

視聴者プレゼントもありまーす。🎁✨

日曜日の朝、どんな方が聞いてくださってるのかなー。

日曜日だけど出勤のおとーさん🚙
ちょっと遠出のお出かけファミリー👨‍👩‍👧‍👦
お休みの日も早起きな先輩がた👴🏻👵🏻

レッツエコメンド、こんな番組です👇🏻

「地域再発見」をテーマに、このエリアで環境保全に取り組んだり、環境に配慮しながら、地域に根ざした活動をしたりしている企業、地方公共団体などの人達をご紹介してエコに対する意識を一緒に高めていこうというプログラム

番組Facebookもあります
「Let'sエコメンド」
パーソナリティのおにーさんは、レンコン農家兼バンドマンのTRANSFARMERじゅんさんと
きれいな透き通った声が素敵なアシスタントの神田沙織さん。

慣れたおふたりの掛け合いに、心臓ドキドキ緊張しまくりのわれわれ。

オンエアーを、どうぞお楽しみに🎶📻





[PR]
by mulberryclub | 2015-11-05 10:37 | お知らせ | Comments(0)