<   2017年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

桑の実がたくさん落っこちる季節!

桑の実採り

名古屋市内の某公園に行って、大量に落ちた桑の実を集めてまいりました。

c0087899_16115380.jpg

c0087899_16175514.jpg


こーんな大木だよ👇🏻😳

c0087899_16175566.jpg


この公園には、他にも何ヶ所か桑の木がありますが、この木がいちばん大きくて、たくさんの実をつけます。


一度地面に落ちたものなので、残念ながら、食用ではなくて、
染め用です。

シートかなんかを広げて、大木にドスコイドスコイしたら、食べ頃の完熟桑の実がポロポロと落ちてくるかなぁ、、、(なんて、冗談ですが)

拾ってるときにも、たまたま背中にコロリンっと落ちてきた実もありました!




さてさて、ベランダ桑から取れた桑の実、
毎朝採りためて、500グラムになりました。

c0087899_23240560.jpg



そろそろジャムにしようということで、

c0087899_23240606.jpg


砂糖と多めのレモン汁で酸味をきかせてあります。
ジャムより緩めなのでフルーツソースみたいな感じ。
ヨーグルトやアイスクリームにかけたり、パンに塗ったりしましょう。

八事での料理体験会(6/27)の時に、試食していただく予定です。お楽しみに😋





[PR]
by mulberryclub | 2017-05-27 15:13 | 活動記録 | Comments(0)

桑の葉クッキング "手打ちうどんと天ぷら"

「桑入り手打ちうどんを作って、桑の葉の天ぷらをのっけてみましたー」の巻

c0087899_23015905.jpg


まずはうどんを作りまーす。

手順はこちら👇🏻

うどん粉に桑パウダーを合わせて、塩水を注ぐ

c0087899_23015913.jpg


まずは捏ねずに、ポロポロ,パラパラになるまで
まんべんなく水和させる。

そして10分ほどしっかりと、腰をいれて捏ねます。

c0087899_23020055.jpg


実はフードプロセッサーを使えばカーーンタン!
1〜2分で力要らず。

指1本でスイッチON👆🏻

c0087899_23020042.jpg


捏ね終わった生地を30分ほど休ませてから、
麺棒で薄く伸ばして、、、カットする。

c0087899_23020005.jpg


あとは茹でるだけ〜

そして
本日のもうひとつの主役、"桑の葉の天ぷら"

c0087899_23020173.jpg


そして、ご試食タイム😋

c0087899_23020166.jpg


桑入りのうどんは、短時間でこんなにモチモチになるんですねー、と好評でした。

桑の持つ粘りっ気のおかげ、
そして、皆さんがしっかり捏ねてくれたおかげでーす。

もちろん桑の葉の天ぷらも、もっちり〜ですよ〜

6/3開催の名古屋栄オアシス21朝市に
桑の葉っぱ持って行きまーす。

ちびっ子お蚕さんも、連れて行けるかも、、、
お楽しみに。

c0087899_07305555.jpg








[PR]
by mulberryclub | 2017-05-25 21:33 | 活動記録 | Comments(0)

5月、種を蒔いてみた

種を蒔く


今年3月に群馬県の大竹栽桑園さんで苗づくりについて学んで参りましたので、

5月、種を蒔くところからスタートです。


今年の実からとった種ではなくて、1年前にとって冷蔵してあったものを植えます。
c0087899_10035163.jpg



この後、どうなっていくか、
学んだことは、3/25のブログに載せておりますが、、、
果たしてそのとおりにいくかどうか⁈

なんでもトライしてみましょー

まずは、第一段階、芽🌱が出てくるのを、待ちます。

c0087899_15473924.jpg

c0087899_15474077.jpg


続きはしばらくお待ちください😌




ところで、

なんと!

名古屋市内の飲食店のメニューの中に
"桑" 発見!

嬉しくて。
もちろん注文しました。

気仙沼でも作ってるんだー。

色はとてもきれいでしたが、香りはあまりなかったですねー。

c0087899_15474020.jpg


なんにせよ、ありがたいことです。

桑の良さ、じわじわ世の中に浸透してきているのかもしれません👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻
バンザイ。




[PR]
by mulberryclub | 2017-05-21 09:51 | 活動記録 | Comments(0)

朝から桑の実摘み!

今年もはじまったよー

ベランダで桑の実摘み〜

c0087899_09014123.jpg


c0087899_09014222.jpg


初生りは5/18。
見つけたー🙌🏻
まずは貴重な1個☝🏻

c0087899_09014212.jpg


昨日(5/20)は、よーく探して6個発見。

で、今朝(5/21)見たら、

c0087899_09014301.jpg


オーーーー❗
あっちにもこっちにも

いっきにたくさん色づいていてビックリ!

本格的にベランダ桑摘み、となったわけで。

桑の実はしっかりと黒に近いような濃い紫色にならないと未熟モノ。

c0087899_09014324.jpg


👆🏻これが未熟モノたち。

で、
c0087899_09014409.jpg


👆🏻こういう白っぽいのは病気なので、すぐに取って遠くに捨てましょう。
未熟の白とは違って、かさかさの乾いた白色で、中が黒くなっているので見分けやすいです。

そのままにしておくと、他のに病気がうつってしまいます。


元気な実は、熟してくると、手でやさしく摘んだだけで、"ポロッ"と取れます。

c0087899_09014480.jpg

"ポロッ"

わかりやすーい👏🏻

小さい(大きくてもいいけど💦)子どもに、
ぜひ体験させてあげたい"桑の実摘み体験"

無理やり引っ張って取っちゃダメだよー

カンタンにポロっと取れたらオッケーだよ〜

ネッ!わかりやすいでしょ。

よく洗って、このまま食べるのもいいけど、
どうやらウチの桑の実の味は淡白なので、ジャムにしまーす。
(ルバーブと一緒に煮るとより美味しくなるそうです。手に入れば。)

熟すと傷みが早いので、
洗って、ある程度の量になるまで冷凍してためておきまして、

全部一度に煮る、という方法です。

生の実が、お店とかに出回りにくいのは、
多分、収穫してからの傷みが早いせいじゃないかなーと、思っています。

この季節はあちこちで、自生の桑の木にたくさん実がなって、ボロボロ落ちていたりします。

ぼくは桑の木でーす、と言わんばかりに!

だから見つけてあげてくださいね。
桑の木さんたち。


追加

その後、毎日のように手のひらにいっぱいずつ、採れます。
去年より収量は確実に多いよー!
そろそろジャムにしようかな。
c0087899_07293954.jpg



[PR]
by mulberryclub | 2017-05-21 08:01 | Comments(0)

桑の新茶を作ってみよう!

足助の桑畑の葉っぱがとても青々といい色になってきました。

天ぷらの次は、
自家製 新茶作り!


若葉を摘む

c0087899_18240360.jpg


ザバザバと洗って、水を切り

c0087899_18240407.jpg


水気を拭き取って

c0087899_18240489.jpg


干す。
時々裏返す。

c0087899_18240550.jpg


乾いた!

c0087899_20110020.jpg


少しくだいて、出来上がり!

c0087899_20110094.jpg


飲む時は、少し煮出すことをお勧めします

c0087899_20110127.jpg



新茶はやっぱりいいよー。

「新茶を飲むとその年は健康に暮らせる」って言うでしょ😊

葉っぱの色も違うしね〜🌿👍🏻


2015年5月にお話を伺った福知山の養蚕農家の女性も、毎年、この時期の葉っぱで新茶を作って、毎日飲んでいるとおっしゃっていました。

桑畑で働いた後は、少し冷やした桑冷茶がよろしいようで😌




ちなみに、ベランダ桑は、実が少しずつ赤くなってまいりました。
濃い紫色になるまで、しばらくおあずけです。

c0087899_20110122.jpg








[PR]
by mulberryclub | 2017-05-14 18:17 | Comments(0)

皇后さまは御養蚕始の儀、ウチの蚕(こ)は繭になったよ〜

報告です。

4/10生まれのお蚕さん、

繭になりましたよー

c0087899_10460415.jpg


4/25の体験会のとき
脱皮前なので、自宅待機させていた子たち

帰宅して見ると、、、やはり🙌🏻

脱皮していた!

c0087899_10460549.jpg


その後は、毎日たくさんの桑を食べまして、

c0087899_10460554.jpg


c0087899_10460638.jpg


5/5から、繭のお家を作り始めて、
そろそろ完成したようです。

2〜3日かけて、長〜い一本の糸で作る繭。
糸の長さは1000〜1500メートル。

c0087899_10460683.jpg


これから彼らは、繭の家の中で最後の脱皮をして蛹になります。

10日後くらいに蛾になって出てくる予定。

さてさて、男の子?女の子?

バランスよく出てくるといいけど、、

もしかしたら全部メスだったり
はたまた争奪戦になったり

きれいな繭のまま残したかったら、蛾になって出てくる前に、
切開して、裸んぼの蛹を暗いところに置いてあげれば、ちゃんと蛾になります。

蛾といってもとても凛々しく美しい。
その姿お見せするまでしばらくお待ちください。お楽しみに。


蚕を育てる、と言えば、、、

皇后さまが歴代受け継がれる養蚕をなさっていることはご存知の方も多いと思いますが。

5/2に、「御養蚕始の儀」(掃き立て)をなさり、

5/8に、「天蚕の山つけ」をなさったそうです。

皇室ニュースなどに載っていますので、関心のある方はそちらを検索してみてください。

ちなみに、
「皇后さまとご養蚕」
「皇后陛下のご養蚕」
もオススメです。

c0087899_10460770.jpg


[PR]
by mulberryclub | 2017-05-09 09:54 | お知らせ | Comments(0)

待ちに待った! 桑の葉 天ぷらの季節

パリっ!
もちっ!

って、なんの食感⁉︎

答えは、桑の葉天ぷら🌿

c0087899_19162597.jpg




桑の葉には、
少し粘り気があります。

これが、天ぷらにすると、
なんだかもっちり〜〜

ということで、輝く緑の葉っぱを
早速 天ぷらにしていただきました。


真夏になると、肉厚になって、ゴワゴワするので、今がチャンス!

天つゆもいいけど、桑塩もいいね。

あ、ちなみに、葉っぱの形は、切り込みのないタイプの方が、天ぷら向き。
なぜなら、切り込みが多いと、その部分だけ火通りが良すぎてしまうから。


食べきれなかった葉っぱは、
濡れたまま湿ったクッキングペーパーに包んで、ビニール袋に入れ、冷蔵庫。

c0087899_19162619.jpg



そこで、お知らせです。

今月の桑クッキング体験会では、
桑の天ぷらと桑入りの手打ちうどん!

c0087899_19162675.jpg



5/23 13時から、八事のペポカルチャー教室にて


c0087899_19162781.jpg









[PR]
by mulberryclub | 2017-05-06 18:37 | お知らせ | Comments(0)

ゴールデンウイークは草刈りウイークなのだ!

いよいよ新緑の季節🌿

c0087899_13191393.jpg


若葉が芽吹き始めました。

ここからは早いよー
どんどん葉っぱが増えます。

c0087899_13191368.jpg


同時に、雑草の勢いもスゴイので、
本日の作業は草刈り〜

c0087899_13191442.jpg


c0087899_13191489.jpg


4台の草刈り機パワー全開!!

右へーー左へーー
バリカンパワーーー

木の根元周りだけは、手作業も必要。

そしたら、
見つけました😱

キノコです。
悪さをするキノコです。
桑の実が白くなっちゃう、菌核病の原因キノコ。

その姿は、
コレだー! 👇🏻👇🏻👇🏻

c0087899_13410885.jpg


このキノコの胞子が危険なんだよ。
名前は"キツネノワンタケ"

仕方ない、すぐに取り除いて、石灰をまいておこう。

実のなる木を育てているみなさま、
実が赤から紫になって熟すことなく、しろ〜くなってしまうのを見つけた時は、危険、ビョーキです。
キノコさんには悪いけど、すぐに取って、遠くに捨てましょう。




竹で囲んだ一画には、枝垂ぐわが植えてあります。
しっかり成長すると、格好のいい立派な街路樹にもなる木です(桑の都 八王子の駅前の街路樹は立派でした)が、まだウチのは、ヒョロヒョロくんです。
c0087899_18575235.jpg


c0087899_18575357.jpg


小ぶりの葉っぱと小ぶりの実がたくさん!

いい感じに枝垂れてまーす。


ゴールデンウイークは、
草刈りウイーク、
まだしばらく、がんばりまーす💪🏻


もしかして、お盆休みは、桑の葉摘みウイーク💦











[PR]
by mulberryclub | 2017-05-04 11:27 | 活動記録 | Comments(0)

"野蚕ミュージアム" たのしいぞー

東京の清澄白河駅近くにある

"野蚕ミュージアム"

ココはすごい!!

c0087899_10185766.jpg


野蚕のことならなーんでも、
たくさんの標本や製品やかわいいグッズ、、、

蚕(家蚕)もいいけど、野蚕もいい!
知れば知るほど魅力的。

c0087899_10185732.jpg



白くてきれいな蚕蛾に比べて、
野蚕の蛾はコワくて不気味、と思っていたのに、
だんだんカッコ良く見えてきた。

ヨナグニサンの蛾なんて、手のひらくらい大きくて、羽の模様はコブラの顔に似ているんだって!

えりさんの顔は丸くて少しで平らで、
口もとがかわいい。

カラダのイボイボしたところがちょっと、、、と思っていたのに、このイボイボがかわいい、なーんて思えてきたり。

えりさんの繭には、初めから穴が開いていて、
繭を溶かして穴を開けて出てくる蚕と違って、手で押し広げながら出てくるんだって。

クリキュラの繭は金色、これが自然界の色!


館長の女性が、スーパーカイコ女子で、
なーんでも知ってる!
全身シルクに包まれた衣装がステキ。

優しく丁寧に、どんな疑問質問にも答えてくださいます。

あ、これ、もしかして、先日岡谷で聞いた話にありました、心が安定する、穏やか効果が溢れているの状態?


時間の過ぎるのを忘れるくらい、小さな空間に、野蚕の魅力がたーくさん、詰まっているミュージアム。

今回が2度目でしたが、
また来まーす。

と。


そうしたら、先日、
ここの様子が、最近テレビで流れたんだよー!

"ぶらり途中下車の旅"
(2017.4.22放送)

c0087899_10185884.jpg

c0087899_10185937.jpg

c0087899_10185965.jpg


ここの魅力を凝縮してたけど、

いやいや、ここの魅力は特集番組にして、何回もシリーズにして欲しいくらいです。

興味のある方はもちろん、ない方もぜひ、
清澄白河の"野蚕ミュージアム"

ホームページでチェックしてから、訪れてみてください。

たのしいぞー😆😆😆😆😆

c0087899_10485495.jpg












[PR]
by mulberryclub | 2017-05-01 15:36 | Comments(0)