人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

できた、できた、フォカッチャできた!

八事にあるペポカルチャー教室。

毎月第4火曜日開催の体験会。

今回は
桑とバジルのプチフォカッチャ

この ひとくちサイズ感が お気に入り😊
c0087899_16543036.jpg


しっかり桑を揉み込んで

c0087899_16543092.jpg


しっかり桑入りの生地になりました。

c0087899_16543048.jpg


しっかり発酵させたら、
指で押したり、具材をトッピング。

c0087899_16543184.jpg

c0087899_16543189.jpg


そして焼いたら、出来上がり👏🏻👏🏻👏🏻

c0087899_16543199.jpg


食べるのは一瞬011.gif
c0087899_16543159.jpg


桑の栄養、桑の利用法、いろんなご質問をいただきました。
ありがとうございます。


お土産に持って帰るべきか、食べちゃうか
究極の選択💦

後日、お子さんやご家族が喜んでくれたと聞き、
あーよかった、となりました✌🏻️



今回は、お蚕さんが受付嬢。
みなさん驚くことなく、
そっと覗き込んでくださいました。

c0087899_16543241.jpg


実は
この子たちには、離れて暮らす兄弟がおりまして。

それはどこかと申しますと、
愛知学泉短期大学の生活デザイン総合学科の山本豊ゼミ

そこのゼミ生が、協力しあって、人生初の蚕飼育にトライしているのです。

「今から桑の葉を取ってきまーす!」

「かなり大きくなった!!」

「お腹空いてたのかなー⁉︎」

「うんこをする瞬間を写真にとらえました❗️」

などなど、、、

c0087899_16543259.jpg


楽しい会話が聞こえてきます。

"カイコ女子" 増殖中🙌🏻

☆ ☆ ☆

八事の体験会、次回は7/26。

このおカイコさんたちが吐いた糸を使わせていただきます。
繭でいろいろ、真綿作り、糸繰り、糸紡ぎなど。
むかーしの道具やその歴史と変遷なども、お話しましょう。

とき: 7/26 (火) 13:00から

場所: ペポカルチャー教室

名古屋市昭和区山手通4-15 ペポ山手ビル2F
地下鉄名城線「八事日赤」から徒歩5分、「八事」から徒歩7分、
エディオンの向かいで、コメダ珈琲店のある建物です。

申し込み、お問い合わせは

電話 052-747-2663(留守電の場合はメッセージをお願いします)

又は FAX 052-977-4294

Eメール anp@mediacat.ne.jp
c0087899_16543270.jpg



by mulberryclub | 2016-06-29 15:23 | お知らせ | Comments(0)

ゴッホの描いた"桑の木"

ゴッホ作 "桑の木"
c0087899_10035541.jpg

カリフォルニアのノートンサイモン美術館蔵

驚いた!
あのゴッホさんも桑を描いていたとは!

昔は、フランスにもたくさんの桑畑があって、養蚕も行われていたんだよね、特に南フランスの方で。
南仏を好んだゴッホさんも、そこで描いたのかなぁ。

桑畑が、養蚕業の衰退とともに、今では
ぶどう畑に変わっているそうだ。

南フランスのセベンヌというところに、桑の木が残っていると聞いたけれど、、、

ヨーロッパでは、イタリアが、今でも残る唯一の養蚕国なのだと、少し前の資料にあったけれど、現在はどーなのか。

日本でも、年を追うごとに養蚕農家の数は激減してるからねー。(現在400軒弱)

イギリスやドイツは、気候が合わないらしく、養蚕は栄えなかったそうだけど、
マルベリーティと呼ぶ、ハーブティがあるので、桑の木や桑の実はあるのでしょうか。

日本にもあるように、道路脇とかに自生してたり、家庭の庭に植えられてたりするのかしら。

こちらは最近また見つけた町中の桑の木
名古屋市名東区、藤が丘駅近く。
この葉っぱ、この伸び方、間違いない!
c0087899_10035500.jpg



世界の道端の桑の木事情、わかったら面白いね。

インドやベトナムは盛んに養蚕してるから、桑の木は必須。
あちこちにあるのかな、、、?

と、調べてみたら、、
インドでは、シルクロード沿いに桑の木があるって!

ベトナムの村では、お月見の日に桑の枝で作った首飾りを、魔除けとして子供にかけるんだって!

話が飛ぶけど、リクガメの餌には桑の葉がいいんだって!

まだまだ知らないこと、
いっぱいあって、驚きの連続です。







by mulberryclub | 2016-06-25 18:11 | Comments(0)

足助の里山観察グルグル〜

c0087899_08474547.jpg


葉っぱをちぎると
しろ〜い汁が たらりーん💧

c0087899_08474539.jpg


これは桑の木の特徴!
イチジクのしると同じような白い汁。
(というか、イチジクはクワ科イチジク属だから、似てるんだね。)

お蚕さんと桑の相性が良いのは、この乳汁のおかげでもある。

蚕は桑の葉の、昆虫の発育を抑える成分を無害化し食草化に成功した生き物、だから、蚕は桑を食べて成長するし、他の幼虫は成長出来ない、というわけ😌

でも、天敵はいる
c0087899_08474524.jpg

カミキリムシだ!
枝の中に入り込んで、木を枯らす😭
コマッタコマッタ。

今、もっと困っているのは、鹿さん。
なので、柵を追加
c0087899_16352987.jpg

c0087899_16352966.jpg



採った若芽はウチに帰ったら、乾燥させてお茶にしよ〜
c0087899_18074871.jpg


体験会にも持って行こ〜

(今月28日午後、名古屋市内、八事のぺポカルチャー教室にて桑クッキング体験会やります。メニューは桑入りフォカッチャ。
残席2名ございまーす)


桑畑の中は、まるで迷路005.gif
歩き回ってグルグル〜〜


c0087899_08474635.jpg


葉っぱはこーんなに大きいよ!

c0087899_08474687.jpg


もとの場所に戻れるかな〜
c0087899_08474631.jpg


草取りしながら、グルグル〜〜
ひとり迷路ごっこをして、グルグル〜

画面の向きが横向きになってしまうので、パソコンでご覧の方にはごめんなさい🙏🏻





足助の里山には、いろんな自然がいっぱい

c0087899_08474772.jpg


鈴なりキゥイ、柿の赤ちゃん、すもも?

c0087899_16472241.jpg

ほおずきの花と実、

いろいろ観察😳
いろいろ感動😌

汗をかいたあとは、
ゴクリッ!
ベリベリースムージー😋はいかがかしら🍷

c0087899_16472281.jpg


体験会は毎月第4火曜日に開催中。

7月は繭でいろいろ、、、
真綿作りや糸繰りなど
年代物の糸繰り機も登場!

桑の実ジャムも作ります。

お申し込み受付中001.gif
c0087899_18053053.jpg









by mulberryclub | 2016-06-25 07:26 | 活動記録 | Comments(0)

マルセイユ石鹸作り

桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部です


体験会で人気の絹石鹸

シルク成分を加えた
マルセイユ石鹸の製作

マルセイユ石鹸は、石鹸素地中の油成分が72パーセント以上純植物性オイルを使用しているもので、洗い上がりはしっとり、肌にもやさしい無添加石鹸です。

界面活性剤はもちろん、パラペンやエデト塩酸などの添加物はゼロ

大量生産はできないので、すべて手作業。しかも、作ってから一ヶ月以上ねかせて、やっと出来上がりです。


今回は、石鹸作りの講師をされている飯田紋子さんをお迎えして、
マーブル模様のアレンジも加えて製作。


<材料>牛乳パック1本分

・オリーブ油: 458グラム
・パーム油: 64グラム
・ココナツ油: 112グラム
・苛性ソーダ: 83グラム
・精製水: 250グラム
・切開繭: 5個

<工程>牛乳パック9本分で作っています

その1
繭を煮て、セリシンを抽出
c0087899_23095454.jpg


その2
苛性ソーダをボールに計り、換気の良い場所で、精製水を加える。
この時、発熱して70度くらいにまで熱くなり、煙のようなものが発生するので、要注意!
c0087899_23095413.jpg

c0087899_23095449.jpg


その3
別のボウルに
オリーブオイル、ココナツオイル、パームオイルを合わせて計量し、40〜45度に温めておく。
c0087899_15312518.jpg


その4
そこに40〜45度まで下がった②の苛性ソーダ液と①のセリシン抽出液を加えて、
飛び跳ねないように気をつけて、混ぜ合わせる。
c0087899_15312564.jpg


その5
空気が入らない程度のスピードで、攪拌する。
今回は1時間30分くらいで、とろみがでてきた。
それを、準備しておいた牛乳パックで作った型に流しいれる。
c0087899_15312635.jpg

c0087899_15312630.jpg


その6
型から外せるくらいまで固まるのを待つ。

その7
固まったら牛乳パックを剥がし、カットする。
今回は型入れから4日後。
c0087899_23370980.jpg


このまま1〜3ヶ月、しっかり中和するまでねかせたら

c0087899_15441283.jpg



完成〜👏🏻

c0087899_23370937.jpg




飯田さんには、桑畑の見学もしていただき、猿投の里山を気に入ってくださったようです。
彼女のブログにも載せて頂いてます。

http://s.ameblo.jp/tsp8kath5bl/message-board.html








by mulberryclub | 2016-06-24 12:00 | 活動記録 | Comments(0)

真綿を作る・シルクってすごい!

真綿を作ってみよう
c0087899_09172799.jpg


まずは繭を煮ることから

3〜4パーセントの重曹を加えた熱湯に繭を入れ沸騰させて1分。
水を入れていったん冷まし、再び沸騰させて30分から1時間。
冷めたらオッケー。
よく洗ったら準備完了です。

c0087899_08284299.jpg


蚕の吐く糸
長さはなんと1000〜1500メートル005.gif
c0087899_08284273.jpg



2〜3日かけてせっせと作られた繭には、
"セリシン"という糊のような成分がついている。
これを重曹を加えたお湯で煮ることで、繭はほぐれて伸ばしやすくなる。

今回の真綿作りに使うのは、
切開繭。
c0087899_08284350.jpg


繭の先っぽを切って、中のさなぎを取り出したもの。

ほぐれてフヤフヤになった繭を、ぬるま湯の中でさらに広げてから、木枠に引っ掛け引っ張って四角く伸ばし広げる。

c0087899_08284345.jpg


これを10個(10回)ほど、繰り返して重ねて

水気を絞って、干しておくと、

c0087899_08284309.jpg


キラキラ✨✨✨
シルクが輝く!

手に乗せると、じわーっと暖かさを感じる。
すごい絹パワー!

c0087899_09172743.jpg


さて、ここで、
シルクの長所、
ご紹介いたしましょー

その1
人間の皮膚と同じタンパク質(18種類のアミノ酸)から構成されていて、第二の肌と言われるくらい人間の肌ととても相性がいい
人口血管とか手術用縫合糸とかに使われているくらいだから、確かです👌🏻

その2
天然繊維なので、静電気を起しにくい
バチバチこないし、ホコリも汚れも付きにくい

その3
吸湿性・保湿性・放湿性に優れている
(綿の約1.5倍の吸湿性・放湿性)
夏はさわやか、冬は暖かい。

その4
紫外線を吸収、UVカット
最近流行りの、 シルクパウダー入りの化粧品の宣伝文句👌🏻

その5
耐熱性が高く環境にもやさしい。
ほとんどの合成繊維は、約200度で、燃えて有毒ガスを発生するが、
シルクは、300~460度にならないと燃えないし有毒ガスを発生しない

(ウチの母は、絹かどうか確かめるために、端っこの糸を燃やして臭いを確かめたりしていた)

確かにすごい!シルク!
001.gif


自然の生き物でできてるわけで、
桑の木と蚕があれば、なんとかなる!

桑ライフって、実はすご〜く贅沢な楽しみにつながっているのです。
✨✨✨






by mulberryclub | 2016-06-20 22:59 | 活動記録 | Comments(0)

イオン八事のチアーズクラブ "蚕"

イオングループの主催する
子供向けイベント
"チアーズクラブ"

今年のテーマは"昆虫"

イエローレシートキャンペーンでお世話になっているご縁で、
マルベリークラブ中部の扱う"蚕"をテーマに子供たちにお話しをする機会をいただきまして。

まずはコレから👇🏻

c0087899_17475178.jpg


この新幹線のデザインのモデルとなった虫は?

ジャーン!

蚕(カイコ)です。

天からの授かりもの、天の虫、お蚕さん。

4500年も前から人が飼い育てていた虫さんです。

何のために?
それは蚕の持つ特殊能力の魅力。

桑を食べて、シルクを吐く、
つまり、植物性タンパク質を動物性タンパク質に変換する高性能なタンパク質変換システムを利用するため。

これは、蚕の吐いた糸でできた真綿。
手に乗せてみて、、、
c0087899_18163242.jpg



なんかあったかい!
ふわふわ〜!
かる〜(い)!

そっと引っ張ったら、、、
伸びる伸びる、糸みたいになるよー
c0087899_17475231.jpg


次は
カイコのからだについて。

目はどれかなー?
気門の役割は?
背中が脈をうつみたいにドクドクしてるのは?
c0087899_17475227.jpg


きょうは、ホンモノのあかちゃん蚕を連れてきています。
見てみよっか〜
c0087899_17475306.jpg


桑の葉っぱを食べてるよー
どうやって食べてる?
手(胸脚)で上手にはさんで持って、
ムシャムシャ、、、、


蚕さんの横にあるちっさい黒いのは、何かなー?
c0087899_17475372.jpg

蚕さんのうんこですねー。

うんこと言っても
汚くないんだよー。
蚕さんは桑の葉しか食べてないから、うんこと言っても、桑そのもの、
ガムやアイスの緑色に使われることもあるんだよ〜。
え"ーっ😨


蚕の一生
c0087899_17475345.jpg


ゴマ粒くらいの卵から生まれて、
なんども脱皮して大きくなって、最後に糸をはいて繭を作ります。

ここで登場、
脱皮殻コレクションズ
c0087899_17475440.jpg


繭振ると、カラカラ!音がするね。
中に蛹が入っています。
煮た繭から、みんなで糸くりしましょう。

糸の長さは1000メートルもあるから、どんどんいけるよーー


最後にこの繭で、まゆ人形作りをしましょう。
c0087899_17475484.jpg

c0087899_17475531.jpg


みーんなかわいい、
黄色いクマさんズ
できあがりー👏🏻👏🏻👏🏻

今日もまた、すこーしだけど、次世代に
お蚕さんのことを伝えることができました。

「見たことなーい」「知らなーい」を

「知ってる〜」「かわいい〜」

って話せる仲間が増えたら嬉しいねー001.gif






by mulberryclub | 2016-06-18 15:31 | 活動記録 | Comments(0)

桑の葉の活用方法

各地にもらわれていった桑の苗たち、

写真を送ってくださった方々、ありがとうございます。

c0087899_08484168.jpg


c0087899_08484117.jpg




「どうやって使うの〜?」

はい、それでは、ご紹介いたします。


まず、摘んだ葉っぱを洗うところからスタート。

♦︎お茶にする

蒸し器に並べて3〜5分、
混み混みだったら、途中少し葉っぱを動かして、蒸気を全体にしっかり通します。(色止め、発酵止め)

ザルなどに広げて、しっかり乾燥させたらお茶の完成
c0087899_08484295.jpg


c0087899_08484296.jpg



お湯を注げば、飲めまーす。

煮出す方法もあります。
味がしっかり出ますので、お好きな方で、お楽しみください。

若葉ばかりを集めて、お茶になさる方もあります。
新芽のパワーが詰まっているのかもしれません。

ちなみに、蒸さずに、洗って乾燥させるだけでも、お茶としては飲めます。

ミントなどのハーブティーのように、生葉にお湯を注いでみましたが🤔
これは、、、😞
ちょっと青臭い香りがします。
一度乾燥させる方をオススメします。
c0087899_08484215.jpg


そこで、実験くん☝🏻️
ミントの葉(フレッシュ)と桑の葉(ドライ)をブレンドしたら、
c0087899_08060202.jpg

けっこうイケます。
美味しいです。
飲みやすいです。

桑の葉茶="マルベリーティー"として、ハーブティー屋さんで売っているとのこと。

桑の葉も「マルベリーティー」と呼ぶとオシャレ感でますねー❗️

♦︎料理に使う

柔らかい葉っぱを使って、天ぷらに。
衣をつけて、パリっと揚げます。
c0087899_08484274.jpg



茹でてお浸しというのもあります。

こちらの冊子に、ケーキや、和菓子、パンなどのメニューを紹介しておりまーす

c0087899_09265770.jpg



♦︎粉末にする
ザルに広げて乾燥させたパリパリの葉を

太めの葉脈だけを取り除いてミルサーで細かくしたら、保存容器に入れて冷蔵保存。
桑の粉末の出来上がり!
c0087899_08484396.jpg


これが使い道いろいろ✌🏻️
野菜不足を補う万能選手!

ふりかけ、
味噌汁にパラリ、
パン生地に入れる、
つくねやハンバーグなどに混ぜる、
天ぷらの衣やつけ塩に混ぜる、
などなど、、、

いろいろお試しください。

ただし、パウダーではないので、溶かして飲む、というには向きません。
お料理に使うのがオススメです。

いかがですか?

もしかしたら、まだまだ新しい使い方、
オススメの使い方あるかも❓❓❓


あ、大事な活用方法をひとつ、忘れていました。

"お蚕さんを飼う!"

一頭が一生に食べる桑の葉は25〜30グラム。ほとんど、4〜5令の時に食べまくる分です。
中サイズの葉っぱが、7枚くらいかな。

ロスも出るので、もう少し余裕を持って考えて。

赤ちゃんからでも約25日で糸を吐き始めるし、
頻繁な餌やりは最後の10日間ほど。

ひと夏の経験、できますよー。
c0087899_09142800.jpg








by mulberryclub | 2016-06-10 23:02 | お知らせ | Comments(0)

足助の桑畑 ピンチ

柵のない方の畑に、鹿がやってきたらしい。

c0087899_22283360.jpg


根こそぎではないけれど、柔らかいところから狙っている様子。
早急に対策しないと、もっと食べられちゃう007.gif

去年までは、シカに食べられることのなかった畑なのに、、、

たくさんあるから、少しならあげてもいいんだけどねー。
ま、そんな上手い具合にはいかないので。

鹿さんにはお気の毒ですが、
柵をはらせていただきます。


この夏、しっかり収穫するためのお手入れ
草刈り。
c0087899_22283452.jpg


ビフォアーアフターをご覧ください
c0087899_22283478.jpg


数ヶ月前の様子と比べると、別世界!

c0087899_22283573.jpg


大切な実のなる品種「ララベリー」も
c0087899_22283523.jpg

まだ1年目で、少しだけれど、収穫できました。
c0087899_22283539.jpg


アントシアニンたっぷりのベリーソースにして、お料理体験会で使う予定😋






by mulberryclub | 2016-06-07 17:08 | 活動記録 | Comments(0)

朝市 & エコットフェア 報告

★6/4(土) 朝市

オアシス21でのオーガニックファーマーズ朝市の出店は今月で6回目。
おかげさまで、リピーター様も来てくださるようになりました。

ひと月ぶりにお会いするお客様たちから、

肌がすべすべして調子がいいの、とか

昔はカラダがだるい時にはナマの桑の葉を食べとったよ、とか

抗酸化作用があるでねー、とか

教えられることもあったりして、
とてもありがたいです。

別のブースでは、桑の実が販売されていたので、早速購入。
c0087899_19580148.jpg



その模様は、東海農政局のフェイスブック
「東海地域農林漁業成長産業化推進協議会」にも紹介されています。
c0087899_19580144.jpg


来月は7/2です。
8:30から11:30、お待ちしています001.gif


★6/5 エコットフェア

桑茶の試飲、販売
c0087899_19580112.jpg


小さくカットした大根を竹で作った鉄砲で飛ばす"大根鉄砲"も人気です
c0087899_19580282.jpg



豊田のエコットフェアは、今年で3年目。
少しずつ、桑茶の認知度も上がっているように感じます。

若い方も、野菜不足が気になるからと買って行かれる方も。

桑の野菜力が認められたようで、うれしいです。

そして今回もまた、桑ライフの仲間が増えました。
庭に桑の木を植えて、蚕を飼ってみたい。とラブコール016.gif

広がれ桑ライフ!

以前に桑の苗を差し上げた方は、お母様が育てたいと言って東京へ持って行かれたそうで、、

豊田、名古屋、知多、金沢、東京、、、
いろーんなところに、広がっていますよ。





by mulberryclub | 2016-06-05 18:58 | 活動記録 | Comments(0)

6月のイベント

初夏の眩しい陽射し、
風がふくと涼しくて、気持ちの良い季節です。

ベランダの桑はかなりの強風に吹かれたりしていますが、元気に大きくなっています。

毎朝、2個〜3個の実を"ポロリっ!"と収穫。

あくまでも、ポロリっと、です。
それくらい熟していないと美味しくないので。

ベランダで、桑摘み。
オススメです。
c0087899_20232759.jpg



さて、ここで、

6月のイベント予定をいくつか
おしらせしましょう

♦︎6/4(土) オアシス21朝市 (8:30〜11:30)
桑茶、桑パウダーの試飲販売

♦︎6/5(日) 豊田環境学習施設エコット
"エコットフェスタ"参加

桑茶の試飲、販売
大根鉄砲

特別ゲスト: お蚕さま!

♦︎6/18(日) 八事イオン
"イオンチアーズクラブ"

小学1年から中学3年の子どもが 参加する環境、社会貢献活動のひとつのイベントとして、蚕や繭のお話と体験会を開催。

♦︎6/20 桑の葉クッキング体験会(平針)
1時〜3時

♦︎6/28 桑の葉クッキング体験会(八事)
1時〜3時 桑の葉入りフォカッチャ

♦︎毎週金曜日は猿投または足助で活動中。

興味のある方は、ご連絡くださいませ。

FAX 052-977-4294
email anp@mediacat.ne.jp


🌿🌿🌿🌿🌿
今年の春にお分けした苗木たちが、各地で、少しずつ成長しているようです。
送っていただいた写真をご紹介します。

c0087899_10333625.jpg

この子(木)はスラリと背が高くなりそうな感じ。
周りの草に負けないようにがんばって大きくなってね。

c0087899_10333785.jpg

こちらはトヨテツの森に植えた5本のうちの1本。横に広がって葉っぱの数も多いようです。固めの地でしたが、しっかり根を張ったようですね。

そして、自生の桑発見シリーズ

今回は、地下鉄植田駅前。
こんな具合に街中にもあるんですよー!
c0087899_10333764.jpg










by mulberryclub | 2016-06-02 09:26 | お知らせ | Comments(0)