人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふれあい農園の桑畑の手入れ

名古屋市天白区にある、ふれあい農園。
名古屋市内でも、桑の木の観察をしたり、カイコを飼ったりできるように、2018年からスタートした小さな桑畑です。


となりの梅の木からあま〜い香りがしています。

c0087899_23575959.jpg


実は、この桑畑の土は、夏になると乾燥して、ひび割れができるくらいの固め粘土質。

そんな土地でも、我らが桑の木くんたちは、よくぞ根を張り、ひと夏で2メートル近くまで伸びました。

今年もさらに伸び伸びと大きくなりますように、と、木の周りにもみ殻をすきこんであげました。


木の周りの土を起こして

c0087899_23500122.jpg


もみ殻を撒いて

c0087899_23503468.jpg


土と混ぜ混ぜして

c0087899_23505948.jpg


きれいに整えて

c0087899_23511704.jpg


20本ほどの桑の木、すべて終了。

c0087899_23513574.jpg


これで少しはひび割れを防ぐことができたらイイなあ。

今年の夏はどんな暑さになるのだろう。

あ、その前に梅雨の頃の水はけも大切だね。



ついでに、顔を出し始めた雑草を早めに取っておきました。

手入れの行き届いた美しい桑畑になりますように。




by mulberryclub | 2019-02-22 23:23 | 活動記録 | Comments(0)

剪定 "パワッフル・クワッフル"

剪定始まりました。


天白区のふれあい農園

c0087899_12353489.jpg

c0087899_12362280.jpg



岡崎市、愛知学泉短期大学の4本の桑の木

c0087899_12375031.jpg

c0087899_12383221.jpg


豊田の里山、押井町の桑畑

c0087899_12410702.jpg



こんなに短くしても、大丈夫。
春には芽を出し、夏には緑が茂ります。

ところで、
このところ体験会のご案内をサボっておりました💦 ごめんなさい。

今後の予定をご案内させていただきます。

4月24日 14時から
本山のコープあいち3Fの調理室にて、

桑茶パウダーを使って、ワッフルを焼きます。

今回はバターを使わず、お世話になっているほうろく屋さんが、昔ながらの製法で丹精込めて作られた 本物の "菜種油"を使います。

ほうろく屋さんで月1回のペースで開かれる工場見学会で、桑茶の試飲販売もさせていただいたり、オンラインショップで販売もしてもらっています。

油は本物のいいものを摂った方が良い!
です。

生命力を持っています。

私たちの育てた桑のチカラと菜種油の生命力が一緒になった、
"パワッフル・クワッフル"

c0087899_13081439.jpg

一緒に作って食べましょう。

桑茶もいろいろ飲んでみてください。

パウダータイプ、スティック入りのもの、茶葉のもの、
自分に合ったタイプを選んで、

お楽しみください。

桑は昔、おカイコさんの命をつなぐ、大切な木でした。
おカイコさんは桑だけを食べて、3週間後にはシルクの繭を作ります。
45日で一生は終わり、次の代へと命を繋ぐ。

桑のチカラはシルクのチカラの素であり、
何千年も続くカイコの命の素でもあります。

桑のチカラ、もっと知りたくなった方、
お待ちしております。

「桑パウダーと菜種油を使って、ワッフルを焼こう」

4/24 (水) 14時から
コープあいち本山3階調理室
参加費1500円(お土産に桑茶をプレゼントします)

お申し込みはお電話かメールで
052-747-2663
naodas@i.softbank.jp

c0087899_13043162.jpg


桑、蚕、繭を暮らしに活かそう
マルベリークラブ中部です。








by mulberryclub | 2019-02-15 11:11 | お知らせ | Comments(0)