<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

まゆ遊びしよう (ペポカルチャー教室)

まゆ遊びと桑、蚕、繭のお話。
7/29 ペポカルチャー教室にて開催。

楽しいまゆ人形たちが出来上がりました。

見本として見せたのはコチラ👇🏻

c0087899_19003004.jpg


それが、子供達の創造力マジックで
だいへんしーん!

c0087899_19003110.jpg


製作中の様子

c0087899_19003126.jpg



楽しんでいただけたようで、なによりです。


蚕のこと、繭のこと、桑のこと

熱心に聞いて、写真に収めて、ノートに書き、

夏休みの宿題の参考にも なったようですね。

c0087899_19003255.jpg


蚕の一生
いろいろな資料を観察して、みんな興味津々。

c0087899_19003245.jpg


糸紡ぎ
ほぐし繭から糸を紡いでみます。
やさしく引っ張って〜〜

c0087899_19003354.jpg


糸繰り
繭から細〜い糸が取れます。藁で糸口を見つけて、、上に引き上げると、、、

ほらー。

見える? 見えないくらい細いね〜。

c0087899_19003366.jpg


引率のお父さんお母さんも一緒に、
関心を持っていただけて、

充実した講座となりました。

参加者のみなさまには、
暑い中来てくださって、ありがとうございました。














[PR]
by mulberryclub | 2017-07-29 18:22 | 活動記録 | Comments(0)

草刈り大作戦 in 押井町

押井町の桑畑。

1ヶ月ぶりの草刈りです。
前回(6/21)、しっかり根っこまで取ったはずでしたが、、

梅雨の間に伸びたんだねー、どれが桑??
埋もれそう?
いやいや、まだそこまでは、、

桑くんも負けずに大きく成長してるからね。
頭2つぶんくらい、桑の勝ち〜☝🏻

c0087899_10593041.jpg


まだ今年は収穫して商品にできるほどの量はありませんが、しっかり育っています。

c0087899_10593062.jpg



ひょろっと一本の苗が
ほんの数ヶ月で、こんなにたくさんの葉をつけたらバンザイ🙌だよね。



草刈り
作業前と作業後

比べてみれば一目瞭然!

c0087899_10593110.jpg


スッキリー!

この気持ち良さ、達成感がたまらんのです。


汗が滝のように流れるとはこのことか
今回もいい汗かきましたー!


さて、
剪定の違いで、枝ぶりが変わる様子をお見せしましょう。

今回5月に、沖縄の桑博士、小川先生から教えていただいたやり方で

桑の苗を植えたら、下から3芽〜5芽残してチョキンっとカットする。

c0087899_18051506.jpg


その後、木が成長すると

c0087899_18051667.jpg


このように、伸びます。

剪定せずに、そのまま大きくなった木は

c0087899_18051751.jpg


違いがわかりますか?

どちらの木が望ましいかわかりますか?

葉っぱを枝からしごいて収穫することを考えてみてください。

剪定した方は下の方からしっかり二本の枝に分かれて、そのままグーンと伸びています。

そうすると、枝ごとカットしたら、
一度にザーッザーッと、葉っぱが取れます。

枝の途中から脇芽が出て、小枝となって伸びていると、一度にザーッ、、というわけにはまいりません。
なので、どちらが効率よく桑の葉もぎができるかというと、

はじめに剪定した前者の木というわけです。

せっかく植えた苗をあんなに短くチョッキン!するのは、なんだかかわいそうなようで、勇気がいりましたが、

それでよかったんだねー。



あ、でもこれは、あくまでも桑の葉を効率よくたくさん収穫したい場合のお話です。

大きな桑の木にしたいなら、そのまま伸ばしていけばグングン伸びます。
カットしなくてもいいです。

伸びすぎて困ったなーってなった時にバッサリでも構いません。
その高さから再スタートします。

毎年剪定を繰り返すとその度にチカラを使うからでしょうか、木の寿命は短くなります。
と言っても15年ぐらいは大丈夫。

なにしろ丈夫な木なので、株が残っていれば、毎年必ず伸びてきます。


切っても切っても、又、又、又、伸びるから"桑"
なのだ〜💪🏻


次回の活動も押井町、草刈り大作戦。
いい汗流したい方、
いい風を感じたい方、

ご一緒にいかが〜。


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部です
c0087899_18215312.jpg

ちなみに、この日は押井町に総務省から視察団御一行さまがきて、我々の活動の様子も取材見学していかれました。

c0087899_18051786.jpg











[PR]
by mulberryclub | 2017-07-28 17:25 | 活動記録 | Comments(0)

おつまみクッキーと水出し桑茶

今月の桑クッキング
c0087899_11334955.jpg


シンプルな材料で簡単おつまみクッキー👏🏻👏🏻👏🏻

桑粉末のほかに、全粒粉、黒ごま、豆乳など使って、
ボウルに入れた材料を 手で混ぜ混ぜ。
伸ばしてスジをつけて焼くだけ。

材料も作り方もとてもシンプルなクッキー👌🏻

男性の参加者も家に帰ってたらまた作ろうと、
意欲満々❗️

c0087899_11334979.jpg


c0087899_11335093.jpg



大きな手の彼にはボウルが小さかったかもしれませんね。
手つきはバッチリで、お伝えするこちらも嬉しくなります。

形にこだわらなくてもいいので、上から触ってみて全体の厚さを揃えましょう。

c0087899_11335096.jpg


ドレッジで押さえてスジをつけます。
桑の緑に黒ごまのアクセントがバッチリ合ってるでしょ〜

c0087899_11335132.jpg


あとは焼くだけ。
ただし焼き時間は長め→170度のオーブンで30分

焼きあがってからもしばらくそのまま置いて、
余熱でさらにカリカリに(ここポイント!)

あとは手でポキポキと割ります。
これ、結構楽しい。

けれど、みんなの前だと緊張する場合もある。
折れたらどーしよーって。

c0087899_11335115.jpg


黒ゴマの代わりに、アマニを使ったものも作りました。
ゴマもアマニもとても香ばしい。

で、、桑の香りは、、、?
冷めると桑の香りもちゃんと感じられますよ。
もちろんもう少し多めに入れていただいてもイイですが、多すぎて失敗した例もありますので
ほどほどに😊
c0087899_11335266.jpg


今回、初めて 桑の葉茶を水出ししてみました
茶葉は少し多めに入れて、2時間くらい置いたら

c0087899_11335256.jpg


いつもよりエキスがたっぷり溶けているような気もする。
葉っぱ多いし、時間長いし。

というわけで、
みなさん、
たまには水出しもアリです。



☆さて、来月の桑の葉クッキング。
場所を本山の駅近くに変えまして、
開催を予定しています。

コープあいち 生協生活文化会館 3階調理室
名古屋市千種区稲舟通1-39
地下鉄「本山」駅4番出口より徒歩2分

「桑抹茶と甘酒の
和風レアチーズケーキ」

夏バテ防止に甘酒はぴったり。
桑茶と甘酒のコラボをお楽しみいただきます。

c0087899_11335346.jpg


お申し込み、お問い合わせは
NPOマルベリークラブ中部
052-747-2663または090-9940-9293まで。







[PR]
by mulberryclub | 2017-07-26 10:08 | 活動記録 | Comments(0)

猿投の桑畑 真夏だ!暑いぜ!

猿投の桑畑をご紹介しましょう。

毎週金曜日、基本的に通うのがこの猿投拠点です。

c0087899_17505137.jpg


青空をバックにキラキラ輝く緑色の桑は
本当にキレイ!

大きくなったねーと声をかけます。

肉厚の立派な葉っぱ、君たちはいい茶になるよ。



ここで草刈機や鎌などの道具を積んでから、足助や押井町に移動することもあります。

本日の活動は、猿投で桑畑の手入れ、つまり雑草を刈ること。


c0087899_17260296.jpg


c0087899_17260302.jpg


敷地内には、しだれ桑という品種も育てています。

格好の良いしだれ桑に整えるには、しっかりとお手入れが必要です。

ここの桑も、だんだん良くなってきてはいますが、、、もう少し背が伸びるとさらに良くなることでしょう。

c0087899_17505119.jpg

c0087899_17505294.jpg


気温35度とも言われた中での作業はたーいへん!

桑の木陰で一服です。

c0087899_23033022.jpg


草刈り作業中の動画をフェイスブックに投稿しましたので、そちらもご覧ください。






[PR]
by mulberryclub | 2017-07-18 17:20 | 活動記録 | Comments(0)

第2回 桑摘み大会 (連日です💦)

もう第2回 ⁉️

そう、連日なんです。
昨日に引き続き、
今日も頑張ります! ファイトです!

本日のスタッフは9名。

同じく足助の桑畑。

c0087899_20024209.jpg



陽射しは少し優しいけれど蒸し暑い日となりました。

昨日と違って
作業性の良い枝ぶりの木が少なくなっていて、

枝を切るにも、どれにしようかと選びながら。

葉っぱもぎも、細かい茎が混じらないように。

それでもみんなで頑張って、100キロ超えを目指しました。

c0087899_20024361.jpg




摘んだ葉っぱの行く先は、
豊田市下山の茶業組合の加工場

摘んでから4時間以内に処理しないと、品質が落ちてしまいます。

軽トラでダッシュ💨

c0087899_19080269.jpg


c0087899_19080224.jpg


分銅秤で計量。 本日の収量は、、、

c0087899_19080323.jpg


110キロ!
目標達成です👏🏻

すぐにコンテナに入れて、風通し、蒸れ取り、汚れ取り。

c0087899_20024358.jpg


そのあと蒸してから乾燥です。

ちなみに、昨日採った分のたくさんの葉っぱは、もう乾燥まで終わっていました。


まずは、2日続けての桑の葉摘みが一段落。

まだまだ葉っぱは残っていますが、この後少し間を開けると、また新しい枝や葉っぱが伸びてくるはず。


さて、次は、
足助にあるもう1つの桑畑。

こちらもかなり繁っていますので、しっかり収穫いたしましょう。

第3回 桑摘み大会に期待😊

c0087899_20024478.jpg










[PR]
by mulberryclub | 2017-07-09 17:38 | 活動記録 | Comments(0)

第一回 桑摘み大会!

さあ、採るよー🌿🌿🌿🌿🌿

葉っぱ採るよー🌿🌿🌿🌿🌿

目標300キロ💪🏻

今回、一緒に作業してくれるのは、

☆豊田高専の学生グループ"add-venture"
☆四極会(大分大学同窓会)
☆NPOワーカーズコープ
☆春日井サポートセンター

我々メンバーと合わせて
総勢24人になりました。


晴れて良かったー、、けど、かなり暑い
💦
今年いちばんの猛暑日😱


さて
作業開始!

枝切り担当
枝運び担当
葉っぱもぎ担当

枝切りすると、急激に葉っぱは萎れてしまう。
萎れてしまうと、葉っぱが取りにくいので、
切ってきた枝からできるだけ早く葉っぱをしごいてとらないと。

連携プレーで効率よくすすめましょう。



まずは、枝切り
葉っぱをもぎやすい枝を切ることが大切。

ここがスムーズな作業をするためにいちばん重要な役割となります。

ベテランの目で判断して、切り取っていきます😎

c0087899_07473996.jpg



枝運び
ここはとにかく体力勝負、
重さと暑さとの戦い。

c0087899_07473982.jpg


もぎとり係

色の悪いもの、汚れているものは取り除いて
枝から葉っぱをしごいてとっていく。

やってもやっても、枝の山が減っていかない、
むしろ高くなっていく💦

もぎとった葉っぱは、大きな袋に入れてトラックの荷台に積んでいく。
一袋には20キロくらい入ります。


c0087899_08061488.jpg

c0087899_08534758.jpg


お昼休憩

c0087899_09494348.jpg


おにぎり🍙と味噌汁でミネラル補給して
後半戦に臨む。

本日の最終結果発表(🎶ドラムロール)

ジャーン 350キローーー!
👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻

お疲れ様でございました。

c0087899_17383982.jpg


c0087899_10102075.jpg



たくさんの方にお手伝いしていただいたおかげで
目標達成。

ありがとうございました。

一番摘みのお茶の出来上がりをお楽しみに。



[PR]
by mulberryclub | 2017-07-08 19:00 | 活動記録 | Comments(0)

桑の実コンフィチュール、つまりジャム。

足助の畑で採れた桑の実。

ジャムにして、
ビンに詰めたよ〜。

c0087899_16463964.jpg


できればオシャレに、"桑の実コンフィチュール"と呼びたい。

指先が、、、紫色に染まってしまった💦

たくさん採れた、と言っても、1.7キロほど。
なので、ビン8個で、おしまい、です。

でも、
昨年までに比べたら、瓶詰めにできただけで、かなりうれしい進歩なのだ〜👏🏻

バンザイなのだ〜🙌🏻

桑の実アイスも作れるのだ〜😋

c0087899_16463988.jpg


このメニューは、秋(10/8,29)に開催する"とよたまちさとミライ塾"の講座に登場しますので、お楽しみに。

ちょっとここで、

桑の実はどれでしょうクイズ〜〜〜☝🏻

c0087899_16464071.jpg


簡単でしたね。

右のが桑の実、つまりマルベリー!

c0087899_16464061.jpg


左上のが、見た目とてもよく似ていますが、ブラックベリー、
左下はラズベリー、
どちらもバラ科なので、葉っぱを見るとイチゴの葉っぱに似ていて、桑の葉とは違っている。


桑はクワ科で、イチジクと同じ仲間。
ドライマルベリーというのを見かけることがありますが、ドライイチジクと同じような味がします。

先日、めずらしく、某スーパーで
桑の実が売っていました。

c0087899_16464166.jpg


しかも、すぐ後ろにはブラックベリー。

見た目そっくりだけど、どう違うの?って、
店員さんに聞く方もいるかも、、、

ブラックベリーはね、
食べるとき、種のプチプチが口に残るんだよー。
マルベリーは残りません。

よく熟していれば、マルベリーの方が甘みがあるかな、
ブラックベリーの方が酸味がある。

生で食べるのは、また来年までおあずけで〜す😌













[PR]
by mulberryclub | 2017-07-02 15:51 | 活動記録 | Comments(0)