人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

カイコは最強の生物工場

クローズアップ現代、見ました?

脅威のテクノロジー
薬も素材も作りだす "生物工場"

生物、なのに工場!?

研究が進むと、それまで思ってもみなかったことが起こるのねー。
研究者ってすごい!


番組の内容を紹介します。


今や生物工場の分野は、
4兆円市場とも言われ、世界が注目する
生物による新たな産業革命。

そうそう、前から言ってましたよねー、
産業革命ならぬ蚕業革命だって。

c0087899_09102628.jpg



日本には最強の生物工場として注目されている生きものがいます。


それは、、、???

はーい、はーい🙋🏼

知ってまーす🙋🏼‍♂️

おカイコさんでーす。

c0087899_21032808.jpg


日本の切り札!とまで言われるすごいヤツなんです。


カイコの研究は、日本でずっと昔から続けられてきた分野。
切り札、なんです。

養蚕という目的で、生物工場としての蚕の能力を高めてきたおかげ。

もともとカイコの祖先は小さい繭しか作れない野生の虫で、それを、大きな繭が作れるように掛け合わせ、改良してきた結果が、現在のカイコさんたち。

品種は何千もあります。

しかも、最強!って、すごい!

そのひみつは、カイコの吐く糸。

カイコの糸は、分子量が極めて大きなタンパク質の集まりで、

分子量が大きいほど、複雑な物質を作ることができる(らしい)。

だから、
カイコは、生物工場として最強‼️
ということです。


さすが カイコ!
おカイコさまさまー!

c0087899_21133939.jpg


カイコが注目を集める、すごい特徴が、もうひとつあります。

原料が、"葉っぱ" ということ。
石油とかではなくて、自然のもの。

葉っぱから、カイコの体をとおして、別の物質ができる。

不思議な話だねー

夢のような話だねー

夢の最強生物工場、我らがおカイコさん

すごいねー👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻


カイコ好きとしては、工場、と呼ばれるのはなんだかちょっと複雑な気もしますが、、、

何かの物質を作るために利用される生き物、として扱われるのは、少しかわいそう。

c0087899_21172055.jpg


養蚕農家の協力も必要、という流れになり、

激減した養蚕農家さんに、いま、光が✨✨✨✨✨



ちなみに、

三年前、2015年に開催した講演会でのテーマ、

「これからの桑、蚕、繭」〜今 カイコの進む道〜

でした。

ちょっとすごい。でしょ💪🏻


c0087899_17234550.jpg


おカイコさんは
まだまだ 先へ 
進んで行くんだねー。

どこまで行くのかなー。

いろんな道に進んでくれたらいいね。


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部



by mulberryclub | 2018-05-24 11:11 | Comments(0)

皇后さま 御給桑

皇后さま 御給桑

5月21日、皇后さまは、皇居内にある養蚕施設「紅葉山御養蚕所」で、蚕に餌の桑の葉を与える「給桑」の作業に取り組まれたそうです。

c0087899_21312260.jpg


"御給桑"ですね。

5月1日の掃き立て"御養蚕始めの儀"から約3週間、お蚕さんたちにとって、今が一番の桑の食べ時。

あさ、ひる、よる、と、1日に何度も与えないと、あっという間に桑の葉は葉脈だけになってしまいます。

養蚕農家さんが一番忙しい時。

と言っても1週間くらいの間。

そのあと、お蚕さんたちは、糸を吐き始めます。


その時に必要なのが、蔟(まぶし)です。
繭を作るための部屋ですね。


皇后さまは、毎年、
日本純産種の蚕、"小石丸"くん用のわらまぶし作りもなさっています。

c0087899_21484978.jpg

小石丸くんは、体が小さいので、普通の蔟(まぶし)では、繭が作りにくいので、
体長にあった蔟、昔から伝わるわらで編んだ蔟を使います。

ちなみに、一般的に、養蚕農家で使われているのは、こちらの回転蔟👇🏻

蚕の重さでくるくる回るやつです。
c0087899_21595982.jpg

または、プラスチック製のもの👇🏻

c0087899_22230888.jpg


御養蚕所でも、小石丸用以外は、回転蔟やプラスチック製のものが、使われています。



ここで作られた繭糸は、
正倉院宝物の修復に使われるほか、
外国の賓客への贈り物に使われます。



今年は、皇后さまにとって最後の御養蚕ということもあってか、
新聞やニュースにたびたび御養蚕の様子が報道されます。

うれしい!


そして多分、最後の「御養蚕納の儀」も、きっとニュースになることでしょう。
6月下旬、お楽しみに。


c0087899_22455053.jpg



追記

5月24日、「上蔟」作業をなさったというニュースが伝えられました。

おカイコさんを素手で蔟にうつされるご様子に、驚く人も。
ひんやり すべすべのおカイコさんは、おとなしいし、とてもかわいいんですよー

c0087899_18025122.jpeg

by mulberryclub | 2018-05-22 11:11 | Comments(0)

2018年度 第1回 草取り大会 in 旭 (押井町)

2018年度 第1回 草取り大会 in 旭 (押井町)

豊田高専の学生さんたち他、たくさんの助っ人に来て頂いて、総勢14名。

ボーボーに伸び始めた雑草を取る。

梅雨の前に、まず第一弾の草取りをやっておくと、後が楽になる、、、はず。

日差しが柔らかく、風も爽やかな、草取り日和。

草取り後のキレイになった桑畑を眺めて、
極上の達成感を味わうため?!

みんなでがんばりましたー💪🏻

c0087899_09281697.jpg


c0087899_09290096.jpg

c0087899_09295719.jpg




この変化、わかります〜?

上がビフォアー、下がアフターです。

c0087899_09421444.jpg


左がビフォアー、右がアフターです。

c0087899_09423080.jpg



スッキリ〜!



気になったので、学生さんたちに聞いてみました。

「草取りは嫌いじゃない?」

「はい!」

好き、かどうかは分かりませんが、
嫌いじゃない、って、
うれしいこと。

草取り好きとしては、
とてもうれしいことです。

ひとりで黙々とやる草取りもいいけれど、

仲間と一緒に頑張る草取りは達成感も大きいんだよねー👏🏻

よかった、よかった。



さてさて、
お楽しみのお昼ゴハンは、地元食材を使ったお弁当に加えて、
摘みたて桑の葉の天ぷら〜

c0087899_10003826.jpg

c0087899_10010999.jpg

天ぷらに良さそうな、柔らかい葉っぱを、みんなで摘んできて、揚げたてを食べる!

うれしい おいしい ありがたい
自然の恵みをいただきました。

あ、もちろん桑茶も忘れずに。


朝10時にスタートして、3時過ぎまで、で、
ほぼ全体の草取りを終えることができました。
お疲れ様です。



最後は揃って、桑茶でカンパーイ🍵
桑には疲労回復効果もあるんだよー👌

c0087899_10084520.jpg


そして、本日のお礼の品、
火付け用の桑枝です。
石窯ピザつくりの時に使ってくださーい。

c0087899_10112295.jpg

みなさま、おつかれさま。

ありがとうございました😊


by mulberryclub | 2018-05-20 21:21 | 活動記録 | Comments(0)

蚕起食桑

蚕起食桑

蚕起きて桑を食む

七十二候のひとつ、5月21日~25日ころの期間で、カイコが桑の葉を盛んに食べるようになるという意。


c0087899_20521764.jpg


おカイコさんを知らない人はいないくらい、人々の暮らしと関わりの深い生き物 "蚕" 

カイコの唯一の食べ物である"桑"

今年は暑くて、ちょっと早かったけど、
足助や猿投の桑畑でも、ちょうど桑の葉が大きくなって、わっさわっさと、茂ってくる時期です。

カイコが生まれてから死ぬまで、その一生は約45日。
みじかーい😩



c0087899_20591755.jpg


しかも
桑の葉を食べるのは、生まれてから5令幼虫までの約25日間。そのあとは一切何も食べません。

必要な量は、一頭あたり25〜30グラム、手のひらくらいの葉っぱで8〜10枚分。


ちびっ子のうちは、食べる量はほんの少しです。

1ミリ弱の卵から生まれたばかりの赤ちゃんカイコ(毛蚕)のサイズは2〜3ミリ、

c0087899_20575753.jpg

お口も小さいので、葉っぱを細かく刻んで与えます。

細かく刻んだ桑の葉の上に、孵化したばかりの赤ちゃんカイコをパラパラの撒く(散らして置く)作業のことを"掃き立て"といいます。

美智子さまが、この作業をなさる日が
"御養蚕始めの儀" です。
毎年だいたい5月の初め。

その後、カイコは、4回の脱皮と成長を繰り返して、5令幼虫となり、むしゃむしゃと桑を食べます。
その音は雨が降っているような音、と例えられるくらい、
一斉に、
休みなく、
頭を上下に繰り返し動かしながら、



c0087899_21005731.jpg


食べます。
食べます。
お腹いっぱいになるまで、食べます。

蚕食(さんしょく)とは、この様からでた言葉です。


お腹いっぱい、つまり、たんぱく質がいっぱいになったとき、カラダの中はシルクの素になるドロドロのたんぱく質でパンパンです。
カラダもあめ色に少し透けてくるくらい。

そして、
蛹になるためには多すぎるカラダの中のたんぱく質を糸にして吐き出すことになるわけです。

桑に含まれる植物性のたんぱく質を
シルクという動物性のたんぱく質に変換する

超高性能な、たんぱく質合成システムなり👏🏻



カイコを飼ってみたい、という人が増えたら楽しいなあ。
こんな可愛いくて、おとなしいペットはなかなか無いよー。


蚕起きて桑を食む、

ぜひ、実際に、カイコの"ハムハム"を見てみませんかー。

なごや環境大学
"桑、蚕、絹について学ぼう!"
第2回 蚕 〜おかいこさま〜   は、6月9日に開催します。


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部




by mulberryclub | 2018-05-19 23:23 | お知らせ | Comments(0)

皇居の養蚕、来年から雅子さまに

大ニュース❗️

って、もうご存知の方も多いかもしれませんが、

皇后陛下 美智子様のなさっている御養蚕、
雅子さまが引き継がれると発表がありました。

よかよか〜

ぜひ、ニュースをご覧ください。

c0087899_08564299.jpg


c0087899_08571254.jpg


c0087899_08572130.jpg


愛子さまもご一緒に、御養蚕所を訪問なさるとのこと、

なんだか嬉しい。

今後のニュース、
今後のカレンダーが
楽しみです。



by mulberryclub | 2018-05-11 08:24 | お知らせ | Comments(0)

桑の実、いちばん成り〜

早いわー!

今年の一番成りです。

c0087899_17091337.jpg


で、今朝 (5/4)
収穫 第1号

c0087899_07342854.jpg


手で触って、ポロっと、とれたらオッケー👌
完熟です。

これから毎朝、楽しみ〜😊

c0087899_07545671.jpg



これから毎朝少しずつ採りためて
ジャムやソースにします。

ベリーティーにいれたら、きっとキレイ。

c0087899_08372903.jpg

採りたてをスムージーに入れてもイイね。

マルベリー、ブルーベリー、ストロベリーでベリーミックススムージー‼️


スーパーポリフェノールパワー💪🏻

c0087899_07535654.jpg


by mulberryclub | 2018-05-04 11:11 | 活動記録 | Comments(0)

皇后さま「ご養蚕始の儀」「山つけ」

皇后さまの「ご養蚕始の儀」(5/1)と「山つけ」(5/2)

新聞やニュースでご覧になりましたでしょうか?
いよいよです。


今年も、皇居内にある養蚕施設、紅葉山御養蚕所で、皇后さまのご養蚕が始まりました。

5月1日、
生まれたばかりの赤ちゃん蚕を細かく切った桑の葉の上にのせる作業(=掃き立て)が行われました。

蚕が生まれ、育って、糸を吐き、繭になるまでの一連の作業のスタートとなるので、

これを「ご養蚕始めの儀」と呼びます。

これから、1週間から10日後くらいには、大切な蚕の命をつなぐ"桑"を、与える作業 「ご給桑行事」を二回。

そして、
「上蔟」糸を吐き始める蚕をマス目状のお家であるまぶしに移す作業。

「初繭掻き」
最初にできた繭をいよいよ、まぶしから外す収繭の作業

と、つづきます。

最後は、6月下旬に行われる「御養蚕納の儀」で終了です。




皇后さまのお育てになっている蚕は4品種。 

小石丸、日本×中国の白繭種、欧州×中国の黄繭種、野蚕の天蚕

c0087899_16153012.jpg

そのうちのひとつで、キレイな黄緑色の繭を作る蚕が「天蚕(てんさん)」と呼ばれる野生種。

c0087899_16100205.jpg

その卵を、餌となるクヌギの枝に取り付ける作業を「山つけ」と呼びます。(天蚕の食べるのはクヌギ、小石丸などの家蚕とは違います。)

c0087899_16173884.jpg


皇室では明治以降、代々の皇后が春から夏にかけて養蚕の作業をなさっていますが。来年4月末に天皇陛下が退位されるため、皇后さまの養蚕は今年が最後と言われています。

あらら〜、もう皇后さまは御養蚕をやめてしまわれるのでしょうか、

皇后さまとしての御養蚕が最後、ということであれば、、ね。
大丈夫ってことかな。

そうなるとニュースには流れませんねー。
皇室カレンダーにも載りませんねー。

毎年皇室カレンダーの5.6月のページは、天皇陛下の田植えと皇后さまの養蚕のお写真なので、楽しみにしておりましたのに。残念。


皇后さまの御養蚕については
この本に詳しく載っています。
写真がいっぱいで美しく、ワクワクする本です。


c0087899_16240518.jpg



by mulberryclub | 2018-05-03 15:12 | お知らせ | Comments(0)

桑畑、オドロキの連続!

足助の桑畑はほんの10日くらいの間に、劇的な変化を遂げていました。


c0087899_22183842.jpg



4/20  天ぷらにするにはまだ少し小さいくらいの葉っぱ。

小さく固く、隠れていた芽が膨らんで、
やっと開いて、こんにちは〜

くらいの新一年生の子たち、、、

だったはず。

ところが、です。


5/1  いきなり、桑の森になっていた。

一年生は、はやくも高校生くらいになっていた。
まだ葉質は柔らかいし、色も新緑、ですが、
背は伸び、葉っぱも大きく育ち、わさわさと風に揺れるくらいたくさん!

オドロキ❗️ です。

今年は桜をはじめ、花の開花が異常に早まっているようですが、桑畑の様子も、一気に夏になってしまったような、気がします。

c0087899_22372687.jpg



畑では、こんなオドロキも👇🏻


c0087899_11072521.jpg


枝にいっぱいくっついてる虫、わかりますか?
クワコさんです。

悪い子たちではないのですが、桑の葉っぱを食べてしまわれると、ちょっと困る。

ので、ちょっとごめん。
取り除かせていただきました。

こんなにたくさんのクワコさんの集団に遭遇したのは初めてで、オドロキ❗️でした。




こんな毛虫にも出会ってしまった
きゃー❗️

c0087899_22214171.jpg


毛虫はかなり苦手😱💦

毛虫は毒を持ったものもいるし、毛が刺さったら痛いし、、コワイです。

お蚕さんは、全く悪さをしない、ひんやりスベスベのおとなしい子だから、好きなんだよなー。

あーー毛虫、怖かった。




せっかくこんなにたくさんの美味しそうな葉っぱがあるので、

今月の栄オアシス21朝市村
(5/5と5/19、8:30〜11:30)には

柔らかい葉っぱを採って、持っていきます。

天ぷらやスムージーにぜひ。

お楽しみに〜🌿


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部




by mulberryclub | 2018-05-01 18:18 | 活動記録 | Comments(0)