人気ブログランキング |

<   2016年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マルベリークラブ中部 2016年 活動記録

今年一年を振り返って
c0087899_19222993.jpg



♦︎ 1月 ♦︎

☆6次産業化事業の認定を受けたことで、オアシス21のオーガニックファーマーズ朝市村に初出店!

名古屋市内での大切な販売拠点がスタートしました。

♦︎ 2月 ♦︎

☆ひまわりネットワーク テレビ出演‼️

豊田市の市政情報番組"とよたNOW"に出演して、
我々の活動を紹介させていただきました。


☆春のとよたまちさとミライ塾にエントリー

前年秋のミライ塾て好評だった「桑の手打ちうどん作り」体験を開催。


♦︎ 3月 ♦︎

☆春蚕の飼育スタート

☆桑畑にシカ対策の柵をこしらえる

☆とよたビジネスフェアに参加

太田市長に桑茶をオススメする

☆ペポカルチャースクールで体験会スタート。

この事業には、コープあいちの福祉基金助成金をいただいています。

♦︎ 4月 ♦︎

☆東白川村に桑を植える

白川茶と桑茶のコラボレーションで、新たな需要を創り出す目的で、始まりました。

♦︎ 5月 ♦︎

☆ベランダ桑でマルベリーの実 初収穫

♦︎ 6月 ♦︎

☆イオングループ主催の子供向けイベント"チアーズクラブ"

テーマは昆虫、ということで、蚕の話とまゆ遊びを企画。

☆豊田環境学習施設エコットのエコットフェアに出店。今年で3回目。

桑茶や桑パウダーなどを販売。
大根鉄砲は子供に人気。

♦︎ 7月 ♦︎

☆豊田高専の学生寮前庭に桑を10本植える

☆桑茶、桑パウダー用の桑葉、この夏の初摘み

今年は、体験希望の方がいろいろきてくださいました。
地元の中学生、桑を植えて養蚕してみたい方、豊田高専の先生と学生さんetc

♦︎ 9月 ♦︎

☆なごや環境デー2016に出店

ネットやテレビの影響で、桑の葉茶の存在や効能など、認知度が上がっていることを実感しました。

♦︎ 10月 ♦︎

☆とよたまちさとミライ塾2016

逢妻交流館とエコットの二ヶ所で開催。
今年は桑入りの手ごねパン作りと桑の実入りベリースムージー。
桑の木を植えたいという桑ライフの仲間か増えました。

☆豊田市立中山小学校で桑、蚕、繭の授業。

「くわの木とカイコ」
日本の文化を次世代に伝える大切な機会です。

♦︎ 11月 ♦︎

☆草木染め体験会を猿投で開催。

桑の葉のほか、臭木の実やブラックベリー、茜などを使って、シルクのストールを染めます。
来年も素材を変えていろいろな草木染め体験会を開催します。

☆ふれ愛ときめきフェスティバルin岡崎 に出店。

会場は岡崎城西高校。愛知学泉短大生活デザイン総合科の山本豊ゼミの学生と一緒にまゆ人形作りコーナーと桑茶販売をコラボ。

☆美濃白川茶と豊田産桑茶のコラボでできた新商品「マルベリーティー」ができました。

桑茶に緑茶をブレンドしたティーバッグです。

☆豊田市押井町で"桑の葉プロジェクト"スタート

地元の人と協力して、耕作放棄地に桑の苗を植えて、経済循環できるシステムを創り上げます。
その第一歩が始まりました。

♦︎ 12月 ♦︎

☆歌声喫茶に協賛

プランディール音楽事務所主催の歌声喫茶で試飲と桑茶の販売をはじめました。
歌で健康、桑茶で健康。
より多くのみなさんに知っていただく機会が増えました。


by mulberryclub | 2016-12-31 16:47 | 活動記録 | Comments(0)

子供祭りで"まゆあそび"

12/23、ペポカルチャー教室の冬休み子供祭り🎄

いろんなブースがあって、ワクワク!

マルベリークラブ中部
本日のメニューは"まゆあそび"です。

c0087899_20352994.jpg


c0087899_20353051.jpg



どんな子を作りたい?
何色のまゆにしようか?
小物は何作る?

できるだけ自由に、創造力にまかせて、
大いに遊んじゃってください。

c0087899_20353077.jpg



ところで、この繭玉、
何でできてるか知ってるかな。

お蚕さんが2〜3日かけて吐いた一本の糸でできてるんだよ。

蚕って、かわいいんだよー (個人の感想です😅)

機会があったら、また、
子供たちと一緒に、"まゆあそび" しましょー




by mulberryclub | 2016-12-23 18:00 | 活動記録 | Comments(0)

「歌声喫茶&桑」 で ココロもカラダも健康に!

「歌声喫茶」が、今 密かなブーム⁉︎

気にしてみていると
新聞や街角のチラシなど、結構いろんなところに開催のお知らせが出ています。

今回、マルベリークラブ中部は、プランディール音楽事務所主催の歌声喫茶に協賛して、桑茶の試飲と販売をさせていただきました。

c0087899_09285573.jpg


会場は、名古屋テレビ塔のすぐ近くにある
"リビエール"のホール

まずはレストランのランチプレートで腹ごしらえ

食後の血糖値上昇を抑えるように、と、
桑茶を提供。

みんなが揃ったら、歌声喫茶のスタートです!

もうすぐクリスマス🎄

サンタ姿のソングリーダーさんと
トナカイ姿のスタッフが会場の雰囲気を盛り上げます

c0087899_09285543.jpg


定番のクリスマスソングからスタートして
昔よく口ずさんだ懐かしい歌
繰り返し歌った童謡
参加者のリクエストにも答えて、
歌集を手にみんなで歌います。

カラオケで高得点を狙いたいわけではなくて
気持ちよく歌いたいだけなの。

大きな声で いっしょに歌うと
気持ちが良くて、清々しくて、
笑顔になって、、、

歌って健康✨🎼

桑茶で健康✨🍵

健康つながり 〜

休憩タイムに再び桑茶で、乾いた喉を潤していただきましょう。

c0087899_09285628.jpg




参考までに

うちの桑パウダーを気に入って飲んでくださってる方から伺ったお話を、ひとつ。

その方、かなり血糖値が高くて
650mg/dlって、ふらふらするくらいの異常値!

インシュリンなどの治療はせず、
玄米食と桑茶の大量摂取で血糖値72mg/dlまで低下。

医者もビックリするくらいの改善だそうです。
こんな事例が本当にあるんです。

ただし、病院の薬を飲んでいる方は、急にたくさん飲むと血糖値が下がりすぎてしまうこともあるようなので、様子を見ながら、で、お願いします。

他にも、
血圧が180mmHgのお父様のことが心配で、毎食前桑茶のんでもらったら、
3週間ほどで70ー120mmHgまで下がって、それ以降ずっと安定しています、という報告もいただいてます。






歌うことって、本当に気持ちがイイ〜!

ココロの底から湧き出る活力!

カオもカラダも動かして
ココロも潤って


歌声喫茶 & 桑ライフで、健康・長生き作戦

大成功003.gif









by mulberryclub | 2016-12-21 09:31 | 活動記録 | Comments(0)

" まゆあそび " してみた

平針の体験会では
みーんなで トリさん作り

コッコ コッコと あっち向きこっち向き
たくさん並ぶと楽しいね

c0087899_08371264.jpg


トリさん作りの前に
小話をちょいと。

☆トサカが赤いのはなぜ?
毛細血管が集中していて、それが透けて見えるから

☆くちばしの下の赤い部分は何と呼ぶ?
にくすい、とか、にくだれという名前があります

☆トサカは食べられる?
トサカにはヒアルロン酸が豊富。
ドッグフードとして売ってます。
焼き鳥の希少部位としてカンムリの名で食べられるらしい。( 食べてみたい?)


で、早速 "繭でトリさん"

c0087899_19404383.jpg


1時間余り、細かい手作業に集中した後は
脳に糖分を。

c0087899_19404349.jpg


桑のシフォンケーキをどうぞ。
飲み物は、マルベリー&ダージリンティー
桑茶と紅茶のブレンドです。

トリさんは可愛くラッピングしてみましたよー。

c0087899_19404482.jpg


来年もよろしくお願いします😌



もう1つの"まゆあそび"

ペポ子供祭り( 12/23 )で作る、まゆ人形の準備をしながら

こんな子たちを作ったんだけどね。

c0087899_19404490.jpg


ふと目に入ったぬいぐるみにビビッときて
脱線003.gif

ちょうど、桑で染めた黄色い繭もありますし。
ふなっしー作っちゃいました。

c0087899_19404526.jpg


カラフルきれいな 色まゆ を使ったまゆ人形も
どうかなーと、再び試作タイム

だんだん 小物使いにも力が入って
さらに楽しくなってきた。

うさぎさんには、、、お花🌼

カエルさんには、、、蓮の葉を敷いて

c0087899_08371376.jpg


クマさんは、、、???
何食べる? サカナかな?
サカナをくわえているのは茶色いクマのイメージかも知れませんが、
シロクマさんだってサカナ食べるじゃん。

トリさんには、、、派手なトサカをつけてあげたらヒヨコが、インコになっちゃった


c0087899_08371473.jpg


さて、
ペポ子供祭りで
子供たちは
どんなまゆ人形を生み出してくれるのでしょう✨✨✨

楽しみです001.gif







by mulberryclub | 2016-12-20 08:10 | 活動記録 | Comments(0)

自然の色をいただく 草木染め

今日は草木染めの勉強会

◎四季の桑 冬編
◎山茶花(さざんか)の花びら
◎カリヤス

c0087899_06452408.jpg


さーて、
今回はどんな色に染まるかなー

お湯を沸かしながら、手順の確認。


" 四季の桑 冬編 "

桑の葉っぱはもう落葉してしまって残っていない、けど、枝を煮ても色素は取り出せます。

不思議なようで、当然でもある。

たとえば桜🌸は、枝からも薄いピンクの色素がとれるそうです。

"自然から、色をいただく"

そんな気持ちで😌

枝を細かくカットする
20分くらい煮出す
もう一度20分煮出す
合わせた染液に布を浸け、絶えず動かす20分
媒染液に浸け、絶えず動かす20分

c0087899_11414171.jpg


そして

c0087899_11414299.jpg


染め上がりました。
左はシルク、右は木綿。

素材が違うと染まり具合も、変わります。

シルクには、お試しで絞りを入れてみました。

後ほど、アイロンかけて仕上げます。



"カリヤス"

漢字で書くと"刈安"
ススキによく似た植物です。

やり方は桑の枝と同じ。

色もよく似てる、、と思ったら
やはり、違っていた。
c0087899_11414338.jpg


植物固有の色素、
媒染液との化学反応、
季節や環境の違い、

理科の実験みたい🤔

そういえば、お料理も、
実験みたいなものだって言いますね。

暮らしの中で、実験くん🔎
楽しい!


"さざんかの花"

染めに戻って、
こんどは、さざんかの花びら。

できるだけ身近な材料で染めてみたい、と思って選んだ材料。

🎼 さざんか さざんか 咲いた道
焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き

🎼さざんかの〜宿〜

ってのもありましたね

で、さざんかってどんな花?

c0087899_11414323.jpg


漢字で書くと 山茶花。
元は、さんざか と呼んだのが、変化して さざんか
になったんだと。

いろんな市町村の花に指定されてるようです。
常滑の方、横浜の方、杉並区の方、名古屋市港区の方、、、、
ご存知でした?

ツバキ科なので、見た目も椿によく似ています。
垣根に使われているので、この季節には、あちこちで咲いています。
白い花もあります。

今回はもちろん赤いさざんかで。

この花びらをばらばらにして、布の袋にいれ煮ます。
煮て色素を抽出します。

赤い花びらからいただく色は何色?

c0087899_11414460.jpg


初めはとても薄い肌色でしたが、クエン酸を入れたら、少し赤みがでて。

オレンジ系の赤に👇🏻

c0087899_11414473.jpg


もっとピンクやローズみたいな色になるかと思っていたら、、、😳

実はこの花びら、取ってきてすぐ染めたものはもっとローズピンクの色素が出たんです

c0087899_12141932.jpg





これから、季節ごとに、四季の桑シリーズの他、身近な素材を使って、シルクのストールやポケットチーフなど、染め体験を企画します。

🌿😃草木染め🌿
やってみたいけど、道具や材料を揃えるのも大変💦と思っていた方は、ぜひ💁

お問い合わせはこちら

anp@mediacat.ne.jp まで

体験会開催の折にはメールや電話でご案内させていただきます。

どんな様子? 気になる方は

今年の秋、猿投で行った草木染め体験会の様子は11/1のブログをご覧くださいませ。




by mulberryclub | 2016-12-16 17:00 | 活動記録 | Comments(0)

ワイルドシルクの魅力

ワイルドシルク

野蚕 (やさん) の繭からとるシルク

カイコは家蚕 (かさん)
5000年以上前から、人間が飼い育てるようになって家畜化され、それ以来ずーっと、家の中で飼われてるから
"家蚕"
与えられた桑だけを食べる。
自分からエサを探しに行くこともない。


"野蚕"は名前のとおり
野や山にいる野生のカイコ
ヤママユ、クスサン、テグスサン、サクサンなど。

c0087899_17001817.jpg


色も形も様々005.gif

たとえば、"天蚕(てんさん)"

野蚕の中でもピカイチの繭。

写真の右側に並んだキミドリ色の美しい繭👆🏻

皇后様も育ててみえます。
クヌギやブナなどの葉っぱを食べます。
山に行って探せば見つけることもできるそうですが、、糸にするのも技術的に難しいらしく、非常に高価なものとして扱われています。

品質もピカイチ。
光を乱反射吸収してかなり美しい!
独特のツヤ感!
軽い!
糸の構造上、カイコの絹よりさらに軽い!


他にも、サクサン
薄茶色の繭をつくります。
紡いだ糸はこちら👇🏻

c0087899_06473900.jpg



ヨナグニ蚕、タサール蚕も薄茶色の繭で、
紡いで使います。

野蚕の繭の糸の長さは600メートル位で、
家蚕の繭糸1000〜1500メートルに比べると短め。

まだまだ野蚕について、
知らないこと
知りたいこと
たくさん!

2016年3月、東京に"野蚕ミュージアム" がオープンしたんだって!

c0087899_17001973.jpg



シルクに興味のある方、
はい はい はーい✋🏻

カイコ女子としては外せませんよー!













by mulberryclub | 2016-12-09 09:10 | Comments(0)

富岡製糸場

東京から二階建て新幹線MAXで高崎へ、
上州電鉄に乗り換え上州富岡駅下車、
徒歩15分。

c0087899_08375402.jpg


わーい
お富さんだ〜😊
(ぐんまちゃんには会えませんでした😓)

というわけで、富岡製糸場に行ってまいりました。

世界遺産に登録されたのが平成26年6月。
もう2年半も経ったのですね。

c0087899_08375518.jpg




とにかく天気が良くて、シアワセ〜✨

レンガの積み方、骨組みの構造、テレビではみていたけれど、なるほどね〜🤔

想像していたよりも、ずーっと奥の奥まで続く繰糸台は圧巻。

製糸に必要なたっぷりの水を溜めて置くための鉄製の大きな水槽、足場は石を5段位積み上げて高くしてある。
でも、それをどうやって積んだのか、資料も無くて今もまだ謎なんだとか⁉︎

糸繰の実演、ゆっくり丁寧に、説明しながらやってくれるので、わかりやすいわー。

カイコの品種、群馬県が育成したという"ぐんま黄金"はキレイな黄色い糸でした。

他にぐんま200とか、小石丸を改良した新小石丸とか、蚕太(サンタ)という品種は太い糸を吐く品種もある。
c0087899_08375645.jpg



フランス技師ブリュナーさんの住居として使われた建物の屋根にある空気孔(元は暖炉の煙突だったらしい)
よく見るとハートがくっついてるんだよー✨

c0087899_08375704.jpg


こんな細かいことまで、教えてくださるのが、

"富岡おせっ会"のみなさん

ありがたいです。
たのしいです。

c0087899_08375866.jpg


桑の生態を知るコーナー、と書いてある。
行ってみたら、普通に桑畑。

c0087899_08375810.jpg



豊田より少し早めの落葉。これからまだまだ落葉がすすみますね。

門の近くには鉢植えの桑が置いてあって、
ウチといっしょ〜と嬉しくなりました。

c0087899_08375955.jpg



繰糸の実演コーナーの横には

なんとお蚕さんが💦
ストーブの横だけど、室温は9度、湿度40%、
寒そう😓
かわいそう😓

ほとんど動かないから模型かと間違ってしまうよ

c0087899_08380026.jpg


一反織るために、生糸900g必要。
生糸900g作るためには 繭4.9㎏必要。
繭4.9㎏のためには、蚕を2600頭。
2600頭を育てるには桑の葉っぱ98㎏が必要。

ふーむ、
で、その桑の葉っぱを取るのに、桑の木何本植えたらいいのかな〜?

って、思いませんか。

98㎏の葉っぱってどんだけ〜?

って、思いませんか。

桑の木一本から採れる桑の葉は、平均で約4キロ
25本で100キロくらいかなー

着物👘一枚作るのに、どれだけの人がどれだけの手間と時間をかけて、出来上がるものなのか、

食べ物でも着るものでも、何でもそうだけど、
"暮らし" というのは
手間と時間のかかったものは、かかった分だけ
味わいが深ーくて 長ーい。

そんな気がしませんか😊✨


場内で今、
修復工事が行われている西の置繭所。

c0087899_08380176.jpg


一見、レンガ造りの壁に見えるのに、

よく見ると、実は、模様付きのカバーシート👏🏻

シートの向こう側、つまり補修作業が解説付きで見学できるようになっています。

ヘルメット⛑被って、いざ 中へ🚶🏻

普段は上がれない高さ、
屋根の上、くらいの高さまで行けて、
見晴らし抜群!

c0087899_08380159.jpg


ここでも、丁寧に、親切に、おじさんがいろいろ教えてくれます。

じっくり見学を終え、

駅までの戻り道。

桑、シルクに関わるものがいろいろ!
あるある〜😳

あちこちで売ってる "桑パウダー"
試飲サービス付き。

桑茶いかがですか〜🍵
ありがとう。
で、ちょこっと歩くと

桑茶いかがですか〜🍵
ありがとう。

飲みすぎ〜😅

糖分の吸収を抑える桑茶、の後は、

富岡おやきの店"いと"に寄って、囲炉裏で桑まんじゅうを焼いて、いただきまーす。

先ほど"富岡おせっ会"の看板を持って写真を撮らせてくれた陽気なおかみさんと娘さんが、やさしく楽しくお話を聞かせてくれた。

どうやら桑パウダーの色は熱には強いけど、日光には弱いらしい。
ふむふむ、勉強になります。

富岡で、
いろいろ盛りだくさんで、たのしい時間を過ごすことができました。

そして、この後、東京で、また新たな出会いありますので、続きは次回、、、😊









by mulberryclub | 2016-12-08 08:21 | 活動記録 | Comments(0)

桑の木は落葉樹・朝市12回目で新商品

c0087899_14461375.jpg


桑の木は落葉樹。

だから、葉っぱがぜーんぶ落ちてしまっても大丈夫ですよ〜。

ちゃんと生きています。

ときどき水をあげてください。

ときどき声をかけてください。

そしたら
来年の春には若い葉っぱが顔を出します。

待っててね😊🌿


さて、
今日(12/3)は、オアシス21で朝市に出店。
今回でちょうど一年、12回目となりました。

c0087899_08435203.jpg



そして新商品も店頭に!

c0087899_08435328.jpg


岐阜県の東白川村で採れた美濃白川茶(緑茶)

猿投、足助で採れた桑茶

ブレンドしてティーバッグになったよー

緑茶のビタミンCも加わって、桑茶のチカラも、更にパワーアップ。

c0087899_08435483.jpg


急須にポン、
湯呑みにポン、
カップにポン。

便利です。

いかがですか〜💁



☆ちょっとご紹介

ある方が、庭に桑の木があってね、と、持って来てくださったのがこちら👇🏻

c0087899_08435463.jpg


黄葉した桑の葉デス❗️

こんなにキレイに黄色く、柔らかく、まるでイチョウの葉っぱみたい。

オドロキです!
だって、、、
見たでしょ?! 1枚目の写真👆🏻

あんな感じで、
パリッパリッになって、
ハラハラッと落ちて、

葉のない寂しい枝の下に枯葉が、、という状況しか知らなかったよ。

どんな条件下で育てられたのかなぁ🤔

イイもの、見せていただきましたー✨
ありがとうございます。










by mulberryclub | 2016-12-03 14:32 | お知らせ | Comments(0)