人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ベランダ桑 その後

ベランダ桑 その後

3/15の芽吹きから約2週間が経ちました。


c0087899_12465567.jpg



この2週間、毎朝の変化に、どれほどワクワクしたかを、ご紹介させてください。


まずは、3月14日
茶色い薄皮が取れて、緑色が見え始めた時

c0087899_12432298.jpg



そして、3月23日
緑色のツルツルの表面が、ホワッと開いて、葉っぱになり始めた時

c0087899_12434688.jpg




初夏のような暖かさが続いた頃、3月28日
枝のあちこちから葉っぱ現る。

c0087899_12451906.jpg



そして、今朝3月31日の朝が、こちら。

よーく見ると、もう桑の実の赤ちゃんまで、できています。
よしよし😋
今年もベランダ桑の実摘みが期待できそうです。


c0087899_12570798.jpg




去年タネからスタートした若い苗も、葉っぱが増えてきました。

c0087899_13010062.jpg


天白区内のプチ桑畑の桑も、満開の桜のもとで、一生懸命葉っぱをつけ始めています。

少し土が硬いので、根っこさんに頑張って伸びてもらわないと!

根っこが伸びるのに比例して枝が上にぐんぐん伸びて背が高くなっていきます。

根っこも葉っぱもガンバッテー!

c0087899_13053521.jpg



桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部

ホームページはこちらから


by mulberryclub | 2018-03-31 12:38 | 活動記録 | Comments(0)

シルクマルセイユ石鹸

今日の作業は「シルクセリシン入りのマルセイユ石鹸作り」

攪拌から、型流しまで。


c0087899_15415384.jpg


おかげさまで、女性も男性も、子供から大人まで、たくさんの方からご好評いただいているシルクセリシン入りマルセイユ石鹸


安全のため、作った後、2〜3ヶ月寝かせたものをお届けしています。


c0087899_15485673.jpg


顔も体も、全身に使えます。

女性にイチオシなのは洗顔デス。

化粧も、二度洗いで落とせます。しかも肌が突っ張ったりカサカサしたりしません。
キュッキュッとして、シットリ!

気持ちイイ😊

c0087899_16104244.jpg




製作から完成までの2〜3ヶ月、暑すぎず、 寒すぎず、、となると、ちょうど今の時期、ということになります。


オリーブ油を中心に、ココナツ油とパーム油をブレンド。

そして、繭からとったシルク成分(セリシン)を加えて、さらに保湿性をアップ!


材料はこちら👇🏻

c0087899_15545385.jpg



▼オリーブオイル マルセイユ石けんをはじめ、昔から良質の石けんの原料として使われてきました。しっとりした仕上がりで、乾燥肌の人や、肌にトラブルがある人には特に適しています。しかし、柔らかい石鹸になるので、浴室に置いておくとすぐに溶け崩れやすいのが欠点です。

▼パーム油 堅く、溶け崩れの少ない石けんを作るときに使います。

▼ココナッツ油 石けんの泡立ちを良くするために使います。


苛性ソーダそのものは劇薬扱いですが、
油分としっかり反応(鹸化)させれば、大丈夫。

廃油で作る廃油石鹸というのもありますが、
せっかく作るなら、気分良く、使うたびに嬉しくなるようなものがイイんじゃないかなーと、
思うので。

シルクと
食べられる植物オイルの

「シルクマルセイユ石鹸」

ハマります!








by mulberryclub | 2018-03-30 13:40 | 活動記録 | Comments(0)

桑クッキング スイートモンブランポテト

月一回 本山で開催中の桑クッキング

今月のメニューは
桑入りの《スイートモンブランポテト》でした。

c0087899_21064836.jpg



窓の外は桜が満開🌸

なので、一輪の桜を添えてみました。

その横の葉っぱは、桜じゃないよー。

桑の赤ちゃん葉っぱですよー。

c0087899_21140971.jpg

ベランダ桑の貴重な新葉さんを1枚、拝借してまいりました。

でも大丈夫。

これからどんどん つぎつぎに 新しい葉っぱが出てくるから、大丈夫です。


c0087899_21323579.jpg


こちらは、昨年5月に種まきから始めた桑のちびっこ。👇🏻👇🏻👇🏻

たくさんの葉っぱが顔を出しております。

今年、どこまでしっかり成長するか!
どこまで大きくなってくれるか!

水やり、声かけ、頑張ります。

先日、名古屋市天白区に植えた桑苗の兄弟ですからね。地植えの苗さんたちに負けないように、大きくなってもらいましょ。
c0087899_21330196.jpg

ちなみに、昨年5月からの成長の様子はこちら💁‍♀️
c0087899_21593180.jpg




さて、

優れた桑の葉(マルベリーリーフ)の主要成分と薬理作用を、ひとつひとつ詳しく、ご案内するコーナー 



井上重治著「マルベリーの恵み

ハーブとしての桑の歴史と有効性の評価」

より



ハーブとしてのマルベリー  その3



「抗酸化作用」について

呼吸により体内に入った酸素の数パーセントは、活性酸素を生成します。これらの活性酸素は細胞膜のリン脂質や血中の脂質を酸化し、さらには蛋白質や核酸にも障害を与えます。最終的には、動脈硬化、虚血性心疾患、老人性痴呆症、心筋梗塞、痛風、糖尿病、がんなどを引き起こします。ヒトはもともと活性酸素から身を守る仕組みが備わっています。しかし、年齢とともに活性酸素の消去能力が衰えてきます。

桑に含まれるポリフェノール※には、ケルセチン、ルチン、レスベラトロールなどがあり、活性酸素の生成を抑制する性質があります。


※ポリフェノール    

薬理作用は、動脈硬化の予防、抗酸化、抗炎症、血糖の抑制、老化の緩和








by mulberryclub | 2018-03-27 11:12 | 活動記録 | Comments(0)

雨の日は、、、

恵みの雨☔️


一雨ごとにあたたかくなって、、、


今年は桜の開花も早いですねー。


覚えてますか⁉︎

桜の開花、と同じ頃に顔を出すのが、

桑の若葉🌱


c0087899_13114627.jpg


気温で言うと20度超える頃。



花よりダンゴ?

花より桑の天ぷら! なのだー!


c0087899_13195551.jpg



猿投での活動日

雨で桑畑での作業ができない時は、

商品の準備などをします。


6次産業認定事業とは、そういうものなわけで。



桑を育て (一次)、商品化して(二次)、売る(三次)、

その全てを自分たちで行うのが6次産業。




桑の葉茶、

桑パウダー、

桑の葉ハーブティ、

シルクマルセイユ石鹸、など、


作っています。


どうぞよろしくお願いします。



c0087899_09071900.jpg


さて、


優れた桑の葉(マルベリーリーフ)の主要成分と薬理作用を、実験結果などに基づいて、ひとつひとつ詳しく、ご案内するシリーズです。



井上重治著「マルベリーの恵み

ハーブとしての桑の歴史と有効性の評価」

より



ハーブとしてのマルベリー  その2




【 血圧低下作用 


桑に含まれる γ-アミノ酪酸 (GABAギャバ)※ を自然発生高血圧ラットに投与したところ、明瞭な血圧低下作用が認められた。


また実験的に脳を損傷させたイヌにGABAギャバを静脈注射すると、脳血流、脳酸素供給量が増加することから、脳循環促進作用があると考えられる。


また、高脂血状態のウサギに桑葉熱水抽出エキスを投与すると、血小板凝集が抑制され、線溶系 (固まった血栓を溶かして分解させる線維素溶解系) 活性の増強効果のあることが示唆されました。


自然発生糖尿病ラットでも同じ効果が認めれ、赤血球浸透圧抵抗を改善して血液流動性を円滑にする可能性(血液サラサラ効果)が示されました。



※ γ-アミノ酪酸 (GABAギャバ)


桑葉100g中 230mg含まれ、健康食品の中では多いほうです。作用は血圧低下、インスリンの分泌促進、不安の解消。



by mulberryclub | 2018-03-19 11:50 | 活動記録 | Comments(0)

ベランダ桑に春が来た❗️

ここ2〜3日の気温上昇で、、、

「きたー❗️」

そう、芽吹きの季節がやって来たのです。

豊田猿投より一足先に、
名古屋市内のベランダに

「春がきたー❗️」

c0087899_16195246.jpg

これから、ワクワクが続きます。

この緑のかたーい芽が、

だんだん緩んで、

やわらか〜い葉が顔を出すのを楽しみに、

毎朝の観察と水やりを続けます。

とにかく、まずは、このカワイイ芽吹きを見ていただきたくて。

c0087899_16261470.jpg


枯れたように、静かに茶色くなっていた枝も、気がつくと、だんだん緑色になっているから、びっくり😳

表面の薄皮がめくれるのかしら。


c0087899_16294829.jpg


ちゃんと冬を越え、

生きててくれた桑さんに、

拍手👏です。

バンザイ🙌です。

ありがとう😊です。



by mulberryclub | 2018-03-15 11:11 | 活動記録 | Comments(0)

名古屋市天白区でプチ桑畑 はじめました

プチ桑畑 in てんぱく



名古屋市天白区植田のプチ農園に桑の苗を植えました。


c0087899_10443406.jpg


実のなる品種なので、成長がとても楽しみ!


さすがに今年の収穫は無理かなぁ、、、😓


ちょうど隣の敷地では梅が満開!

いい香り〜🌸



c0087899_10460738.jpg

植えた苗はまだまだ小さな赤ちゃん苗なので、
遠くから見ると、、、

いや、近くで見ても、、!

わかるかなーーー??

c0087899_10491345.jpg

c0087899_10533078.jpg


よーく見ると🧐
小さな芽がチラリとのぞいています。
これは期待が持てますねー。
がんばれー!

c0087899_18340593.jpeg


初日の作業を始める前と後
もともと野菜などを育てていたところなので畝になっていました。(次の写真上)
そこを、平らにならして、まずは桑苗を17本植えたところ。(次の写真下)

c0087899_19222401.jpg

次回はもしかして、あっという間に大きくなるであろう雑草取りか!?

小さな桑苗が隠れてしまわないように、マメなお手入れが必要。

この畑には
何年か前から、桑の木が植えてあったのですが、心なき誰かに、バッサリ切られてしまい、こんな姿に😩👇🏻

c0087899_19243491.jpg


今日植えた苗が元気に成長するか?

切られた桑が生き延びるか?

どちらも見守りつつ、レポートを続けます。





さて、今回から

予告通り、優れた桑の葉(マルベリーリーフ)の主要成分と薬理作用を、ひとつひとつ詳しく、ご案内してまいります。



井上重治著「マルベリーの恵み

ハーブとしての桑の歴史と有効性の評価」

より



ハーブとしてのマルベリー  その1


【血糖上昇抑制作用】


糖尿病はインスリンというホルモンの作用が低下することで血中のグルコース濃度が異常に上昇する病気です。

マルベリーリーフに含まれている※デオキシノジリマイシンとフラボノイドに、血糖上昇抑制効果があることをラットの実験で証明されています。

2007年には、健康な人にデオキシノジリマイシンを含んだ桑葉粉末を服用させ、その後でショ糖50グラムを投与して30〜180分後の血糖を測ったところ、有意に血糖上昇を抑制することが示されています。



※デオキシノジリマイシン


桑のみの特有成分で、ほかのハーブには見当たりません。作用は血糖の抑制、抗ウイルス、抗脂質、肝と膵臓の保護



桑を未病ケアにお役立てくださいましまし〜



by mulberryclub | 2018-03-06 10:33 | 活動記録 | Comments(0)

なごや環境大学 共育講座のお知らせ

なごや環境大学 共育講座のお知らせ

なごや環境大学とは

市民、NPO、NGO、企業、教育機関、行政が立場や分野を超えて協働で運営し、知識や経験、問題意識を持ち寄って学び合うネットワークです。
子どもから大人まで、どなたでも参加できます。


マルベリークラブ中部では、
桑、蚕、絹について学ぼう!
と題して
5月(5/12)、6月(6/9)、7月(7/14)の3回講座を開催します。

詳しくは
なごや環境大学ウェブサイトをご覧ください。
http://www.n-kd.jp

開催日はまだ少し先ですが、3/1より申し込み受付が始まりましたので、興味のある方は、お早めにお申し込みくださいませ。

c0087899_22180609.jpg



by mulberryclub | 2018-03-01 11:11 | お知らせ | Comments(0)