人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

土曜学校プログラム 第2回

土曜学校プログラム 第2回

「桑、蚕、繭のひみつを知って、
繭遊びをしよう」

お話とミサンガ作り実習

小学生1年〜6年の子どもたち 約70人が
小学校の体育館に集まってくれました。

c0087899_13533267.jpg


さて、、、
ホンモノのおカイコさんにどんな反応をしてくれるかな。


ひとりだと怖がる子も、まわりのみんながかわいがっているのを見て、触れるようになったりして。

c0087899_13594198.jpg

c0087899_14003565.jpg


おカイコさんと仲良くなれた様子。

優しく、そっと、扱ってあげてねー。

本当は、あまり人間さまの手で触らない方が良いのです。
ひんやりしたおカイコさんには、人の体温は熱過ぎます。
雑菌もたくさん付いてしまいます。
おカイコさんにストレスを与えてしまいます。

そこのところ、ちゃんと伝えた上で、
やっぱり、実際に触ってみてほしい。

ひんやりしたカラダ、
すべすべの背中、
優しくくっつく吸盤状の脚、
尖ってるけどふにゃふにゃのお尻のツノ、
葉っぱを挟んで持つ手(のような脚)、


おカイコさんのことを知ると

そのエサとなる唯一の食べ物、桑、のことも
興味を持ってもらえるかな。


桑の葉っぱにはとても栄養があって、
人間だって食べられるんだよ。

天ぷらにしたら美味しいし、
桑の葉っぱで作るお茶は、健康茶。


おカイコさんは
桑を食べて、繭(シルク)を作る。
おカイコさんのすご技パワーで、桑の葉が繭(シルク)に変化する。


ところで、繭って何?
シルクって、そんなにすごいものなの?


繭(シルク)がどんなものか、

繭から作った真綿をみんなに、実際に触ってもらいましょう。

真綿のリレー スタート!

もらったら次の人の手へ、また次の人の手へ
どんな感じ?

c0087899_13511848.jpg

軽い! ほんわか温かい!



繭玉はおカイコさんが吐いた細くて長〜い一本の糸でできています。

見えないくらいほそーいよ。

これも、実際に触って感じていただきましょう。


糸繰り実験スタート

c0087899_14051167.jpg

c0087899_14064386.jpg



糸を巻き取るのではなく、ずーっと遠くまで、自分が歩いていく。
そうしたら糸の長さが、目に見えて、面白いんじゃないかなー。
1500メートルまではいけませんでしたが、
ぐるりと体育館を一周してもまだまだ繋がってるよーってことで、実験は終了です。



最後は真綿から糸を紡ぐ体験。

真綿を紡いで、太めの紡ぎ糸を3本つくり、
三つ編みにしてミサンガの完成。

物作りは楽しいね〜。

c0087899_17470863.jpg


c0087899_17441054.jpg


出来上がりを、手首に巻いたり、足首に巻いたり。

c0087899_17482372.jpg


みんなで記念撮影
「シルクのミサンガ  できましたー!」

c0087899_17531402.jpg



お家に帰ったら、家族のみんなにも見てもらってね。

ご協力くださった地域ボランティアの方、学生ボランティアのみなさん、
ありがとうございました。










by mulberryclub | 2018-09-22 21:21 | 活動記録 | Comments(0)

環境デーなごや2018

環境デーなごやに出店しました。

雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、たくさんの方々にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

パウダーを水と混ぜたものを試飲していただいた感想は、、

意外と飲みやすいんだねー。

抹茶みたいだわ

桑って、蚕の食べるあの桑?  

テレビでやっとった(やっていた)わー。


などなど。


c0087899_17474338.jpg


c0087899_17475256.jpg



c0087899_17491665.jpg


c0087899_20221344.jpg


大根鉄砲の遊びコーナー
大人も子供も
"くわったくん"に向かって狙い撃ち!

命中したら、切りまゆをプレゼント🎁


繭玉は、お湯に少しつけてから顔を優しくこすります。角質や汚れが取れます。

週に2〜3回。

繭から出る保湿成分はだんだん無くなるので、しばらくしたら後はかかとや肘のざらつきを取るようにこすってください。




by mulberryclub | 2018-09-15 16:14 | 活動記録 | Comments(0)

万田酵素も認めたスーパーパワーフード"桑"

台風の影響で、桑畑にも風が吹き荒れ、桑の木が何本か倒れてしまいました。


旭地区押井町


倒れた木に添え木をして、応急処置を施す作業。

c0087899_11461251.jpg


あいかわらず、雑草は元気そのもの。

これではどこが桑畑が見分けがつかないくらいですね。

c0087899_19232875.jpg

オレンジ色で囲ったところが畑です。



こちらは足助地区の畑。
桑の木の生命力を感じる枝を見つけました。


c0087899_19253812.jpg

老木でボロボロに見える株(茶色の部分)
その脇から出た新しい枝(ベージュ色の部分)は、
この夏に出てきて伸びて成長した部分です。
直径は5センチくらいあります。

よくぞこんなにしっかり伸びましたね!
しっかり生きてますね!


周りの雑草もすごいけど💦



名古屋市内、街中の自生している桑の木
植田駅前、藤が丘駅前、実家の近くなどなど、、、

夏の間に
枝を切られては、伸び、
切られては、伸び、

またこんなに伸びたのーっていうくらいの成長ぶりです。


c0087899_20165259.jpg




そういえば最近、

話題のスーパーフード  マルベリー入り万田酵素

というのが発売されているとのこと。

c0087899_20142915.jpg

やったー🙌🏻やったー🙌🏻
桑がスーパーフードって認められた!

桑は、葉っぱも実も、食べられます。
スーパーフードです!

有名メーカーが取り上げることで、
多くの人がマルベリー(桑)に注目するようになったらありがたい👏🏻

by mulberryclub | 2018-09-11 11:33 | 活動記録 | Comments(0)

新商品 桑パウダースティックタイプ

新商品のご案内

桑パウダーを持ち歩きに便利なスティックタイプにしました。

コップの水に一本 (1g)を溶かすだけ。
どこでも簡単に、ぐるぐるごっくんできます。

食べる前にごっくん。

→糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑えましょう。

飲む前にごっくん。

→亜鉛が肝機能を高め、細胞の再生力を高めて、美味しくお酒をいただきましょう。
焼酎を桑茶で割った銀座割りにもおススメです


c0087899_20321394.jpg

30本入り 1800円


現在、お試し価格として

15本入り  1000円
7本入り  500円

も販売しています。
ぜひお試しください。

栄オアシス21のオーガニック朝市村にて
販売しています。
出店は第1・3土曜日 8:30〜11:30

お待ちしております。


c0087899_20453225.jpg


c0087899_20523991.jpg


by mulberryclub | 2018-09-11 11:11 | お知らせ | Comments(0)

MLX56

蚕は桑しか食べません。

逆に桑を食べる虫は蚕、だけではありませんが、ほとんど他にはいません。

その理由を示す情報が出ていますので、ご紹介します。

桑の葉 スゴい!
お蚕さん スゴい!



農研機構 クワの葉乳液で害虫防除 成長阻害タンパク質発見

9/6(木) 10:33配信 

20180906-00000010-ibaraki-000-1-view.jpg

クワの葉に含まれる乳液(農研機構提供)

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、つくば市)は、クワの葉の乳液に含まれるタンパク質に害虫から植物を守る機能があることを発見した。食べると害虫の消化管内の膜を異常に肥大させ、消化を妨げ、害虫の成長を止める。農研機構の研究チームは「新しい農薬や害虫防除製品への応用が期待される」と説明している。


発見したタンパク質「MLX56」は、クワの葉の乳液に含まれる。研究チームが、これを葉物野菜を食害するエリサンというガの幼虫に与えたところ、消化管内の薄膜を肥大し厚くさせた。MLX56に含まれるアラビアゴムのような部分が、膜の分子の間に入り込み、膨れて肥大するとみられる。濃度は001004%と低く済む。害虫は食べることができなくなり、成長できず死ぬという。


昆虫の成長を阻害するタンパク質は害虫防除の農薬などに利用されているが、種類は限られている。このうち農業で広く利用されているバクテリア由来の「Btタンパク質」は抵抗性を持つ害虫も出ており、新たなタンパク質の発見が求められてきた。農研機構が探していたところ、クワの葉を食べた害虫が成長できないことを見つけ、乳液中のMLX56を発見した。


クワの葉はカイコが食べるが、MLX56を吸収しても消化管の異常はなかった。一方、実験ではエリサンのほか、害虫のヨトウガ、ハスモンヨトウ、コナガでも成長阻害を確認した。


今野浩太郎上級研究員はMLX56について「人や家畜には安全性は高いと考えられる。いろんな害虫の成長を抑える効果が予想され、農薬などで防除に使える可能性がある」と期待している。(綿引正雄)




新聞の記事にもこのように、さらに詳しく載っています。

人間の体には安全、と書かれているので安心しました😊👌






害虫から植物守れるか? クワの葉から新たんぱく質機能発見




cover.jpg


MLX56様たんぱく質を含むクワの乳液(白い液滴)




 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は害虫から植物を守る新しいタイプのたんぱく質機能を発見した。クワの乳液中に含まれる特定のたんぱく質(MLX56様たんぱく質)が昆虫の消化を抑制し、成長を阻害することが分かった。0・01―0・04%の極めて低濃度で餌に加えるだけで効果があるとしており、将来の害虫防除資材として活用が期待できる。




 クワの葉はカイコの餌として知られているが、それ以外のほとんどの昆虫に利用できない。クワに含まれる乳液からMLX56様たんぱく質が検出されており、カイコ以外のガ類(エリサン、ヨトウガ、コナガ)などの害虫を含む多くの昆虫の成長を阻害する。しかし、そのメカニズムはこれまで不明だった。




 農研機構が取り組んだ研究では、エリサンの幼虫にこのたんぱく質を含む餌を与えると、0・01―0・04%の低濃度でも顕著に成長が阻害された。昆虫の消化器内には囲食膜と呼ばれるチューブ状の薄い膜がある。これにたんぱく質が特異的に結合して肥厚させて消化機能不全を引き起こすことが分かった。




 囲食膜は甲殻類や昆虫が持つ高分子のキチンでできている。キチンの合成を阻害する薬剤とMLX56様たんぱく質を、一緒に幼虫に食べさせると成長阻害は起きなかった。このたんぱく質の作用で囲食膜を肥厚させ成長を阻害すると結論づけた。




 このような昆虫食害耐性メカニズムはこれまで報告されたことがない新しいタイプという。ヒトを含む脊椎動物の体内にはキチンも囲食膜もないため、このたんぱく質はヒトや家畜にも安全性が高いとしている。農研機構は植物からこのたんぱく質を探索したり、人工たんぱく質を合成したりすることで、活性の高い害虫成長抑制剤の開発を目指す。




日刊工業新聞2018727



by mulberryclub | 2018-09-08 07:13 | Comments(0)