<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「くわの木とかいこ」豊田市中山小学校で出張授業

豊田市中山小学校で

「くわの木」と「かいこ」

と題して、総合学習の授業をしました。

c0087899_20062788.jpg


昨年に引き続いて、2回目となります。

今回の総合学習のテーマは
人と自然、植物と昆虫。

となれば、植物は「くわ」
昆虫は「かいこ」ですよね〜。

まずは、桑って、どんな木、どんな葉っぱ?
c0087899_20062753.jpg


c0087899_20062849.jpg


こんど、学校の周りの桑ウオッチングに出かけるので、その前にしっかり予習!


くわの木がいかに利用価値があって、人のくらしに使われてきたか、

お箸、杖、家具、食器、楽器、薬、、、

自然の中のものを工夫し利用して暮らしていたということだね。

そして葉っぱを使って、お茶が飲める。
不老長寿の神仙茶。

試飲できるのは、ひとりだけ。
せんせー 🍵 どうぞ〜💁

子供たちからは当然、「いいなー」の声。
(よしよし、その反応 待ってました!)

飲んでみたい?

なら、みんなで作ったらどうかな?

秋の学習発表会に向けて、みんなの研究が始まりそうですね。



昔はこのあたりも、桑の木がいっぱいありました。

それはなんでかなー。

と、ここで登場するのが
かいこさん👏🏻

c0087899_20062939.jpg


天の虫、と書いて 「蚕(かいこ)」

お蚕さんに食べさせるために桑の木がたくさんあったんだね。

ほんもののお蚕さん、見たい?

では、
c0087899_20063011.jpg


みんな大騒ぎ。
少し怖がる子もいたようですが、
ほとんどみんなグイグイと前へ!

見たい!見たい!と寄ってきます。

この子たちの一生を順番にお話ししましょう。

c0087899_20063087.jpg


たまご、なんか種みたい!って。
そう、そうなの。
蚕のたまごの事を、種みたいだから蚕種(さんしゅ)と呼ぶんだよー。

そこから生まれたのが小さな小さな2ミリくらいの赤ちゃん蚕。

この子たちが3週間くらいで、1万倍の重さになる。

みんなが一ヶ月で1万倍になったらどーなる?
すごいことだよね。


桑を食べてるだけで、こんなに大きくなって、
最後は絹糸を吐きます。

どこから糸吐く?
おしり?
クモはそうだけど、、、
蚕さんは口のところから。

首をグルグルぐるぐる、8の字に動かして
1000メートルの糸を吐くんだよー。

みんなで一緒に首をグルグル〜グルグル〜

8の字にグルグル〜

これを2〜3日、ずーっとだよ💦

そして繭になりました。
c0087899_20063172.jpg


しばらくすると、蛾になって出てきて、
結婚して、
卵を産んで、1週間くらいで死んじゃいます。
結婚して1週間で死んじゃう😢

ちょっと悲しいね。


繭を煮るとこんな風にふわふわになってね、ほぐして、ゆっくり引っ張ると
ほらー✨

のびーる のびーる 糸になる!
c0087899_20063274.jpg


繭からの糸繰りは、みーんなで、
順番に引っ張ってみよう。

はーい、はーい、
ゆっくり次々と、引っ張っていこー

切れないよー

ずっと繋がってるよー

みんなのところにつながったかなー

c0087899_20063393.jpg


繭、、もっと欲しい!

そっかー、それなら蚕を飼ってみたらどう?
繭ができるよ。

今度、小さい蚕さんを連れてきたら、
三年生のみんなで、可愛がってもらえそうだね。

楽しみです。









[PR]
by mulberryclub | 2016-09-30 16:53 | 活動記録 | Comments(0)

桑入りの蒸しまんじゅうときな粉飴、体験会

八事ペポカルチャー教室

9月は「蒸しまんじゅう」と「きな粉飴」

オススメポイントは

皮のベースは小麦粉なので、自宅でも手軽に和菓子が作れるところ

しかもグリーンがとてもキレイ✨

c0087899_22130793.jpg


まずは粉をふるったり、あんこを丸めたり、しっかり下準備が大切👆🏻

c0087899_22130833.jpg


皮の生地をつくって、
さあ、いよいよあんこを包みます(包あん)

こういうのは、だいたい、慣れた頃に終わっちゃうものですよね😅
c0087899_22130905.jpg


蒸す前と蒸しあがった後
蒸すと少し色が薄い感じに変わります。

ちょうど、やさし〜いみどり色になりました。
c0087899_22131581.jpg


お客様の感想としては、もう少し桑の量を増やしてもいいのでは。
という声も。

お上品なみどり色に仕上げるためには、多すぎないほうが良いですが、もう1パーセントほど増やしても良いかもしれません。

差し入れに桑入りのトーフケーキを持ってきてくださった方も、
桑の適切な使用量がまだわからないと話してみえました。

だいたい粉の2〜3パーセント、が基準とお考えくださいませ。


そして、もう1メニューの
きな粉飴。

砂糖と水あめと水を混ぜて、煮詰めます。

温度は100度を少し越えます。
そして飴になります。

c0087899_22131666.jpg


桑入りのきな粉に混ぜて、
少し食感の柔らかい、きな粉飴の完成。

c0087899_22131767.jpg


予想よりも柔らかかったですね。

でも、これも美味しい。

気に入っていただけて、うれしいです😃

さて、おまんじゅうを召し上がる前に、

お薄を一杯いかがですか?
と、
今回は桑パウダーを入れて抹茶を立ててみました。

c0087899_22131765.jpg


以前は、抹茶に桑パウダーを混ぜて、カサ増ししていたとも聞くので、
コレはアリ!!

とろみも出て、泡も消えにくい。

ここで、お客様から、
新情報!!

今、中国では、桑の実ジュースが流行っているらしい❗️

すごい❗️驚きました。

あちこちで売ってた、って。

中国まで視察に行くことはできませんが、
気になりますねー。


コレは通販サイトに出ていたトルコ産。
c0087899_22131874.jpg




☆ さて、来月は
10月25日、時間は午後2時から

桑入りのフェットチーネ(平めんの生パスタ)をつくって、トマトクリームソースで召し上がっていただきます。

桑のグリーンとトマトのレッドの組み合わせがきれいな仕上がりになりますよ。

お申し込み受付中。
お待ちしています。

c0087899_22131994.jpg


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部です。

☎️ 052-747-2663
email anp@mediacat.ne.jp





[PR]
by mulberryclub | 2016-09-27 17:00 | 活動記録 | Comments(0)

蚕の成長、ピンク繭になる?

9/6に生まれてから10日。

2回脱皮して、3令です。

c0087899_22021896.jpg


大きさは 2センチくらいかな。

頭をもたげて、じっーとしているのは、

みーん、みーん

"眠"です。
仮眠です。

脱皮の前に
少し食べるのを休んで、
少し糸を吐いて足場?をかためて
じっーとしてます。

この時は、そーっとしておいてください。
なにしろ眠っているんですから。

無理に起こされると、いい夢、じゃなくて、いい脱皮ができないかも、です。

そして脱皮。
ショータイムは約10分間。

頭から順に古い殻を脱ぎ捨て、

途中で顔の先の仮面(と勝手によんでいる)も脱ぎ捨て、

4令に。
c0087899_18210668.jpg


これが脱皮殻と仮面
c0087899_18210723.jpg



c0087899_18210861.jpg


4〜5日して
また脱皮したら
今度は5令。

いよいよ幼虫最後の期間に突入

c0087899_18210922.jpg



脱皮したばかりのとき、
後ろに脱いだ抜け殻がみえるでしょ。

まだ手もカラダもやわらか〜いから、少しの間じっとしてます。

落ち着いたら、さあ、食べるぞー。

いよいよ、ラストスパート。

5令になると、急に、たくさん食べるから、びっくりしないでね。

ウンコもいっぱいするから、お掃除もよろしく。

ここで、桑の栄養をしっかり摂ると、
良質のたんぱく質がたっぷり。

これで、しっかりした繭が作れる。

飼料作りと
飼料替えと
お部屋のお掃除(ウンコを取り除く)
で、お蚕さんをサポートします。

☆ ☆ ☆

実は、今回、
普通の餌(人工飼料)を食べてる蚕さんと一緒に、

赤色の餌を食べてる蚕さんがいます。

人工飼料に赤色の色素を混ぜて与えています。

実験くん! やらせて頂いています。

c0087899_18211083.jpg

普通に食べてます。
赤いウンコをします。

成長速度も普通の蚕と同じくらい。

ちゃんと育っています。
お腹は壊してないみたい。

c0087899_18211107.jpg

c0087899_18211249.jpg



この蚕たちの吐く糸が
何色になるのか、

できればピンク色の繭を作って欲しい。






















[PR]
by mulberryclub | 2016-09-23 22:00 | 活動記録 | Comments(0)

なごや環境デー 9/17

なごや環境デーに出店

c0087899_19110680.jpg


ちびっこ蚕と

c0087899_19110778.jpg


大きな蚕を連れて。

c0087899_19110919.jpg


桑の葉茶、桑パウダー、繭などを販売。

昨年より
桑のお茶の認知度が上がっている。

カラダにいいんだよって、
知ってる人が増えている。

桑って、糖尿病に良いんだってね、と
お客さんからそう言われるから、
ありがたい。

繭玉も
美肌に役立つって、
女性のみなさまは知っている。

切開繭の穴に指を入れて、頬に当て、
こうやるヤツでしょって、
知っている。

やっぱり。
100均で売ってるくらいだからねー。

女子は美と健康に敏感なのだ!


まだまだホンモノの蚕を見たことない人はたくさんいて

子供も、大人も、初蚕。

なつかし〜って愛でていかれる方も
いましたねー。

蒸し暑〜い中だけど
連れて行って良かった。



☆うれしい訪問客さんがおひとり

扶桑町の扶桑愛蚕会の方が、
会いに来てくださいました。

昔は名前の通り、桑の木がいっぱいあって、養蚕も行われていた扶桑町。
地域の歴史を
大切になさっています。

桑、蚕、繭資源を、次世代につなげよう

この想いはおんなじ✨です。







[PR]
by mulberryclub | 2016-09-17 17:19 | 活動記録 | Comments(0)

桑クッキング 30回目❗️

平針での桑クッキング体験会。
今回で30回目となりました。

「桑入りニョッキ とろり豆乳ソース」

c0087899_21570910.jpg


ニョッキをコロコロ作って茹で、
とろり豆乳ソースをかけていただきました。

c0087899_21571138.jpg


ジャガイモと小麦粉で作るニョッキは
生地を寝かせる時間も無くて、簡単!

豆乳のソースも溶けるチーズでとろみをつけるからあっという間に完成!

最後にパラパラっと パセリ⁉︎ じゃなくて

桑の葉粉末を👌🏻散らして出来上がりです。

<ニョッキの材料と作り方>

レンジで柔らかくしたジャガイモ100g
小麦粉 40g (大さじ4)
桑の葉粉末 2g (小さじ1)
塩 ふたつまみ

c0087899_21571458.jpg


イモが温かいうちに全部を合わせてよく混ぜひとかたまりにする。
2つに分けそれぞれを棒状にして16個にカット。
丸めてから、スプーンでくるりん。
熱湯で1〜2分茹でたら出来上がり。

お好きなソースをかけてどーぞ。
トマトソース、クリームソースなど、いろいろオッケーです。


[PR]
by mulberryclub | 2016-09-12 16:00 | 活動記録 | Comments(0)

ぼくは "カイコ"

ぼくは 9/6 に生まれたばかりの"カイコ"だよ。

生まれたては、黒い毛が目立つから、毛蚕(けご)って呼ばれているんだ。
c0087899_12501524.jpg


消しゴムの消しかすみたいなんて言われたこともあるんだけどね。

まあ、確かにそんな感じにも見えるかも😌
2〜3ミリのちびちびのチビッコ!

ぼくたちは、まだ、抵抗力が弱いから

病気にかからないように、
大事に 大事に 育ててもらってる。

無菌室で、滅菌した人工飼料を食べてる。
超過保護😆

そうして、3日後の
9/9にはコチラ👇🏻
c0087899_12501654.jpg


無菌室のケースの中にいるよ。


3日間で、見た目も大きさも、
ぐっと変化したでしょー

もう黒くないよ。
「体長を計ります。はい、じっとしてー」
「5ミリ!」

どーだい?
3日で、2倍だよ。
すごいでしょ?

とはいえ、まだまだチビッコ!

これからまだまだたくさん食べて、大きくなるからねー。

殻だって、4回も脱ぐよー


大きくなったら、立派な繭のお家を作るんだ。

それが、たくさん食べさせてもらって、大事に育ててもらったことへの恩返し⁉︎

そうそう、
9/17(土) 名古屋市栄で開催の"なごや環境デー"に、連れて行ってもらうよ。

会いに来てくれたらうれしいな😊

じゃあ、また。








[PR]
by mulberryclub | 2016-09-09 22:30 | Comments(0)

孵化、そして掃き立て

お蚕さんが一斉に孵化しました。

c0087899_16170875.jpg

c0087899_16170987.jpg



9/6 掃き立て

掃き立てとは、養蚕で、蚕卵から孵化したばかりの毛蚕(けご)を、新しい蚕座(さんざ)に移し広げること。

c0087899_16171030.jpg


卵を消毒し、餌を滅菌し、無菌室で育てる
無菌養蚕システムです。

3令の頃に、配蚕し、以降は、解放育(無菌ではなく、普通の部屋などで育てること)で、生の桑葉を与えて、4令、5令から繭になるまで育てていただき、できた生繭を買い取る仕組みを構築しています。

名古屋市内や三河地区で、ご興味のある方は、お問い合わせください。

☎︎ 052-747-2663
email anp@mediacat.ne.jp


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部です

[PR]
by mulberryclub | 2016-09-07 16:16 | Comments(0)

通販カタログにシルク!シルク!シルク!

カタログハウスの通販生活
ピカイチ事典

ページをめくると、
シルク、シルク、シルク!!!

あれもこれも、シルク成分入りの商品が載っていて、
あまりにオンパレードだったのでご紹介✨

☆まずはフェイスパウダー

c0087899_11383417.jpg


このパウダーは、結構前から気になっていた。
タイの無農薬の桑で育てた蚕の繭、らしい。
繭シルクの紫外線カット力❗️
保湿成分のしっとり感❗️

👏🏻
そーなんです!

繭シルクパワーは大注目😳
天然素材、自然の力。


☆つづいて 角質取りブラシ

c0087899_11383475.jpg


これは初めて見た。

シルクのピーリング効果だね。
繭玉をお湯に浸して、顔をなでる方法があるから、それと似てる?
こするというより、なでるのね。
これはポイント👌🏻

強くこすってはダメよ。

ちなみに、まゆ玉は、今、100均でも扱ってるらしい。安く輸入するのでしょう。
c0087899_11410982.jpg



きびその体洗い
c0087899_11383510.jpg


きびそというのは、
お蚕さんが、繭のお家を作るときに、そのとっかかりとして、最初に吐く糸、
この辺にお家を作ろうかな、、、
やっぱりやーめたってこともあるけど😅

c0087899_11383793.jpg


吐き始めの糸は、いちばん糊っけが強い、つまりセリシン成分が多いってこと。

"けば" とも言う。

繭から生糸をとる時は、あらかじめ、けば取り機で、取ってしまう。

繭たくさんだと、けばもたくさん。

その利用法として、きびそを紡いで織ったストールとかもある。

http://kibiso.jp/muscat2/

ここにのってるビデオが面白い。
お蚕さんがお蚕さんの気持ちになって語ってる。フランス語で。

ちょこっとの "けば" で洗面所のシンクを磨いている人もいますよー。


美容液

c0087899_11383772.jpg


これもタイの黄金繭。

シルクタンパク質のセリシンの保湿力、抗酸化力。

白繭の1.8倍だそうで。

もちろん白繭だって、効果は抜群、
製糸工場の女工さんの手は、しっとりすべすべ。
シルクセリシン入りの化粧水なら、自宅でも作れるから、やってみます?

c0087899_11383860.jpg


*タンパク質なので、あまり濃いと、肌に合わない場合もあるので、気をつけてください。

チーク

c0087899_11383929.jpg


紫外線カット機能、保湿。
チークにもまぜたのね。
ここまできたら、
口紅にも混ぜたらどーなのかなー。
きっと研究中よね。

☆最後は歯磨き粉

c0087899_11384013.jpg


歯磨き粉については、シルク成分の何がどう良いのか書かれていませんが、、、

歯を磨くなら、お蚕さんの蚕沙(さんしゃ)を利用したら良いのになーと、思うよー。

消臭効果あるし、天然素材だし、
桑の葉緑素たっぷりでーす。

あ、ご存知だと思いますが、蚕沙とはお蚕さんのウンコです。
主成分は桑。
乾くとコロンコロンで、黒っぽいけど、出てすぐのモノは、柔らかくて、指で潰すと桑を噛み砕いたもののかたまりで、緑色。


シルク!シルク!シルク!
いかがでした?


タイの繭だけでなく
日本のお蚕さんにも、がんばってもらいたいですね。

お蚕さんを育てるためには、美味しい桑の葉を用意しましょう。

食べれる使える桑の木畑、

日本の気候にバッチリ合っています。

絶やさないで繋ぎましょう。

養蚕も、昔のような、たーいへんなイメージとは違う、クリーンで、省力化した、無菌養蚕というものもあります。

絶やさないで繋ぎましょう。

桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部
でした。

[PR]
by mulberryclub | 2016-09-07 09:40 | Comments(0)

山梨県物産展で桑発見!

名古屋市栄の丸栄百貨店で、
山梨県の物産展

そこに八ヶ岳マルベリーファームというところが出店していました。

ここもやはり、
もう養蚕はやっていないけれど、桑の木が残っていて、
それを活かしたい!と
がんばってるそうです。

c0087899_23070929.jpg


飲み方は、ウチの桑パウダーと同じ。

冷茶ポットなどにたくさん作る場合→

水500mlに、パウダー小さじ1 (約2グラム)

合わせてフリフリ!
シェイク、シェイク!

ポイント→注ぐたびに振ってください。

c0087899_23071035.jpg


栄養の表示もあったので、参考までに
c0087899_23071162.jpg


カルシウム、鉄、マグネシウム
そして、葉酸!

山梨県の他にも、
岡谷、熊本、指宿、島根、福島、岩手、、、などなど

全国各地で、桑の葉の活用がなされています。

桑サミット、
開催したら盛り上がりますよねー!


[PR]
by mulberryclub | 2016-09-05 23:06 | Comments(0)